マーシャルのMG-15CDRは、小型ソリッドステートアンプになります。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

MG-15CDRについて

マーシャルのFDD回路を組み込んでいますので、真空管アンプの特性をシミュレートしています。

(スイッチでオン・オフが可能になっています)

2チャンネル構成になっており、クリーンチャンネルとオーバードライブチャンネルになります。

出力は15ワットですが、練習用アンプですので十分な出力です。

コントロールは

クリーンボリューム、
クリーンチャンネルとオーバードライブチャンネルの切り替えスイッチ

オーバードライブゲイン
オーバードライブチャンネルボリューム

ベース
コンツアー
トレブル

リバーブ

FDDのオン・オフスイッチ

CDインとエミュレイテッドラインアウト、ヘッドフォンアウトとなっています。

スピーカーは8インチカスタムヴォイススピーカーとなっています。

このアンプは、「けいおん!」(K-ON!)の平沢唯が使っていたアンプで一時人気になって価格が高騰しました。

学園祭のライブにこのアンプを重そうに運んでいましたが、このアンプでライブはちょっと厳しいかと・・・

(後のライブではマーシャルのスタックアンプになっていました)

レスポールとマーシャルのコンビネーションは良い音がしましたでしょう。

現在では廃盤となっています。

サウンド

マーシャルのロゴに負けないようになかなかにマーシャルらしい音がします。

クリーンサウンドはとてもきれいです。

クランチサウンドも心地よい音がします。

通常のアンプでは、ミドルのツマミがコンツアーに置き換わっていますので、中域のコントロールが異なります。

コンツアーつまみを上げると中域が下がっていき、ドンシャリサウンドになります。

スピーカーが8インチですので低音もじゅうぶん出ます。

オーバードライブサウンドもよく歪んでくれて、なかなか迫力のある良い音がします。

出力15ワットですので、音は大きめです。

フルテンにしたら、確実に怒られます。

ピッキングハーモニクスなども気持ち良く出ます。

(真空管アンプには負けますが)

ギターとシールドだけでも良い感じになります。

FDDはオンにしたほうが真空管アンプらしくなり良い感じです。

コンツアーコントロールはよく出来ています。

オーバードライブチャンネルのゲインは、フルテンにすると歪みすぎて音が潰れてしまうので、上げ過ぎは注意です。

ソリッドステートアンプは歪みが早い段階からきますので、少しずつ上げてちょうどよいポイントを探しましょう。

リバーブはデジタルリバーブになっていますが、効きもよくこれも十分な感じです。

マーシャルアンプの関連記事

マーシャルアンプの音作りのコツ1はこちら!

マーシャルアンプの音作りのコツ2はこちら!

マーシャルアンプの音作りのコツ3はこちら!

マーシャルアンプの使い方を初心者の方向けに解説!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■