布袋寅泰のギターテクニックについて。

布袋寅泰はチャーに憧れていましたので、チャーの真似をしたところが多く、ピックもチャーと同じおにぎり型を使っています。

硬さはハードだそうです。

このおにぎり型はなかなか細かいフレーズが弾きにくいです。

和田アキラはおにぎり型でも速弾きを決めていますが、あれは例外です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターテクニック


ギターテクニックという面では、布袋寅泰はBOOWYというバンドのギタリストでコンポーザーでもあったので、テクニックを追求するタイプの音楽性ではなく、そんなに難しいことをやっているわけではありません。

インタビューでも答えているように、リズムギタリストとして面白い方向に行こうとしていたので、リードギターで目立とうとしていたわけではないのです。

本人のインタビューでも、ギンギンに歪んだタイプのギタリストは聴いてこなかったとありますので、そういうものには興味がないようです。

ですので、グルーブを追求してバンドのサウンドを良くするタイプのギタリストです。

イントロのギターやカッティングフレーズでその曲がわかるようにするという方向です。

また、「人と同じではいけない」「人と同じ音を出してはいけない」という気持ちから始まっていることもあります。

そのこともあり布袋寅泰のギターはパッと聞いただけで、布袋寅泰だとわかるような特徴を持ちます。

布袋寅泰モデルのギターも本人曰く「弾きにくくて使いにくい」そうです(笑)

実際にレコーディングでは別のものを使うことも多いそうです。

普通に良いギターでよい音を出すのは簡単だけれどもそれは「普通」の事でそうではなく「鳴らない」ギターを自身の身体でどれだけ「鳴らせる」事ができるかという考えでプレイしているそうです。

考え方までロックです。

現在はネットで調べればすぐにいろいろな情報が手に入るのでなかなかそういう考えになることも少ないのではないのでしょうか。

超絶テクニックでなくても有名なギタリストの中に名前が挙がるというのは人柄や心意気が与える影響も大きな理由になっているのかもしれません。

カッティング

よく話題になるのが、バッドフィーリングのイントロのカッティングフレーズですが、これは黒人音楽をリスペクトしたような独特のグルーブを持っています。

一聴すると適当に弾いているように聞こえますが、ちゃんとコントロールされたリフになっています。

ずっと聴いていたくなるような不思議な感覚にとらわれます。

布袋寅泰のギターはそのあたりにポイントがあるので、そこにハマってしまったら布袋寅泰の思うツボです。

ギターソロ

ギターソロでも小指は使うタイプではありません。

ペンタトニックフレーズの連発となるのですが、延々と引き続けるタイプではないのですぐに終わってしまいます。

ギターマニアではなく、あくまでも曲を優先し、かっこいいフレーズを入れていこうというタイプです。

ギターサウンド


使っているギターもテレキャスターが主なので、ストラトキャスターのような微分音ではなく、コクの有るはっきりとした音になります。

ギターサウンドは基本的に歪みの浅く、軽くコーラスなどのフィルター系のエフェクトを掛けて耳あたりの良いサウンドになっています。

エフェクターはいまだにラックエフェクターを使っていますが、それも曲に合わせて効果的に使用する方向のようです。

下手にギターオタクになっているよりも、ノリを重視して楽しく行こうぜというタイプの人です。

わかりやすさ

彼のギターの最大の特徴として「わかりやすさ」があると思います。

実際にはわかりやすく聴こえるもので、やってみると案外難しい場合も多いのですが。

古い話ではありますが、日本の古参のギタリスト寺内タケシ氏が90年代初頭に当時のギタリストを聴き比べた事があったそうです。

その時他のギタリスト(スティーブ・ヴァイとかハイテクニック系が多かったようです)にはあまり共感しなかったのですが、布袋寅泰のギターを聴いた時は笑顔になって「この人本当にギター好きな人なんだね。すごく楽しいギターだ」と言ったそうです。

そういった、どの世代にも伝わる「わかりやすさ」が彼のテクニックのひとつだと思います。

例えば彼が作曲した映画「キル・ビル」のテーマ曲「Battle without honor or humanity」はそういった「わかりやすさ」を表すとてもいい例だと思います。

バラエティ番組にも頻繁に使われるので布袋寅泰を知らない人でもこの曲は聴き覚えがあると思いますが、それくらいキャッチーでわかりやすい曲だと思います。

また、Charと共演している「Stereocaster」も最初のフレーズを聴けばすぐ覚えてしまうようなシンプルでキャッチーなフレーズで、いかにも彼らしいと言えるでしょう。

布袋寅泰のヒット曲に使われているギターリフもわかりやすく印象に残るものが多いですね。

作曲能力

自身の楽曲以外にも奥さんの今井美樹やTOKIO、ももいろクローバーZ、相川七瀬などへの楽曲制作も行っています。

テクニックがすごくてもいつも同じ様なギターソロにきこえるというアーティストも少なくありません。

その中でジャンルを超えて色々な楽曲を作れるという能力はテクニック以上に布袋寅泰の魅力だと思います。

関連記事

▶︎布袋寅泰の使用エフェクターについてはこちら!

▶︎charのギターの弦についてはこちら!

▶︎高崎晃のギターソロのテクニックについてはこちら!

▶︎高崎晃のエフェクターボードについてはこちら!

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

音楽好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。


その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!


しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。








※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。
登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。

アイウエオ かきくけこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください