SUGIZOのギタープレイの特徴といえば、フィルター系やモジュレーション系のエフェクターを掛けた派手なプレイです。

SUGIZOはギターでシンセサイザーのようなプレイをしてみたいと思っており、曲にインパクトを与えることに熱中しています。

基本的な歪みのサウンドもエフェクターで作っています。

そんなSUGIZOのエフェクターを見ていきましょう。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

LUNA SEAでのエフェクトボード

・歪みエフェクター

  • FREE THE TONE /GB-1V GIGS BOSON(オーバードライブ)
  • PROVIDENCE/STAMPEDE OD(オーバードライブ)
  • FULLTONE/’69 MK2 (ファズ)
  • SKREDDY PEDALS/ERNIE(ファズ)
  • DEVIL EVER FX/SHOEGAZAR(ファズ)

・モジュレーション系など

  • PROVIDENCE/特製リングモジュレーター
  • EVENTIDE/TIME FACTOR(ディレイ)
  • EVENTIDE/MOD FACTOR(モジュレーション)
  • MXR/PHASE90(フェイザー)
  • MAXON/PDM1(モジュレーションディレイ)
  • DIGITECH/WHAMMY DT
  • SOUCE AUDIO/SOUNDBLOX PRO POLY-MOD FILTER(エンベロープフィルター)
  • BOSS /SL-20(スライサー)
  • EVENTIDE/PITCH FACTOR(ハーモナイザー)
  • BOSS/RE-20 (スペースエコー)
  • ELECTRO-HARMONIX/RAVISH SITAR(シタール・エフェクト)

X JAPAN エフェクトボード

  • PROVIDENCE/PD-2(バッファー・ブースター)
  • FREE THE TONE/GB-1V GIGS BOSON(オーバードライブ)
  • FREE THE TONE/SC-1 SILKY COMP (コンプレッサー)
  • BOSS/GE-7 (グラフィックイコライザー)
  • MAXON/PDM1 (モジュレーションディレイ)
  • EVENTIDE/MOD FACTOR (モジュレーション)
  • FREE THE TONE/FT-1Y FLIGHT TIME(ディレイ)
  • PROVIDENCE/特製リングモジュレーター
  • DIGITECH/WHAMMY2

プレイスタイル

プレイスタイルは他のギタリストとは異なり、SUGIZOが思い描く個性的な世界のものとなります。

憧れのギタリストが土屋昌巳であったため、このような方向にすすんだものと思われます。

(土屋昌巳もこのようなプレイスタイルを得意とするギタリストでした)

そのためかストラトキャスタータイプのギターをはじめ、ジャガーなどのフェンダー系を好んで使用しているようです。LUNA SEA時代はジャガー中心でしたがストラトに移行していったのはシンクロのトレモロユニットと、歯切れのよいシングルコイルピックアップです。フロイドローズが合わなかったことと、ジャガーの太い狂暴さがストラトでも表現できるようになったことからです。

ギター・マガジンのインタビューを読むと、エフェクターは絵の具と語っています。

SUGIZOのギタースタイルには絵の具がたくさん必要とするとのことで、上記のような多くのモジュレーション系エフェクターを必要とすることとなります。

常に新しい絵の具(エフェクター)を探しているとのことです。

エフェクターは、音楽家の想像力を刺激してくれるアイテムなのだそうです。

彼のサウンドの特徴は歯切れの良いクランチ、オーバードライブサウンドに必要に応じたエフェクトが加えられていきます。基本的にアンプで作られたサウンドに別チャンネルのアンプからリード用またはバッキング用に振り分けられ、あの壮大な音はこのような基本手なサウンド作りから生まれています。

もちろん、アンプ直のシンプルなサウンドも大切だそうです。

LUNA SEAにおけるモジュレーション・エフェクターの多様な使い方は、それを実現したものです。

X JAPANにおいてはHIDEの後任ということもあり、モジュレーション系は控えめになりますが、やはりセットされています。

もともとSUGIZOはTC ELECTRONIC の名機TC2290の中毒であると語っています。

ですので、再現を試みるならば

  • 歪み系はMESA/Boogie
  • 空間系(ディレイ)はTC2290
  • 部分部分でリングモジュレーターを使う

という使い方をすると良いです。そしてソロの1オクターブ上の設定でよく使うワーミーペダル、激しいカッティングなどではワウペダルを使用しています。

なお、空間系を派手に掛けていても原音の音は消えていませんので、基本の歪みの音は大事にしています。

エレキギターは最後の楽器

有名な話ですが、sugizoは3歳の頃からバイオリンを習っています。

両親ともオーケストラの楽団員で、その息子であるsugizoに楽器を習わせるのは当然の流れだったそうですが、彼自身は楽器を習うのは女の子っぽくてあまり好きでは無かったとインタビューで語っています。

ロックに目覚めてからは、アコースティックギターやベース、キーボード等様々な楽器を経てエレキギターにたどり着いたようで、エレキギターはsugizoの「最後の楽器」と言えるかも知れません。

彼は音をフレーズととらえるよりは、イメージでとらえている節があり、そのイメージにギターの音やプレイを近づけて行っているようですが、こういったアプローチはクラシックの作曲方法に近く、クラシックの知識や経験が彼の音楽の土台になっている事が伺えます。

クラシック音楽がバックグラウンドにあり、バイオリンの影響からかビブラートを駆使したソロプレイは他では真似できない、卓越したプレイスタイルを確立しています。教本には絶対載っていないような理論的なものではなく、彼独特の、彼しか生み出せない繊細な直感的なサウンドはやはり天才的なものを持っているからなのでしょう。

また、ソロアルバムでは様々なジャンルの、様々な国のミュージシャンとプレイし続けており、今なおそういった傾向が続いています。

彼のギターはかなりオリジナリティがあるのですが、一聴しただけではわかりにくいのですが、彼でないとその空気が出ない、ある意味スタイルは全く違いますが、長岡亮介に通じるものがあります。

関連記事

▶︎hideのギターは下手なのか?

▶︎sugizoのギターは上手い?下手?

▶︎takuro(GLAY)のギターは上手い?下手?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

[template id=”2505