「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

takuro(glay)のギターは下手?上手い?というテーマで記事にしてみました。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

TAKUROについて

TAKUROはGLAYのリーダーであり、コンポーザーです。

GLAYの曲の作詞/作曲を手がけてきたので、ギターの演奏という面ではギターと向き合う機会がなかったようです。

リードギターとして採用されるものはHISASHIが考えてきたものが多かったです。

そんなTAKUROが、昨年12月ソロギターアルバムを発表しました。

テレビのスポットCMでソファの上でレスポールを弾くTAKUROの姿が流されました。

アルバム・タイトルは「JOURNEY WITHOUT A MAP」といいますが、ゴリゴリのギターアルバムではなく、フォービートのリズムにギターが乗るというジャズ的アルバムになっています。

CMでのTAKUROのレスポール・モデルは1955年製のスタッド・ブリッジ・テールピースのものです。

他にもレスポールを持っているようで、このアルバムに使用されたギターを調べてみました。

TAKUROのソロアルバム使用ギター

・ギブソン 1955年製レスポール・スタンダード

CMで弾いていたギターです。

ピックアップがフロント・リアともにP-90になります。

CMでは、フロントで弾いていましたから、とても甘い音になっています。

このギターをTAKUROは「グランマ」と呼んでいます。

「マイルドで優しいお婆ちゃんの語り口のようなギター」「生涯の伴侶」だと語っています。

・ギブソン 1957年製レスポール・スタンダード・ゴールドトップ

ピックアップはハムバッカーで、チューンオートマチックブリッジのものです。

TAKUROによると「マルチプレーヤー」「出来のいい次男坊」と語っています。

・ギブソン 1959年製レスポール・スタンダード

いわゆるバーストと呼ばれるギターです。

ギブソンのゴールデン・エラ(黄金時代)のど真ん中のモデルです。

レコーディングに挑むと、いろいろなマジックがあるそうです。

フェンダー 1954年ストラトキャスター

ストラトキャスターが生まれた年のものです。

弾き込まれたメイプネックの指板は変色して、真っ黒になっています。

TAKUROのよると「音があまりにも素直」だそうです。

ソロアルバム評価

このソロアルバムは、松本孝弘のプロデュースによって作られました。

レスポールの甘いサウンドが全面的にフューチャーされています。

今のようなインスト物のきびしい冬の時代に、この内容のアルバムが出せたのはグレイというバンドのギタリストであったからです。

そのあたりも本人は自覚しているようです。

ジャズをやるには、テクニック不足の感じが否めません。

フォービートに乗るのはとても難しく、フレーズがいまいち決まっていません。

周りのミュージシャンとのギャップがかなりあります。

TAKURO本人が気に入っているというP-90のフロントピックアップの音も甘すぎます。

まだまだ、見つめ直すところが多くあると思います。

メロディのすばらしさ

とはいえ、やはりGLAYのメインコンポーザーですので、メロディやフレーズは唸らせるものも多くあります。

歌物ばかりやってきたTAKUROにとって全曲インストのアルバムはかなりの冒険だったと思います。

所々彼にとっても不本意な部分もあったとは思いますが、GLAYにも通ずるメロディを奏でるTAKUROのギターは、やはり彼でしか弾けないものだと感じます。

JOURNEY WITHOUT A MAP II

TAKUROインストソロアルバム第2段「JOURNEY WITHOUT A MAP II」は最初と同じく松本孝弘のプロデュースです。

最初のアルバムより、よりいい意味でリラックスした感じのプレイですが、「やすらぎのチセ」は彼のギターの持ち味、というより人柄が出ているようなプレイです。

また「SARAH 派手にやれ!」はハード目なフュージョン曲、ジャズやフュージョンの要素があまりない歌謡曲的な「鼓動」等いい意味でこだわりなく作られているのがわかります。

TAKUROのギター

自分自身でも派手なギターでは決してない事を理解しているので、GLAYではHISASHIに煌びやかな部分を任せているのだと思います。

ソロアルバムはGLAYでは見せないギタリストとしてのTAKUROの音だと思いますが、派手な音ではないからこそ、渋めの曲調のアプローチをしたのだと思います。

そういった意味では自分自身を理解しているプロデュース能力が高いギタリストと言えるでしょう。

関連記事

▶︎hideのギターは下手なのか?

▶︎sugizoのギターは上手い?下手?

▶︎sugizoのギターソロの特徴とは?

▶︎takuro(GLAY)のギターは上手い?下手?

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ギター好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。