リッチーサンボラのギターテクニックについて語っていく記事です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

リッチーサンボラについて

リッチー・サンボラはボン・ジョヴィのギタリストで1984年にデビューしました。

1986年に発売した3rdアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」がビルボード8週連続第一位を獲得します。

「リヴィング・オン・ア・プレイヤー」や「禁じられた愛」もビルボードで第一位となり一躍有名バンドとなります。

さらに1988年の4thアルバム「ニュージャージー」も大ヒットし、シングル「バッド・メディシン」「アイル・ゼア・フォー・ユー」もビルボードで第一位になり人気を不動のものとします。

日本にはデビューした1984年に「スーパーロック‘84イン・ジャパン」出演のために来日しており、その際には演奏が上手かったために話題になりました。

リッチー・サンボラ・ギターテクニック

ビートルズやエリック・クラプトンの影響で12歳の時にギター弾き始めます。

10代のころよりローカルバンドで、クラブサーキットを行うとともに、数々のスタジオのセッションの仕事もこなしていたそうです。

ボン・ジョヴィは歌モノのバンドなのでギターが目立つことはないですが、ギターはしっかりと歌を引き立てるようなプレイをしています。

テクニカルを売り物にして、強引に弾きまくりをして曲を壊してしまうことのないギタープレイをします。

これがほんとに曲にピタリとはまっていて気持ち良いです。

リッチー・サンボラは歌も歌う(とても上手い!)いわゆる「歌うギタリスト」なので、そのあたりは、バランス感覚に優れているのでしょう。

リッチーサンボラのソロアルバムではギターリストというよりもボーカル寄りになっているものが多く、

その辺りもソングライティング力がある優れたミュージシャンであることを証明しています。

ギターフレーズにはブルースの影響が多く見られます。

ベンディングを多用した泣きのフレーズなど得意としています。

ギタートーンも軽く歪ませただけの渋い音で、実にアメリカンサウンドしていて、聴いていて心地よいサウンドを奏でます。

ソロアルバムを聴いてみるとこれもアメリカのおおらかさを感じられるアルバムになっています。

歌モノになっていて、いわゆるギターアルバムではありませんがリッチー・サンボラのギタープレイが全面的にフューチャーされ、のびのびとギターを弾いています。

カッティングやアコギのプレイもそつなくこなしています。

リッチー・サンボラ 使用ギター

ボン・ジョヴィの頃には、クレイマーのダブルネックギターなど派手なモデルも使用していましたが、

アルバムの世界的ヒットもあり、かなりの数のギターを保有していると思われます。

その中には希少価値の高いヴィンテージギターも数多く含まれています。

近年ではギターは渋いオールドギターを愛用しています。

これまでリッチーサンボラの使用してきたギター

クレイマー ストラトモデル

シャーベル カスタムモデル

オベーション 1985シリーズなど

ギブソン レスポールスタンダード1959年製

ギブソン SG

フェンダーストラトキャスターフロイドローズ搭載リッチーサンボラモデル、リアピックアップにハムバッカータイプ、ネック指板に星型インレイが特徴的

フェンダー ストラトキャスターエリッククラプトンモデル

テイラーギター

C.F.マーティン

ゼマティス メタルフロント

フェンダー・ストラトキャスター1958年製3トーンサーバーストにフロイドローズを搭載し、リアピックアップはハムバッカーを載せています。

おそらく90年代に購入した1958年製の3トーンサーバーストストラトがノーマルの状態で雑誌で紹介されていましたのでこれに手を加えた可能性もあります。

上記はほんの一部でこのほかにもアルバム、ライブなどで数多くのギターが使用されています。

 

関連記事

▶︎イングウェイのマーシャルの音作りについてはこちら!

▶︎イングウェイのピッキングについてはこちら!

▶︎リッチーブラックモアのエフェクターの音作りについてはこちら!

▶︎リッチーサンボラのエフェクターの音作りについてはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■