リッチーサンボラのエフェクターの音作りについて語っていく記事です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

リッチーサンボラについて

リッチー・サンボラは多くのエフェクトを多用していますが、代表的なものをご紹介します。

サウンドの特徴として、あまり大きく歪ませることのないナチュラルなオーバードライブサウンドにフィルター系のエフェクトを噛ませたサウンドです。

時に、トークボックスのような飛び道具エフェクトを使います。

ワウペダル

・Dunlop Original Crybaby Wah Pedal

現在も多くのギタリストに支持を得ている、ペダルワウの代名詞ともいえるオリジナル・クライベイビーです。

・Vox V847A Wah

こちらはワウペダルとしてはスタンダードモデルですが、電源アダプター対応となり、高品位バッファ回路を内蔵しています。

切れ味のあるサウンドです。

トーキング・モジュレーター

・Dunlop Hell Taik Box

トーキング・モジュレーターとは、エレキギターの音をアンプ内臓のスピーカーではなく、専用のスピーカーからビニールチューブを通して演奏者の口の中に導いて共鳴させて、ボーカル用のマイクで音を拾うものです。

70年代はかなりいろいろなミュージシャンに使用されていたのですが、セッティングが面倒なのと、口に中に大音量のギターの音が鳴るのが精神的につらい事もあり80年に入ると全く使われなくなります。

それを1988年「Livin’ on a Prayer」でリッチーはメインリフで使用し、話題となりました

コンプレッサー

MXR M−102 ダイナコンプ

ギター用のコンプレッサーといえば、ダイナコンプのサウンドです。

独特の甘くパーカッシブなトーンとロングサスティーンが特徴な名機です。

センシビティヴィティでサスティーンとパーカッシブ感をコントロールします。

歪み系エフェクター

・BOSS SD-1

有名なオーバードライブです。

質の良いボスの歪みエフェクターで、非対称クリップにより、アンプライクなオーバードライブサウンドが得られます。

・KLON ケンタウロス

プレミア物のオーバードライブエフェクターです。

リッチー・サンボラが使用しているのはゴールドモデルとなります。

フィルター系

・MAXON AF-9 Auto Filter

フォトカプラ回路を使用した太く存在感のあるヴィンテージスタイルのオートワウです。

コンパクトボディに大型オートワウなみの5つのコントロールを搭載していて、多彩なフィルタリングが可能になっています

・MXR Script Phase 90

1974 年当時のPhase90を細部にわたるまで徹底検証し、ダンロップカスタムショップに完全されたモデルです。

温かみのあるヴィンテージフェイズサウンドを生み出します。

・MXR EVH117 Flanger

ヴァン・ヘイレンの有名なジェットサウンドを忠実に再現できるEVHプリセットスイッチを搭載したエディ・ヴァン・ヘイレンシグネーチャー・フランジャーになります。

オクターバー

・Electro –Harmonix Micro POG

ポリフォニック・オクターブ・ジェネレーターです。

単音だけでなく和音にも使用可能で、早く正確なトラッキングでオクターブ上とサブ・オクターブを生成します。

ディレイ

・Electro-Harmonix Deluxe Memory Man

高品質で希少なBBD素子を採用することでウォームでリッチなサウンドを実現しています。

アナログディレイとしてはもちろん、切り替え式のコーラス/ヴィブラート機能も搭載しています。

ソロアルバムでの音作り

ボン・ジョヴィではエフェクティブな音作りの上でキャッチーでコンパクトなプレイをするリッチーですが、ソロアルバムになると違う顔を出します。

1991年に発売されたソロアルバム「Stranger In This Town」ではボン・ジョビの時とは違いにブルージィでレイドバックしたプレイをします。

収録曲「Mr. Bluesman」では彼が敬愛するエリック・クラプトンにも参加してもらっています。

また、ギターソロも時間は決して長くないものの、弾き倒し系のものがあったりとボン・ジョビでの彼のギタープレイのイメージとは異なります。

おそらく、こちらのアルバムで聴けるリッチーのプレイが彼の本質に近いのだと思います。

ボン・ジョビでのプレイは「ボン・ジョビ」というパッケージに合う形に音やフレーズを作りこんでいるのではないでしょうか。

余談ですが、リッチーは歌もブルージィでかなりカッコいいので、彼に興味はあってもボン・ジョビは好きで無い人にはおすすめのアルバムです。

最近はボン・ジョビを脱退したようですが、彼は元々ボン・ジョビでなくてもそこそこ成功していた人に思えます。

関連記事

▶︎イングウェイのマーシャルの音作りについてはこちら!

▶︎イングウェイのピッキングについてはこちら!

▶︎リッチーブラックモアのエフェクターの音作りについてはこちら!

▶︎リッチーサンボラのギターテクニックについてはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■