リッチーブラックモアのエフェクターの音作りについてを語っていきましょう!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

リッチーブラックモアについて

ディープ・パープルの初期には、ビグスビートレモロの付いたギブソンES-335を使用していました。

この頃のリッチーのサウンドはMashallやVOXといったチューブアンプにトレブルブースターとファズの組み合わせでした。

ディープ・パープルがハードロックにスタイルを変えてからは、ストラトキャスターを使用することになります。

アンプで軽く歪ませた状態でエフェクトをON・OFFしています。クリーンなサウンドはギター側のボリュームで操作しています。

このストラトキャスタ-は指板のフレットとフレットの間がえぐれている「スキャロップド指板」になっていて、音の立ち上がりが早く速弾きやチョーキングがしやすい反面、ちょっとでも力を入れると音がシャープしたり、音が途切れてしまいます

イングヴェイもこの仕様の指板がついたストラトキャスターを使用しています。

レインボー時代はディープパープルの頃とくらべると歪みは少なく、アンプによって歪みを作り出しています。また有名な方法としてはAIWAのオープンリールによるブーストです。トレブルブースターやファズといったものより、アンプの歪みを生かしたナチュラルな音作りでした。

トレモロユニットのアーム部分は当初は極太のものを使用していましたが、途中からステンレス製のものにしています。

フィンガーボードはディープパープル期ではメイプル指板で、レインボー期はローズ指板を中心にプレイしていました。

また、ある意味一番重要な部分かも知れませんが、ピックはべっ甲のホームベース型のものを使用しています。

このピックは弦を1本1本弾くにはかなりいいのですが、コードカッティングには全く向きません

ある意味リッチーサウンドを目指す人以外にはおすすめできないピックです。

愛用アンプは当然マーシャルになります。

なかでもマーシャル major200という200ワットのアンプを使用しています。(通称「The Pig」)

名盤として有名なディープ・パープルのメイド・イン・ジャパンではセッティングは

  • プレゼンス 0
  • ベース   4
  • ミドル   5
  • トレブル  6〜7
  • ボリューム 7〜8

で使用しています。

歴代使用エフェクター

・トレブルブースター

初期のロックではエリック・クラプトンはレンジマスターを使ってマーシャルを鳴らしていました。

リッチー・ブラックモアは違うメーカーのトレブルブースターを使用します。

1970年ごろ、イギリス製ホーンズビー・スキューズのトレブルブースターを入手し、ディープ・パープルの第2期終盤まで使用します。

・ファズフェイス

1969年から1971年ころまで使用しています。

・アイワのオープンリール・テープデッキTP1011

1973年頃入手、改造してエコーマシンとして使用しています。

BSMエフェクター

BSM(ビーエスエム)は、トレブルブースターを主に制作するドイツのメーカーです。

1960年代から1970年代にかけ、当時のギタリストたちが使用していたトレブルブースターを再現したモデルを製作しています。

リッチー・ブラックモアも愛用した英国製ホーンズビー・スキューズの回路を再現したトレブルブースターも生産しています。

下記に紹介するのは、リッチー・ブラックモアが使用していたものや、サウンドそのものを再現するためのものです。

リッチー・ブラックモアの音を再現したい場合、かなり役に立つエフェクタ-です。

・HS


ホーンズビー・スキューズのサウンドを忠実に再現したモデルです。

OC44ゲルマニウムトランジスタを搭載したモデルです。

・HS CUSTOM


HSにボリュームコントロールをプラス。

途中まで上げるとディープ・パープルの「バーン」やレインボー初期の音色を創り出すことが出来ます。

・FIREBALL


動作特性にばらつきの多いゲルマニウムダイオードを厳選して製作したHSモデルになります。

ギターのボリュームを最大にするとリードに適した太めなサウンドに、ボリュームを絞ればクランチサウンドになります。

・HS-S


シリコントランジスタを搭載したモデルです。

ディープ・パープルのマシーンヘッドの音を再現したモデルです。

サウンドは太いまま、余計なトーンをカットしたリードサウンドに適しています。

・HS-S Master


シリコントランジスタ採用モデルです。

ディープ・パープルのマシーンヘッドの音を再現したモデルですが、マスターボリュームが付いています。

アンプのプレゼンスコントロールに頼ることなく、クオリティーの高いサウンドを得られます。

・BSM RPA


リッチー・ブラックモアの74年以降のアイワテープレコーダーと、ハイパスフィルターのコンビネーションによるエフェクトを再現しています。

リッチーと同じアンプを用意しなくても、普通のアンプで再現できるよう作られています。

 

・BSM STUDIO’75


リッチー・ブラックモアズレインボー、1975年のデビュー作「銀嶺の覇者」のサウンドを再現したモデルです。明るく乾いた・・・といったイメージでクリーントーンでも魅力的なサウンドです。

・BSM 71/73 CM


リッチー・ブラックモアはディープ・パープル第2期の頃、ホーンズビー・スキューズのトレブルブースターと同時にキース・エマーソンのエンジニア
Bill HoughによるCMブースターも使用していました。

このCMブースターは、ダイナミックで鮮やかなサウンドのシリコンブースターで、1971年の春頃より1973年夏頃まで使用しており、71/73CMはそのCMブースターを再現しています。

関連記事

▶︎イングウェイのマーシャルの音作りについてはこちら!

▶︎イングウェイのピッキングについてはこちら!

▶︎リッチーサンボラのギターテクニックについてはこちら!

▶︎リッチーサンボラのエフェクターの音作りについてはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■