多くのプロ・アマチュアのミュージシャンに使用されているBOSSのBD-2ブルースドライバー(以下ブルースドライバー)は定番のオーバードライブのひとつです。

特にこのブルースドライバーは、クランチサウンドが売りで多くの人に支持されています。

その理由はクランチから激しい歪みまで、表現できる音の幅が広いことによります。

しかし人はそれぞれ好みがあり、全ての人がこの音を好きなわけではありません。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ブルースドライバーのクランチは良い音?

ブルースドライバーのクランチの音の特徴

ブルースドライバーのクランチの音を簡単に説明してしまえば「ジャキジャキした中~高音域の音」です。

ピッキングのニュアンスが出る分、ジャッキリシャッキリした音になります。

しかし、スムージーな歪みとは正反対な音なので、当然そういった人にとってはあまりいい音ではありません。

ブルースドライバーの音が気に入らないのはどの部分なのか

オーバードライブにある程度のコンプ感を求める人にとって、ブルースドライバーのクランチ音は気に入らないと思います。

ブルースドライバーはコンプ感はあまり無く逆にピッキングの強弱が出やすいからです。

好みにもよりますが、強調された中高域に比べ低音の出方に問題があるようです。シングルコイル系にはマッチしますが、レスポールなどのハムバッキング系は「ジャキッ」とした質感に合わないようです。

また、ブルースドライバーの「ジャキッ」とした高音域やアタック時のパキっとしたとことろを「汚い音」と感じる人もいます。

そういった人達にとってはブルースドライバーの音はいい音では無くむしろ悪い音だと感じます。

ピッキングの仕方よって相性が変わる

個人的にはブルースドライバーの高音域の汚さというのはピッキングの仕方にも大きく違うと思います。

例えばブルースドライバーをクランチにした状態で弱くピッキングした場合、「ジャキ」とか「パキ」といった感じはなく、むしろテロンとした音になります。

全体的にピッキングが弱い人はこのクランチ時の「汚さ」はあまり感じないと思います。

ピッキングが強い人は「パキ」とした音が出やすく、それを「汚い」と感じる人もいるかと思います。

しかし、ことロックの場合は「汚さ=音が悪い」とはならない事も多いです。

ですので、ピッキングが強くて音が汚いと感じても、それがカッコいいと思う人はブルースドライバーのクランチの音が悪いとは感じないと思います。

なので、傾向としてピッキングが弱い人はブルースドライバーのクランチはいい音に感じやすくピッキングの強い人は感じにくいのかも知れません。

もしブルースドライバーを弾いてみてイマイチだと感じた場合、ピッキングの仕方を変えてみましょう。

それでもしっくり来ないようであれば、それはあなたにとってブルースドライバーはいい音では無いという事です。

無理にブルースドライバーを使わず別のオーバードライブを使ってみましょう。

そんなBD-2ですが愛用者が多いのも事実です。全てのジャンルの歪みをこれ1台で・・・というのは無理だと思いますがクランチサウンド、またはブースター用としてボードに組み込み、他の歪み系も併用するのがいいと思います。単体だけではなく、他のエフェクトと組み合わせても使いやすいのは魅力です。オーバードライブやディストーションとは少し異なり、ブーストによる歪みを出力するエフェクターといった感じです。

BOSSの歪み

BOSSからブルースドライバーが発売された時の反応は「BOSSのオーバードライブっぽくないからダメ」「BOSSのオーバードライブっぽくなくてすごく良い」といったものが大半だったそうです。

誰にでも受け入れられるようなものより、好き嫌いがはっきり出たほうが個性的なサウンドが生まれると思います。BD-2に関してはそれほどクセがあるようなものではなく、むしろ万能選手だといえます。名前のとおりブルースに合うのはもちろんのこと、ハードロックにも対応できます。これでメタルサウンドを期待するのは厳しいかと思います。このあたりが今までのBOSSのイメージと違うという印象が強く出てしまっています。

つまり「BOSSのオーバードライブっぽくない」というのはみんな感じたようです。

ブルースドライバーが発売された1995年、BOSSのオーバードライブといえばOD-1からの直系の音のSD-1(スーパーオーバードライブ)OD-2(ターボオーバードライブ)、SD-2 (デュアルオーバードライブ)が発売され所謂「BOSSの歪み」と呼ばれるものがメインでした。

そこにキャラクターが全く違うブルースドライバーの反響は大きく、特に「BOSSの歪み」が好きでは無かった人達に一気に広まりました。

それまでの「BOSSの歪み」とブルースドライバーの音の違いは、先に書いてある通りコンプ感の違い、そして音がそれまでのオーバードライブに比べると「硬い」印象があります。

SD-1、OD-2等を好んで使っていた人には違和感しか無かったのだと思います

また、ブルースドライバーの音にはBOSSの他のオーバードライブにはないダーティさんがあると自分は感じているのですが、そういった部分は好まない人にはいい音には聴こえない、汚い音に聴こえると思います。

ブルースドライバーはいいオーバードライブですが、みんなが好きになるようなものでは無いと思っています。

関連記事

▶︎ブルースドライバーの特徴やセッティング例はこちら!

▶︎ブルースドライバーの上手な使い方はこちら!

▶︎ブルースドライバーのレスポールとの相性はこちら!

▶︎ブルースドライバーのテレキャスとの相性はこちら!

▶︎ブルースドライバーのクランチは良い音?

▶︎ブルースドライバーの技クラフトの評価レビューはこちら!

▶︎BD-2Wの評価レビューはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■