ファイアーバードのギターの音の特徴について書いていきます!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ファイアーバードについて

レスポール、ES335、フライングV、エクスプローラ、SGと今でもトラディショナルモデルとして多く使われているギブソンのギターは全てテッド・マッカーティという社長の元で生まれました。

そのテッドが1963年、彼のキャリアの最後となったギター、それがファイアーバードです。

発売当時はギブソンの中でも最も高価なモデルであり、ローリングストーンズのブライアンジョーンズやクリーム時代のエリッククラプトンの使用が有名です。

注目すべきはそのスタイリングにあると思います。一見お洒落なイメージではありますが手に取ってみると衝撃に見舞われます。中途半端ないヘッドの重さのためストラップをかけて立って弾くには気合いが必要です。

座って弾いてもボディ上部が胸のあたりに当たって痛いし、どうしようもなくバランスが悪いギターですが、ファイヤーバードでしか出せないサウンドを持っています。

後になって左右を反転させたようなデザインに変更になり、ネックジョイントもスルーネックからセットネックになり、ヘッド形状もいわゆるノンリバースになりました。

元クライスラーのデザイナーで独立後複数のメーカーに携わったカーデザイナー、レイモンド・デートリッヒにデザインさせるという奇抜な発想すら1958年にフライングVとエクプローラを発売した事に比べれば大した事では無いのかも知れません。

その後ファイヤーバードはモデルチェンジして後年ノンリバースモデルと呼ばれるものになりますが、ここでは所謂リバースタイプのものについてご説明します。

オールマホガニーと専用のニミハムバッカーの組み合わせ

ファイアーバードのピックアップにはミニハムバッカーが搭載されています。

こちらはギブソンの他のギターに使われているミニハムバッカーとは違うものです。

これはファイヤーバード専用に作られたミニハムなのです。

このピックアップを量産されているギターでは唯一のスルーネック構造のマホガニーのボディに搭載しています。

搭載されているのはミニタイプのハンバッカーですがパワーが小さく、シングルコイルのようなイメージがします。

そのためギブソンとフェンダーの中間的なような存在でもありますが、スルーネック構造により、レスポールやストラトにはないサスティーンを得られます。

サウンドの特徴はP-90に比べると太さは無いものの、芯のあるガラっとしたものに歯切れ良さが加わった独特な音になっています。

適度な太さと音の歯切れ良さはブルースやブルースロック、特に南部の香りのする音楽にひじょうに合います。

フロントを使うかリアを使うか

しかし、そういった音楽でファイヤーバードを使うギタリストは総じてフロントのピックアップを使います。
これはより音の太さを求めるからだと思われます。

また、古いファイアーバードはリアが非力なものを積んでいるものもあった事も理由かも知れません。

しかし、近年生産されているファイアーバードはリアにもパワーがあるピックアップが詰まれ、音の線が太くなりいい感じのジャキジャキ感となっています。

実際新しいファイアーバードを使用しブルース系ではない音楽をやっているギタリストはリアを中心に使っている人が多いです。
もちろんフロントは昔のままブルージーなプレイに向いている音になっています。

ファイアーバードは形が特殊なのであまりオーソドックスなプレイに向いていないように見えるかも知れませんが使ってみると案外どんなジャンルでも行けてしまいます。

コードカッティングは歯切れがよく、シングルコイルのように細くならずパンチがあり低音もパワフルな点が特徴です。軽く歪みを効かせたクランチサウンドがベストセッティングです。

ただし、あまり歪ませすぎるとハウりやすいのでハイゲインなヘヴィメタルのような音楽にはあまり向いていません。
ご注意下さい。

関連記事

▶︎ギブソンのファイアーバードの評価レビューはこちら!

▶︎エピフォンのファイアーバードの特徴とは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■