今回はギターのクリーンサウンドをエフェクターで出すには?というテーマで記事をお届けしていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターのクリーンサウンドをエフェクターで出すには?

クリーントーンについて

ギターでクリーンサウンドと言っても、ジャズギターのようなソロをクリーンサウンドで弾く場合や、ポップスのバッキングギターのようなクリーンのアルペジオやカッティングなどのようなものがありバリエーションは豊富です。

アンプのセッティングだけで満足のいくクリーントーンが出せたらよいのですが、バンドのアンサンブルのなかではなかなかうまくいかないものです。

そこで、エフェクターを使うこととなります。

そこで、エフェクターを使ってクリーントーンを作る方法を解説します。

コンプレッサー

カッティングやアルペジオなどで使えば、各弦のバラツキを抑えて粒の揃ったサウンドになります。

その音に、空間系のエフェクター(コーラス、ディレイ、リバーブ)を使うと音に広がりが出て気持ちの良いサウンドになります。

コーラスは美しい響きのクリーントーンには欠かせないエフェクターです。

クリーンブースター

クランチ程度に歪ませたアンプに、クリーンブースターを通してブーストさせ、ギター側のボリュームを絞って音を出すときれいなクリーンサウンドがだせます。

RC boosterのように、ベースとトレブルのイコライザーがついているものですと細かく調整できるのでよいです。

EP boosterも良いブースターですが、トーンコントロールはついていませんが、ジャズミュージシャンにも使われるようなこともあるブースターです。

プログラミング・エフェクトボード

音作りの上手い布袋寅泰氏のBOOWY時代のエフェクトボードを見てみましょう。

BOOWYはカッティングやアルペジオがクリーン、ソロはディストーションサウンドであったためプログラミング・エフェクトボードが必要となりました。

クリーンサウンドは何種類かのクリーンサウンドをプログラミング・エフェクトボードで作っていました。

代表的なふたつのものです。

・ギター→コンプレッサー→ステレオコーラス→ディレイ

広がりを持たせながら、アタックを強調したサウンドです。

・ギター→ハーモナイザー→コンプレッサー→コーラス→イコライザー→ディレイ

キラキラと鋭角的なニュアンスを含んだサウンドになっています。

同じクリーンサウンドでも曲の構成に合わせて使い分けていくことで、バリエーションをもたせ、ワンパターン化を避けています。

ほかにも、常にショートディレイで空間に厚みを持たせておいて、ポイントでモジュレーションを加えたり、ロングディレイでダブ効果をもたせたりなど、色々なディレイ効果を楽しむのも、クリーンサウンドアプローチすると面白いです。

ちなみに、ディストーション用でも幾つかのパターンを作ってワンパターン化を避けています。

ギターのクリーンブースターとは?

クリーンブースター登場以前は、ギター用のクリーンブースターというものはほとんど無く、オーバードライブ(チューブスクリーマー)をゲインブースターとして使っていました。

チューブスクリーマーでは、トーンが低域をばっさりカットし、中域が持ち上がってしまうという傾向がありました。

もっと古くなると、1970年代に発売されたMXR マイクロアンプがあるのですが、これもトーンが大きく変わってしまうものでした。

2008年頃より、各エフェクターメーカーから、クリーンブースターが続々と発売されるようになり、クリーンブースターはブームとなります。

ですが、メーカーそれぞれに特色があり、そのままクリーンに持ち上げるだけということはなく、製品ごとに特性があります。

クリーンブースターで代表的なモデルをご紹介します。

EP Booster

Xotic 社のクリーンブースターです。

ジミー・ペイジやエディ・ヴァン・ヘイレンやブライアン・メイが愛用するテープエコー「マエストロEP-3」のプリアンプ部分を再現したブースターです。

音に少し歪みが加わりますので、完全なクリーンブースターではありませんが、音に張りと艶をしっかりと加えてくれます。

RC booster

定番のクリーンブースターです。

ゲインつまみがついていますが、オンにしてもほとんど歪まず、クリーントーンのまま音の艶と透明感を与えてくれます。

ベースとトレブルのイコライザーが付いているので、シングルコイルでもハムバッカーでもクリーントーン時に艶をもたせることができます。

MXR Micro Amp

古いブーストペダルです。

ゲインつまみが1つ付いています。

オンにすると高域が上がり、若干レンジの狭まった音になります。

歪みがつまみは12時以降で少しずつ歪み始めます。

Fulltone Fat-boost

イコライザーがベースとトレブルに分かれてついていますので、細かく調整が可能になっています。

ドライブつまみもついているので、ゲインブーストまで可能となっています。

ZVex Super Hard On

古いアナログのミキサーのフェーダー回路を参考に作られています。

とてもシンプルな回路です。

キラキラときれいにブーストしてくれます。

MXR MC401 Boost/Line Driver

ボブ・ブラッドショーのCUSTOM AUDIO ELECTRONICSとMXRのコラボレーションによって作られました。

これもダイナミックにきれいに持ち上げてくれます。

Suhr ISO boost

原音に透明感のあるパンチが加わります。

ラインドライバーでもあり、ライン録音でも効果を発揮します。

Suhr Koko Boost

クリーンブーストとミッドブーストの両方が可能になっているブースターです。

ミッドブーストは、ミッド、ハイミッド、ローミッドの切り替えが可能になっています。

関連記事

ギターの音作りの基礎やコツとは?

クランチの音作りのコツとは?

クリーントーンの音作りのコツとは?

メタルの歪みの音作りのコツとは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■