今回はギターのクランチサウンドをエフェクターで出すには?というテーマでお届けしていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターのクランチサウンドをエフェクターで出すには?

クランチサウンドについて

クランチサウンドは出来ればアンプで作った方が好ましいです。

しかし歪まないアンプの場合には、エフェクトペダルに頼ることになります。

目指すサウンドはチューブアンプがクリップし始めた感じを上手く出せる物が良いです。

そして、ピッキングニュアンスが完全に出るようなものを選びたいです。

クランチは英語でcrunch、噛み砕くという意味の英動詞から転じて、サクサクとした、歯切れのよい意味合いの言葉になりますので、ほどよい歪みが得られるものが良いです。

ダイナミクスがよく出る感じのエフェクターを選びましょう。

エフェクターは、当然ですが、ディストーションペダルではなくオーバードライブを選びましょう。

エフェクターの特性によって、音のキャラクターが変わってきますので、よく試奏してから購入しましょう。

また使用するギターのピックアップもシングルコイルの方がクランチサウンドは作りやすいと思います。

ハムバッカータイプの場合はパワーの少ないものがいいでしょう。

エフェクター別音作り

アンプはフェンダーのクリーンセッティングにしておきます。

・BOSS SD-1

チューブスクリーマーとほぼ同じ回路です。

ドライブはさほど上げずに3くらいにしておきます。

ボリュームはフルアップに近くします。

トーンは真ん中から少しだけ上げたくらいにします。

低音がカットされますが、キメの細かい歪みが得られます。

・ケンタウルス

ケンタウルスはブースターとして有名ですが、クランチサウンドを作るのにも良いです。

ゲインを上げ目にしないで、トーンは4くらいです。

ボリュームは適宜上げていきましょう。

クランチサウンドは、やや明るめのサウンドとなります。

・DOD250

イングヴェイ・マルムスティーンの使用で有名ですが、クランチサウンドを作るのにも良いエフェクターです。

ゲインとボリュームだけのシンプルな構成です。

シンプルな分、ノイズには気を付けましょう。

これもクランチサウンドのセッティングの場合には、ゲインをあまり上げずないようにします。

ボリュームは上げ目のほうが良いと思います。

ギターのボリュームを絞ってもしっかりついてくるクランチサウンドを作ることが出来ます。

・RC Booster V2

RC boosterはもともとクリーンブースターですが、これはクランチサウンドが出せるようになったものです。

ゲインチャンネルが特別に付いていますので、チャンネル設定で普通のブーストとクランチサウンドが作れるようになっています。

クリーンブーストですと、ドライブゲインは低いですが、ゲインチャンネルではゲイン1とゲイン2のふたつのゲインを合わせることによりクランチサウンドになります。

もともとクリーンブースターということもあって、ギターのボリュームを絞ってもしっかりと付いてきます。

・BOSS BD-2

名機として有名ですが、このエフェクターは他とは一味違います。

人気ギタリストも多数使用しており、また初心者にもおすすめとされている楽器店やサイトも多いのですが、

一番の理由はオーバードライブというような使い方よりもディストーションに近い感じがします。

一歩間違えればファズに近い音まで出ます。

それだけ音の変化幅があるので初心者でも歪みが体感しやすく、またクランチのサウンドも作れますので万能型とも言えます。

名機と言われていますが、実は扱うのは大変繊細なセッティングが必要です。

上げすぎると高音域が大変暴れやすく、ノイズが気になります。この辺りは使用するアンプにもよりますがマーシャルの場合は相性がいいようです。

クランチはGAIN、TONEをかなり絞って使用すればピッキングニュアンスに反応してくれますので気持ちのいいサウンドが作れます。

勘のいい方はお気づきかも知れませんが、ブースター系やオーバードライブ系のエフェクターでゲインを絞ってやれば作りやすいと思いますが、上で紹介したBD-2のように歪みの強いものはセッティングに注意が必要です。

余談になりますが現在は生産終了になっていますがBOSS SD2デュアルオーバードライブという機種がありましたが、

これはクランチ、リードと使い分けることができた優れものです。独立回路のため音もよく生産中止が悔やまれます。

クランチサウンドはクリーンサウンドと歪んだサウンドの中間に位置するため、ハードに歪ませたときのようなごまかしがききません。その分、ピッキングの強弱が音に現れますので音の表情が豊かになります。

このクランチサウンドを元にオーバードライブサウンドやリードサウンドを作っていけばバンドアンサンブルに埋もれないギターサウンドを作ることができると思います。

 

関連記事

▶︎ギターの音作りの基礎やコツとは?

▶︎クランチの音作りのコツとは?

▶︎クリーントーンの音作りのコツとは?

▶︎メタルの歪みの音作りのコツとは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■