ギブソンのハミングバードは1960年に発表されたモデルです。

その後上位機種として1962年にダヴ(ピックガードの装飾にダヴ=鳩が描かれている)が発売されました。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギブソンのハミングバードの特徴とは?

ピックガードに美しいハチドリが描かれた鮮やかなピックガードと、多くのモデルに採用されているチェリーサンバーストの赤いボディ色が特徴となっています。

ボディの形状としては、ギブソン初のスクエアショルダーのモデルとなります。かの有名なJ-45のスクエアショルダー版、と捉えてもいいかもしれません。(J-45は、日本では奥田民生さんや斉藤和義さんがとても愛用しているので有名です)

トップがスプルース、サイドとバックはマホガニー、ネックもマホガニーです。サイドバックがメイプルである、前述のダブとの大きな音の違いはここですね。結果、ハミングバードは低音の迫力が大きく、ストローク弾きでその特徴を引き出すことが出来ます

ブレーシングは、スキャロップド・トップ・ブレイシングになっています。

ネックは1960年のギブソンのやや細めのネックになっていますので、弾きやすくなっています。しかし年代ごとに変化してきていますので、もし昔のモデルを手に取ることがあれば、その違いを楽しむのも一興です。

指板にはパラレログラム・インレイ(平行四辺形型のインレイ)、ヘッドにはクラウンインレイ(王冠型のインレイ)がつきます。この辺りの装飾が、美しいピックガードや派手なボディ色と相まって、ステージ映えだけでなく、ただそこに飾ってあるだけでも大変美しいギターの雰囲気を作り出しています。さすが、高級ギターといったところです。

またペグは、外殻を鉄板ではなく、堅牢なダイキャスト(鋳造)で作ったグローバーペグを採用しています。これにより引き締まった音色と豊かなサスティーンが生まれます。

ギブソンにはロングスケールとミディアムスケールがありますが、ハミングバードはミディアムスケールです(後継のダヴはロングスケール)。そのテンションのため、ヘッドの角度は強めで弦高は高めです。初心者が弾いても何だか弾きづらく、初めての時は本体の鳴りがイマイチ?と感じるかもしれません。

しかしピックをもってザクザクかき鳴らすにはこれくらいの弦高とテンションがよいのです。ネックも細くはないため握りづらく感じるかもしれませんが、長く弾いていると逆に心地よく馴染んできます。この弾き込むほどに馴染んでくる、何ならピックガードのハミングバードの装飾が消えてきた頃が本領発揮・・・というのがギブソンのアコースティックギターの魅力でもあります。ギブソンのアコギはどれも低音弦の鳴り方に特徴があります。芯のあるパワフルなサウンドで、指弾きよりもピックを使ったコードプレイに適しています。しかし一番の強みは、芯のあるパワフルなサウンドにも関わらずヴォーカルの歌を邪魔しない、伴奏に徹することが出来る素晴らしい音質なところでしょうか。

 

音の特徴

このギターのサウンドは「ハニートーン」と呼ばれる軽やかで耳ざわりの良い音です。

中音域もよくでているため甘い音で、空間系エフェクターには最高にマッチします。もともと、ヴォーカリストの邪魔にならないように設計されているので、豊かな鳴りが魅力にも関わらず「ヴォーカリストに寄り添う」サウンドが、多くのギタリストに愛されています。

一方で、ローコードをピックで鳴らすとギブソンらしいガッツのある骨太なサウンドとなります。

音量的にも大きく、コードを鳴らせば骨太なサウンド。一方のアルペジオなどでもやさしい甘いトーンはアンサンブルを邪魔することなく、ピッキングニュアンスを最大限に表現してくれます。(しかし、よりアルペジオにこだわるなら、ダブの方がいいかも?)

また名機のギブソンJ-45に比べて、スクエアショルダーなので、一層キレのある大きなサウンドが出ます。

指で爪弾くと、このスクエアボディーのためにJ-45と比較して倍音成分が多く、高域も抜けが良く、エアー感のある甘いサウンドがします。これはハミングバードでしか出せない音です。

アンサンブルを邪魔しないハニーサウンドは、ピッキングニュアンスも表現しやすく、強いタッチでも歌を邪魔せず耳ざわりになることはありません。

また、現行モデルにはLR Baggsのピックアップが取り付けられています。シンプルな設計でありながら、音に忠実なクリアなサウンドを生み出しますが、ライブや簡単な録音の際にはPAやミキサー直結ではなく、LR Baggs Para Acoustic D.I. や BOSSのADシリーズに代表されるようなプリアンプを途中に使えば、簡単に素晴らしい音色が楽しめます。

ハミングバード愛用ミュージシャン

ハミングバードの愛用者としては、ローリング・ストーンズのキーズ・リチャーズが有名です。

ローリング・ストーンズの映画「ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌」のなかには2台のハミングバードが登場します。

大ヒット曲「悲しみのアンジー」のプロモーションビデオのなかでも、ハミングバードが登場します。

ハミングバードのサウンドを聞きたければ、この曲を聴くとハミングバードがどのようなサウンドか良くわかります(90年以降の、アンプラグド時期になるとマーチンになってしまいます)。

その他には、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、シェリル・クロウも定番ですね。

日本のミュージシャンでは、ゆず(北川 悠仁)、コブクロ(小渕 健太郎)、ウルフルケイスケ、福山雅治など、錚々たるメンバーが使用しています。

とにかく派手なルックスのハミングバード、見た目で直ぐ分かるので、どのようなサウンドがするかはテレビの音楽番組やYouTubeなどで簡単にチェックできると思います。

ギブソンのハミングバードの種類

ギブソン・ハミングバードは1960年に発売されました。

丸い肩のラウンドショルダーに変わって四角い肩のスクエアショルダーとしては、ギブソン初のモデルとなりますが、発売当初より多少仕様の違うモデルも存在しました。

ブリッジ

J−45に1961年から採用された「アジャスタブル・サドル」は、同年にハミングバードにも採用され、ノーマルなサドルを持つものとアジャスタブル・サドルを持つものの2種類が流通しました。

ボディー材の違うもの

トップ材はシトカスプルース、サイドとバックはマホガニーです。

中には、サイドに合板を用いた個体も混入しています。

1962年、1963年頃の個体にはサイドとバックにメイプルを使用した個体が存在しました。このギターのサウンドは「ダヴ」に近いサウンドで、弦鳴りを強調したようなアタック感のあるサウンドになっています。

その中でも、アジャスタブル・サドル仕様のものですと、更に強烈なビート感が生まれるアコースティックギターとなっています。

「ダヴ」はハミングバードの後継そして上位機種として2年後に登場したモデルで、サイドとバックにメイプル、スケールがロングスケールとなり、ブリッジの装飾もハミングバードとは異なる鳩のインレイが施されています。

ブレーシング

ブレーシングはシングルXブレーシングというタイプが採用されています。

1971年になるとブレーシングがダブルXブレーシングとなります。

強固になったブレーシングですが、サウンド的には音の締まりをよくするというより、鳴らないアコースティックギターと感じられるようになってしまいます。

(この頃から、ギブソンは暗黒の時代に入っていきます)

ですので、1970年代のハミングバードはヴィンテージ品出会っても購入しないようにしたほうが良いです。

ダブルXブレーシングはあまり評判がよくありません。

現在ではギブソン・カスタム・ショップも存在しており、発売当初のモデルを再現したものもあるので、そちらを購入したほうが良いでしょう。

ボディカラー

ボディカラーも発売当初はチェリーサンバーストフィニッシュのみでしたが、1963年にはナチュラルフィニッシュも追加されました。

現在では、もっと派手になったビッグ・スカイ・ブルーや、限定モデルとしてエボニーという濃いカラーのモデルもありますが、こちらのギターはゴールドパーツを採用して派手なルックスを醸し出しており、「ハミングバードといえば、基本はチェリーサンバーストの赤い色でしょ!」という声は未だに多く聞かれます。

 

■関連記事もご覧下さい!■

リッケンバッカーの種類や音の特徴とは?

グレッチの音の特徴や種類とは?

SGの魅力とは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■