今回はフェンダージャパンのストラトキャスターの評判は?というテーマで記事をお届けしていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

フェンダー・ジャパンの歴史

フェンダー・ジャパンは1982年から2015年3月まで存在した日本製フェンダー製品のブランドです。

当時はUSA製のフェンダーは高価で、現在のように簡単に手にいれられる物ではありませんでした。

フェンダーはフェンダーギターの海賊版を価格面で駆逐する事ができずにいました。

また、為替のためUSAフェンダーの製品は高価格になっていました。

そこで、日本を低価格なモデルの製造機拠点として販売することにします。

あこがれだった本物のフェンダーが低価格で手に入れられるため、人気は急上昇しました。

1982年に神田商会の仲介の元、富士弦楽器製造とフェンダーの共同子会社フェンダー・ジャパンを設立します。

この時に、フェンダーの筆頭株主であった山野楽器と神田商会も共同出資を行っています。

1997年日本のバブル崩壊後に、富士弦楽器は大きな負債を抱え、フェンダーメキシコ社とフェンダー・ジャパン社を売却します。

1997年に神田商会がフェンダーから、商標のコピーライセンス使用許諾を得てフェンダー・ジャパンを神田商会のプライベート・ブランドとしてスタートさせます。

2015年3月、フェンダーが日本支社のフェンダーミュージック株式会社立ち上げに伴い、フェンダー・ジャパンブランドは終了します。

2015年4月からは、フェンダー・ジャパン・エクスクルーシブとして日本国内限定モデルとして発売されています。

フェンダー・ジャパンの評判

フェンダー・ジャパンは中学生や高校生など、ギター初心者を中心に大ヒットしました。

とくに初期の富士弦楽器製造のモデルは、値段のわりに質も良かったです。

木材を使用しているため、どうしても個体差はでてくるのは仕方ありませんが、USA製を超えるクオリティを備えた製品もありました。

ヘッドにフェンダーの文字がしっかりと入っていました。

その当時は、MADE IN JAPANの文字はネックの裏に書かれていました。

これらの製品を使用して練習した層のプレイヤー達は、社会人になって本家USAモデルを購入する資金ができると、こぞってUSA製を購入しました。

ですので、入門モデルとして低価格でフェンダー製品を提供するというフェンダーの思惑は将来的に役に立ったわけです。

この時期に、海外で活躍するミュージシャンのシグネチャーモデルが発売されます。

・リッチー・サンボラ

・イングヴェイ・マルムスティーン

・リッチー・コッツェン

これらのモデルをメイン機材として使用されていることからも、本国に負けないクオリティーのものが出来上がっている証拠かと思います。

その分価格は初心者向けとはいきませんが。

1997年からの神田商会ブランド時期のころには、東海楽器や寺田楽器、アトランシアなどの外注で木工などの製造を行い、組み立てはダイナ楽器で行っていました。

(この時期のものはCrafted in Japanのものとなります)

2007年にダイナ楽器が設備投資を行い、木材加工も可能になります。

2008年からは完全にダイナグループ内で、製造を完成させることができるようになります。

(この時期のものはMADE IN JAPANのものとなります)

肝心のギターの音に関してですが、フェンダー・ジャパンは、ボディ材やネックの形状などが違いますので、やはり本家USAのものと較べると少し違います。

そこを割り切って使うのなら良い商品ですが、あまり過剰な期待を持つのは良くないです。

現在のジャパン・エクスクルーシブも工場のラインは同じですので、同じような音の傾向を持ちます。

一時期のシグネチャーモデルを狙うのもいいかもしれません。

近年の「Limited Collection」などこだわりをもったモデルもあります。

USA製のストラトはボディにアルダー材が使用されていますが、ジャパンのストラトにも同様のアルダー材が使われているモデルもあり、よく枯れたサウンドと形容されるストラト本来のサウンドが楽しめます。比較的手に入れやすい価格帯のモデルにはバスウッドが使用されており、こちらは目立った特徴は無いもののアンプやエフェクターでサウンドの加工がしやすく、さまざまなジャンルに対応することができます。

フェンダーストラトキャスターの初心者におすすめのモデルは?

エレキギター界の2大巨頭といえば、ギブソンとフェンダーです。

フェンダーのエレキギターの代表モデルであるストラトキャスターの中から初心者の方におすすめのモデルを調べてみました。

フェンダー生産国

フェンダーは生産国によってラインアップが異なります。

主な生産国は

  • アメリカ
  • メキシコ
  • 日本  となります。

スクワイアという廉価版のストラトキャスターもありますが、中国やインドネシアといった、アジア諸国のメーカーで生産されるモデルがありますが、あまり作りがよくないので初心者の方には難しいです。

アメリカ製はカリフォルニア州のコロナ工場で、製作されます。

フェンダーマスタービルダー達の技術指導により、アメリカンシリーズとアーティストモデルが作られています。

アメリカ製の中でも、フェンダー・カスタムショップは、コロナ工場の中でも特別に独立したセクションです。

カスタムショップ製のストラトキャスターは、最も高いグレードの製品となります。

マスタービルダー製のストラトキャスターは、ストラト使いと言われる人達のあこがれとなっています。

メキシコ製は、メキシコにあるフェンダーの直営の工場で生産されます。

木材の調達や工作機械、製造の工程はUSAと同じです。

カスタムショップのマスタービルダーによる技術指導が行われています。

日本製のモデルは、ジャパン・エクスクルーシブ・シリーズと呼ばれます。

2015年3月に廃止となった「フェンダー・ジャパン」が、日本国内限定販売の正規品として、フェンダーのラインアップに組み込まれたものです。

かつてのフェンダーの生産ラインを使っています。

ストラトキャスターのスタイル

ストラトキャスターにも

モダンスタイル
ヴィンテージスタイル
シグネチャー・モデル  というスタイルに分かれます。

モダンスタイルは、22フレットのフレット数をもち、フレットもやや太いものとなり、指板のRも緩いものとなり、2点支持のトレモロユニットとなります。

ヴィンテージスタイルは、21フレットとなり、指板のRもきついものとなり、6点支持のトレモロユニットとなります。

シグネチャー・モデルは、アーティストのモデルですので、それぞれに特徴を持たせています。

初心者におすすめのモデル

初心者の方は、安いモデルから選択されると思いますが、安いモデルはそれなりの難点があります。

ジャパン・エクスクルーシブは安いですが、本家フェンダーの音からすると少し違うサウンドになります。

フェンダージャパンから日本製Fenderの過渡期の間に生まれたシリーズで、わずか2年程度で終了しました。

フェンダージャパンはUSAにはない独自のモデルが存在することも魅力のひとつです。運営が本国と独立していたため、日本のマーケットと対象にしたものも多く、日本人の体格に合わせたようなミディアムスケールのストラトなどもありました。

ボディ材もバスウッドなどになり、ネックもやや細めのグリップになります。

フェンダーのロゴは入っていますが、音は違うという感じです。

メキシコ製のモデルは、昔は不評でしたが、その後本家USAの指導が入り、現在では良くなっています。

ですので、楽器店で各国のモデルを店頭で弾き比べてみて、値段と音が釣り合うものを購入しましょう。

■関連記事もご覧下さい!■

グレコのストラト・レスポールの音の特徴は?

グレコのギターの評判は?

トーカイのストラト・レスポールの音の特徴は?

トーカイのギターの評判は?

フジゲンのストラトの評判は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■