「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

子供へのギターの教える場合としては、クラシックギターでは幼児教育としての方法が確立されています。

親がギターを持っている場合には、弦を弾けば音が出るのでおもしろく、オモチャ感覚でギターに接していくことになります。

なかには、英才教育を行いイングヴェイ・マルムスティーンなどの速弾きもコピーしてしまうような子供もYouTubeで見ることが出来ます。

楽器は小さい時から始めた方が良いとされています。

ギターに限ったことではありませんが、子どもが楽器に興味を持つきっかけを、親がつくってやることが大切だと思います。音楽番組でもいいし、親が弾いているものを見て自分も弾きたい、と思ったときが始めるチャンスです。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターの大きさ

体の小さい子供に、大人用のギターをそのまま与えると大きすぎてしまいます。

ネックのスケールも長いので、手がローコードの位置まで届かないといったことが起こります。

また、ネックも太いのでコードが上手く押さえられないといったことがおこります。

その場合には、子供用のボディが小ぶりのものやネックの細いものから練習を始めます。

エレキギターでは、ピグノーズやフェルナンデスのZO-3などアンプ内蔵のモデルが発売されています。

フェンダーからもストラトキャスターのミニタイプのものが発売されています。

アコースティックギターでは、ヤイリやマーチン、ヤマハなど各社からミニギターが発売されています。

エレキギターの場合、歪んだ音が当たり前と思っている場合には、エフェクターを用意しましょう。

ヘッドホンを使って練習する場合には、耳を刺激しないよう大音量では練習することのないように注意してください。

ギターの教え方

ギターが用意できましたら、ギターを実際に教えていきましょう。

まずは自分が初心者の頃に戻ったときを思い出して、簡単なコードから教えていきましょう。

簡単なスリー・コードの曲などが良いと思います。

エレキギターの場合には、パワーコードを使ったバッキングのパターンなどを教えると良いと思います。

教える時には、あまりスパルタ式でやってしまいますと、子供は嫌になって簡単にやめてしまいますので、根気よく優しく教えるようにしましょう。

あくまで、幼児教育ですので、楽しく教えるようにしましょう。

飽きっぽいのは当然のことですので無理強いはいけません。最初から練習するのは大変だと思います。何よりも楽器に触れることが重要です。始めのうちはただ弾いて音を鳴らすだけで十分です。音を出して遊んでいるうちに音感が身につき、リズム感も養われてくると思います。

また、演奏のスタイルの幅も広く取って、色々なジャンルの曲を弾いて教えると良いと思います。

そこで簡単なアニメの曲のほんの一部でも弾けるようになると楽しくなってきます。弾けたことによる達成感が喜びに変わっていきます。そうすればどんどん好きになっていくと思います。この好きという気持ちを大切にしてあげてください。

そうすると、ギターには色々な可能性があるということが理解できるようになりますので、ギターの楽しさを教えることができます。

また、子供が弾きたいと言った曲や好きな曲を一緒に練習することで、モチベーションがまた一層と深まっていきます。

だんだんと弾けるようになってきたら、友達や親戚を集めてお披露目会をするようにすると、さらに楽しくなっていくことと思います。

本人の気持ちも大切ですが、ギターを教えてくれる教室に通わせるのもいいと思います。プロの先生は子どもの様子を見ながら、飽きさせないよう教えてくれるので上達も早くなります。音楽教室には貸し出し用のギターもありますし、続けられそうなら買い与えても良いと思います。高いギターを買う必要はありませんが、国内メーカーの出している入門用機種なら問題なくある程度の技術が身につくまで使用できます。

ギターは子供だと何歳くらいから教えればいい?


音楽において、早い時期からの音感教育によって音の認識力が活性化され、その後の音楽教育において有利になるそうです。このときに理論的なことを教えようとすると、ギターを弾くことが嫌になってしまうかもしれません。理屈より感覚を養うことが重要です。

 

村治佳織さんの場合

クラッシックギタリストの村治佳織さんの場合には、3歳のころから、お父さんにギターの手ほどきを受け、きびしい訓練を受けていました。

10歳からはクラッシックギタリストの福田進一氏に師事します。

一年後には、ジュニアギターコンテスト最優秀賞を受賞しています。

その三年後にはブローウェルコンクール国際ギターコンクール(東京)と東京国際ギターコンクールで優勝を果たしています。

その翌年にデビューリサイタルと、デビューCDを発売しています。

村治佳織さんのお父さんの村治昇さんは、ギター早期才能教育教室を開いています。

子供のギター教育の第一人者で、ギターの教本や早期ギター教育に関する書籍を出版されています。

村治昇さんの教室の場合には、4歳前後からレッスンを受けられるそうです。

4歳前後というのは先生の真似ができて、言葉が理解できる年齢ということです。

先生の真似というのは、ギターを先生と同じように押さえる事ができるということです。

言葉が理解できるというのは、コミュニケーションが取れるということです。

幼少期から始める影響

音楽教育は早いほど良く、ほかの子供とくらべて練習時間もながくなりますので、遅い年齢と始めた場合に較べると上達に差がつきます。

絶対音感も6歳までに適切な音楽教育をすることで身につくと言われています。

また、脳の発達に関しても、6歳で楽器を始めるのと、8歳で楽器を始めるのとでは大違いであると言われています。

幼少期に音楽に触れることで、脳は飛躍的に進化し、その子の障害に渡り大きな財産となることがわかっています。

4歳から7歳は小脳が発達する時期で、おけいこ事が非常に脳に良い影響を与える時期です。

早い時期にレッスンを受けた子供たちのほうが、IQテストや運動神経がよくなります。

また、手指の動きや両手の強調に関わる運動神経の臨界期は、7歳から11歳あたりだと言われています。

「きく」能力は4歳から6歳がピークとなり、その後は横ばいとなります。

なので、4歳から6歳くらいまでに、さまざまな音楽を聞き、歌い、弾く体験を重ねることで、バランス良く音に対する興味が育って、音感は理想的に育っていくと考えられています。

ただし、例外もあり、管楽器や声楽のように心肺機能がある程度発達するまで待った方が良いものもあります。

ギターもなるべく早く始めたほうが将来的に良い影響があるのではないでしょうか。

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ギター好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。