コンプレッサーは、いわゆるダイナミクス系と呼ばれるエフェクターです。

ダイナミクス系エフェクターには他に、リミッターやエンハンサーといったものがあります。

これらはエフェクターの中でも、音を変えるというよりも、音量・音圧を整える働きをします。

使い方としては一般的に、クリーンでのバッキングや、アルペジオなどで使用することが多いエフェクターになります。

歪みではあまり気にならないピッキングやポジション、弦によっての音の音量差がコンプレッサーを使うと調整してくれます。

またギターソロなどの単音で弾くときにもオススメです。

サスティンを伸ばしてくれるのでアンプのみでクランチ程度にしていたり、オーバードライブ程度の歪みサウンドの時には効果が大きいです。

少しうまくなった気がしますが、コンプレッサーの音に慣れすぎてしまうと上達にも影響が出てきますので練習の時はOFFにする事をお勧めします。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターのコンプレッサーの位置や順番は?

位置

他のエフェクターで音を変えた後にかけると、かかりが極端になってしまいます。

ギターになるべく近いところに置くのが基本です。

ですが、あくまで音圧よりも音程が優先されますので、ピッチシフター系のエフェクターよりは後につなぎます。

ピッチシフター系→ダイナミクス系

となります。

これらのエフェクターは音を整えたり、音程を補正するエフェクターです。

順番

コンプレッサーは音の強弱の差を縮小する効果があり、波形の一定にします。

音の粒が揃いますが、ノイズを拾いやすくなる傾向があります。

エフェクターを複数つなげる場合、本来は気にならない程度のノイズを大きくしてしまうのです。

・イコライザーを繋ぐ場合

 

 

 

 

 

イコライザーを繋ぐ場合には、基本的にはコンプレッサーの前です。

求める効果によっては、コンプを前に持ってくることがあります。

イコライザー→コンプレッサー

と繋いだ場合には、不必要な帯域をカットした後にコンプレッサーが働くために、音色の変化が大きくなります。

イコライザーでブーストした帯域にコンプレッサーが反応し、きれいに音圧が上がります。

ギターソロなどで使っている場合はこちらがオススメです。

コンプレッサー→イコライザー

と繋いだ場合には、平均化された音色に色をつけます。

小さな加減を付けることが出来ます。

イコライザーの前にコンプレッサーを持ってくると、音質の微調整はできますが、アンプにもイコライザーがあります。

そちらを使ったほうが良いと思います。

・ワウを繋ぐ場合

 

 

 

 

 

可動式のイコライザーともいうべきワウの場合ですが、オートワウの類はコンプの前に繋いだ方がより効果が発揮できます。

普通のワウペダルの場合は、コンプの前でも後でも大丈夫です。

歪みの後にワウペダル繋げている場合も、コンプ→歪み→ワウペダルで問題ありません。

・空間系を繋ぐ場合

 

 

 

 

 

ディレイやコーラス等の空間系と繋ぐ場合もコンプは空間系の前に繋ぎます。

でないと、残響音等が意図した減衰にならない事もあります。

また、基本的に歪みの後に繋ぐように設計されています。

コンプは基本的には歪みの前に繋げるので、その点からしてもコンプは空間系の前に繋いで下さい。

もちろん意図して変な効果を狙うのであれば、その限りではありません。

・ルーパーを繋ぐ場合

ルーパーの場合、音色を変えないのであれば、コンプの前でも問題ありませんが、そうで無い場合はエフェクターの最後に繋ぐ形がいいと思います。

最近はディレイ機能とルーパー機能を同時に使えるエフェクターも増えてきました。

その場合はメインで使いたい機能を中心に考えてください。

エフェクトや音色を優先したい場合は前に、一定で同じフレーズを繰り返す事を優先したい場合は後ろにという感じになります。

・歪みエフェクターを繋ぐ場合

 

 

 

 

 

よくあるのが、歪みエフェクターの後ろにコンプレッサーを繋いではどうかという場合です。

コンプレッサーは小さい音を大きくしてしまう傾向があります。

ノイズに対しては弱く、ノイズ対策に悩まされるかもしれません。

オーバードライブなどではそれほどでなくても、ディストーションやファズの後ろにコンプレッサーを繋ぐと、ノイズは最悪となります。

ノイズも演奏もどちらも同じ「音」として処理している為です。

今後ノイズは取り除いてくれるタイプが開発されることも期待したいですね。

効果に関してですが、コンプレッサーのセッティングによっては、パンチ感と音圧をコントロールしたサウンドや、ロングサステインを得るサウンドが得られます

さらに、上手くセッティングできるとチューブアンプっぽい歪みにする事も出来ます。

 

まとめ

エフェクターを繋ぐ順番には一応理想の順番がありますが、必ずそうしなければならないというわけではありません。

センス次第では、誰も出していないオリジナルサウンドを作ることが出来ます。

例えば上に挙げたディストーションの後に繋げた場合のノイズですが、シューゲイザーっぽい音に使えたり、単純にノイズを出したい場合にも使えます。

ノイズとディレイを使ったSE音にしても面白いです。

マルチエフェクターと違い、接続順を変えられるのもコンパクトエフェクターの良さです。

基本的な繋ぎ方を踏まえた上で、色々と試しみてはいかがでしょうか。

 

 

■関連記事もご覧下さい!■

ギターのコンプレッサーの位置や順番は?

ギターのコンプレッサーのオススメの設定や使い方とは?

ボーカルのコンプレッサーのオススメのかけ方や設定とは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■