1980年代にジャクソンは、フェンダーの弾きやすさ、取り回しの良さとギブソンのヘビーなサウンドを両立させ、多くの先進的な機能を独自の鋭利な意匠で、ハードロック・ヘヴィメタルの分野で人気を拡大しました。

2002年秋からはフェンダー社の傘下となり、フェンダー社の工場で製造をしています。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

歴史

ジャクソンギター創設者のグローバージャクソンは、ジャクソンブランドが成立する以前には、シャーベル社のクラフトマンでした。

グローバージャクソンの製作したギターはとても評判の良いものでした。

1978年にグローバージャクソンは破産寸前となっていたシャーベル社を買い取ります。

当時はLAメタルのブームの真最中であったので、それまでのギターに満足しない多くのギタリストがグローバージャクソンの工房のもとに集まります。

1979年末にグローバージャクソンのもとにオジー・オズボーンのバンドのギタリスト、ランディ・ローズが訪れます。

ランディ・ローズの頭の中にある今までにない斬新なデザインのギターを具現化するために相談しに来たのでした。

ランディ・ローズは、スケッチを書き出します。

グローバージャクソンはランディ・ローズがスケッチしたオリジナルギターを製作します。

鋭角なコンコルドヘッドストック、オフセットされたVスタイルのボディ、ホワイトフィニッシュとなり、今までのシャーベルとは大きくかけ離れたギターであったため、ヘッドロゴにはジャクソンロゴを入れることにします。

オリジナリティ溢れるデザインとサウンドはランディ・ローズのトレードマークとなります。

このギターに盛り込まれた特徴が80年代LAメタルの隆盛などを背景にアメリカを中心にブレイクし、トップブランドの仲間入りを果たします。

ギターの特徴

ジャクソンが開発したものは、コンコルド・ヘッド、コニカル・フィンガーボード、シャーク・フィン・インレイ、ディンキーボディ、スカーフジョイントなどです。

これらは、1970年代末にはなかったもので、エレキギターの世界では画期的なデザインとして高い評価を受け、数多くのギターメーカーに模倣されています。

コニカル・フィンガーボードは中でも特徴的でヘッドからボディへ向けてネックが円錐形に削られているというもので、ジャクソンのギターのネックは他社に比較して薄いネックになっており、指板はコンパウンド・ラディアスとなっています。

スルーネックが多いのも特徴となっており、優れたサステインを誇ります。

代表的ギター

・Soloist

ストラトキャスターを現代的にアレンジしたモデルの草分けで、スルーネック構造となっています。

・Dinky

Soloistとほぼ同様の外観ですが、ボルトネック構造になっています。

・King V

左右対称で鋭角的なVシェイプとなっています。

・Kelly

ギブソン・エクスプローラーに基づき、曲線美を取り入れつつも鋭角的にアレンジしたモデルです。

■関連記事もご覧下さい!■

ジャクソンのギターの評判とは?

バッカスのギターの評判とは?

ギルドのギターの評判とは?

SGの魅力とは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■