ポール・リード・スミスのギターは美しさと品質とを兼ね備えた、ハイエンドなプレミアムギターになっています。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

prsのギターの評判や音の特徴・種類について。

フレイムトップはボディトップの見る角度によって表情を変えます。

綺麗に揃った杢目から、ワイルドで大胆なキルト模様まであり、ポール・リード・スミス独自の塗装が相まって非常に美しく見えます。

また、10本に1本の美しさとして讃えられる特選の杢目を持ったメイプルを使用したギターには10topというグレード名が付きます。

フィンガーボードにはアバロンでかたどられる精巧なバードインレイがあります。

バードインレイは飛翔する鳥をモチーフにしたものです。

ギブソンのレスポールに近いルックスで同じような木材を使用しながらも重量感はありません。レスポールは3kg後半~4kgといったところですがPRSはストラトキャスターと同じく3kg前半~となっています。

ギターの評判は美しい仕上がりによってとても良いですが、ネックの形状に少しだけ特徴があり、自分の手に合うかどうかは実際に弾いてみなければわかりませんので、店頭で試してから購入するようにしてください。

音の特徴

PRSは基本的に自社でピックアップを作っています。

様々な用途に使える5way ロータリースイッチを採用していたり、タップ機能を持っていたりと多くのモデルが多機能になっています。

音の傾向としては、ギブソンやフェンダーのような特徴はありません。

粘り気があって温かい歪みや、ガラスのように透き通ったクリーンサウンドのギターです。

アンプやエフェクターに対して素直で、様々な音色が作りやすくなっています。

ハムバッキング仕様のため、粘りのあるウォームなトーンからタップスイッチにより一瞬でシングルコイルの透き通ったクリーンなサウンドに切り替えられることなどからも「フェンダーとギブソンの中間」などとも言われています。同じようなタップスイッチが搭載されたギターは数多くありますが、ハンバッキングのサウンドはメロウで深みのある太い音からシングルコイルの乾いた切れがあるサウンドを持ったギターはPRSをおいて他にはありません。万能選手のため音に個性が無い・・・ともいわれているようですがプレイヤーしだいで新たな個性が広がっていくギターと言えます。

PRS機種

・custon24/custom22

ダブルカッタウェイになっており、ストラトっぽいですが、ボディトップには美しいカーブを持っています。

様々な音色を一瞬にして切り替える5wayロータリースイッチを採用しているものが多く、多機能で人気のモデルです。

・Singlecut

レスポールに近い形をした、シングルカッタウェイのモデルです。

SC245,SC250 ,SC58などのモデルがあり、それぞれヴィンテージサウンドやモダンサウンドを意識した音に仕上がっています。

custom24の影に隠れていますが、とても良いモデルです。

・McCarty

ギブソンで輝かしい功績を残したTed McCartyの名を冠するモデルです。

ピックアップがタップすることが可能になっていまして、ハムバッカーで使用すると、甘く溶けるような温かい音になり、タップした時の音はストラトよりもクリアで透明なトーンを出します。

ボディのふっくらとしたシェイプがcustom24よりさらに美しく、サウンドホールと相まってヴァイオリンのような美しさを持っています。

・PRS S2

PRS USA製SEと言えるようなモデルです。

PRS CEとPRS 韓国製SEの中間にあたる価格帯のモデルとなっています。

ボディトップはベベルドトップとなっています。

ボディはメイプルトップ、マホガニーバック、ネックはマホガニーネックとなります。

木材のグレードは少し下がります。

フレットにはバードインレイがちゃんとあります。

気軽にPRSのギターを試してみたいという方にはおすすめ機種です。

 

小さなワークショップから始まったポールリードスミスは厳選された木材の使用によりステータスを感じさせるハイエンドクラスと位置づけられていましたが、フラットトップにして装飾を省いたり、また韓国で製造するなど廉価版でありながらも十分にプロユースもこなすといったモデルも登場しています。

 

■関連記事もご覧下さい!■

1・ESPギターの評判は?

2・suhr(サー)のギターアンプの評判は?

3・suhr(サー)のギターの評判は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■