フジゲン(フジゲン株式会社)は日本のギター製造会社で、1960年代後半からフェンダーやギブソンのコピーモデルを製造していました。

その中でもフェンダージャパンの製造を請け負ったことが最大の評価を得ることになりました。フェンダージャパンはUSA製をも超えるクオリティをもっており、現代でもその時代の製品はジャパンビンテージとして高く評価されています。

しかし2000年頃からオーダーギターの製作や自社ブランドのギターを製作、販売を行い現在はオンラインによるセミオーダーの製作の受注等を行っています。ギター以外にも和太鼓、オルゴール、車の内装なども製造しております。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

フジゲン製のレスポールタイプのコピーモデル

現在「ジャパンヴィンテージ」と呼ばれる1970年代の日本製のコピーモデルがあります。

その中でフジゲンが製作したギターの人気は高いです。

フジゲンが製作したグレコのレスポールタイプ(EG360)はプロギタリスト故成毛滋氏が注文、使用しました

成毛氏が最初にフジゲンが製作したグレコを使ったのは1970年頃です。

彼の手はかなり小さく指も短かったので、アメリカのフェンダーやギブソンのネックは太すぎてかなり弾きにく、日本のギターであれば弾けるフレーズもフェンダーやギブソンのギターでは弾かなかったそうです。

その話を神田商会(グレコは神田商会のブランド)に相談したところ、成毛氏のオーダーにそったレスポールタイプを製作、見事彼の手にフィットしたそうです。

成毛氏のオーダーは出来る限り薄いネック、そしてフレットも狭いもの、ネックジョイントはセットネックではなくボルトオンというものでした。

その音を聴いた人達(成毛氏本人含め)はEG360の方がギブソンより音がいいと評判になったと聞きます。

しかし、弾きやすいギターを弾けば、当然出る音も良くなって当たり前なのでは無いでしょうか?

「故成毛滋氏が弾いた場合はギブソンのレスポールよりグレコのレスポールの方が音が良かった」という事は間違いないと思いますが、当時のグレコはギブソンより音が良かったというのはいくらなんでも話を盛りすぎかなと思います。

また、当時のギブソンは音が全体的によりトレブリーな傾向があり、1960年代のレスポールの音を目指していたグレコのレスポールは当時の人達が「いい音」と感じるサウンドキャラクタ-だったからという事もあるかも知れません。

当時のコピーモデルとしては価格を考えると大変クオリティが高かったのは間違いありませんが、個人的にはこの時代のフジゲンが製作したレスポールタイプはやや過大評価を受けているように感じます。

しかし、この評判がかなり多く知れ渡り、グレコの売上が突然上がったそうです。

そこでグレコは成毛氏と専属契約を結ぼうとしたが、それは固辞されたものの、彼のより細かいオーダーギターを製作する事となり、フジゲンの当時の社長や工場長と打ち合わせし、その仕様で製作販売されます。

このギターは成毛氏による解説ソノシート(安価なビニールによるレコード)付きで売ったところ、さらに売れに売れて、グレコの国内のギターシェアが1割位だったのが7割まで上がったそうです。

こういったエピソードも当時のグレコ、つまりフジゲンのギターがやや過大評価される背景にもなっているのではないでしょうか?

しかし、その後グレコはより本物思考なレスポールモデルを製作するようになり、成毛氏とは袂を分かちます。

現在のフジゲンのギター

現在のフジゲンはオリジナルブランド「FUJIGEN」と「FGN」でのギターの製造、販売を行っています。

現在「Expert FLAME」というギターがレスポールタイプに該当すると思います。

Expert FLAMEはフジゲンが製作するギターには一部を除いて採用されている「サークルフレッティングシステム(CFS)の採用*1」が採用されている他、

ネックをボディにより深くセットする「ロー・セッティング・セット・アップ」、ハイポジションが弾くやすくするための「スムーズ・ヒール・ネック・ジョイント」も採用されています。

「Neo Classic Series 」はレスポールタイプに加え、フェンダー系ではストラト、テレキャスタイプなどのトラディショナルなモデルもラインナップされており、トップラッカーフィニッシュやSeymour Duncanピックアップが搭載されているモデルもあり、ビンテージギターにありがちなコモリ感はなく、明瞭なサウンドと豊かな倍音が魅力です。

 

*1サークルフレッティングシステム(CFS)

1弦と6弦の延長線上に交差する点を中心として、フレット、ナットをその同心円上の弧の形にしているもので、これにより弦とフレットが直角に交差し音の立ち上がりやクリアさが良くなります。

またネックはナット側は細く、ボディに近づくにつれて幅が広くなっていきますので最終フレット近くは、中心に近い弦と他の弦と同じ位置ではオクターブピッチが合わなくなってきます。それを解消したのがサークルフレッティングシステムです。

ボディはギブソンのレスポールに比べるとやや小ぶりな大きさですが、ひじょうによく鳴ります。

ある程度のギターであれば当然ですが、どのポジションでも同じように弾くことができます。

ネックのグリップも良くプレイアビリティの高さは1970年代のフジゲンのギターとは比べ物にならない位素晴らしくなっています。

出音はサークルフレッティングシステムの影響もあるのか、かなりクリアで、特に低音のクリアな感じはギブソンのレスポールのものとは大きく違います。

また、エフェクターのりも良く、現代の音楽にマッチした音になっています。

最良の木材を世界から買い付け、それぞれの特性に合わせた独自の乾燥システムにより表面から内部まで含水率を表面、内部ともに6~7%に保たれています。

新品で購入する場合は20万超えますが、現在のギブソンと同価格のギターよりワンランク上の作りになっているように個人的には感じます。

もし、ギブソンの音では無くフジゲンの音が好みであれば、かなりお得なギターになると思います。

■関連記事もご覧下さい!■

1・フジゲンのギターの評判は?

2・フジゲンのレスポールタイプの評判は?

3・フジゲンのストラトキャスターの評判は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■