フジゲン(フジゲン株式会社)は1960年代後半からフェンダーやギブソンのコピーモデルを製造する日本のギター製作会社でした。

2000年頃からは製作や自社ブランドのギターを製作、販売を行っています。

さらにオンラインによるセミオーダーの製作の受注、完全オーダーメイドの受注等も行っています。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

フジゲン製のストラトキャスターのコピーモデル

1970年代の日本製のコピーモデルの一部は「ジャパンヴィンテージ」と呼ばれ、フジゲン製のギターはその中でも高い評価を受けています。

フジゲン製のストラトキャスターのコピーモデルは同年代のフェンダーのストラトに比べるとやや太めな音となっており、オールド寄りの雰囲気があります。

またネックは同じ同年代のフジゲンのレスポールのコピーモデルに比べると握りやすくなっています。

その反面音ヌケはやや悪く、バンドで演奏する場合歪ませると音が聴こえにくくなってしまいます。

クリーントーンもしくはそれに近い音であれば、結構使える音だと思います。

他にも注意点はあります。

ピックアップセレクターですが、初期のものは3点式だったりするので購入の際には注意が必要です。

また、ピックアップの形、ピックガード等はサイズや形がフェンダーのものと微妙に違うものがあります。

付け替えたりする事が前提の場合はよく確認してみて下さい。

また、一部で不自然なほどこの時代のフジゲン製のギターを持ち上げている方もいますが、正直に言えば「あの時代」に「このクオリティ」で「この値段」であったから評価されただけで、フジゲンのギター製作技術は現在の方が格段に向上しています。

現在に比べると良質な材は仕入れやすかったと思いますので、もし購入を検討する場合は試奏や実際に現物を見て納得のできるものであることが前提となります。

「古い日本製のギターが欲しい」という動機であれば別ですが、そうではない場合は現行のフジゲンのギターを購入した方がいい物を手に入れられると思います。

現在のフジゲンのストラトタイプのギター

フジゲンはオリジナルブランド「FUJIGEN」と「FGN」という名称で、ギターの製造、販売を行っています。

15万円~20万円位の価格帯の「Expert ODYSSEY

10万円前後の価格帯の「J-Standard ODYSSEY」「Neo Classic NST

5万円台の価格帯の「Boundary ODYSSEY

というギターがストラトタイプに該当すると思います。

Expert ODYSSEY、J-Standard ODYSSEY、Boundary ODYSSEYは全てリアがハムバッカーでそれ以外はシングルピックアップという仕様ですが、Neo Classic NSTにはピックアップが全てシングルのモデルが用意されています。

Neo Classic NSTのリアがシングルのモデルは他のモデルよりストラト感があり、個人的にはこのモデルが一番気に入っています。

ピックアップ交換でタップ式でハム→シングルへ切り替え可能にすることも出来ますが純粋なシングルピックアップとはまた違います。

これらは全て「サークルフレッティングシステム(CFS)」が採用されています。

CFSとは1弦と6弦の延長線上に交差する点を中心として、フレット、ナットをその同心円上の弧の形にしているもので、音の立ち上がりやクリアさが向上するものです。

それ以外にも

・ネックをボディにより深くセットする「ロー・セッティング・セット・アップ」(J-Standard ODYSSEY、Boundary ODYSSEY以外)

・ハイポジションになるにしたがって指板のRが緩くなる「コンパウンド・ラディアス指板」(J-Standard ODYSSEY、Boundary ODYSSEY以外)

・ハイポジションが弾くやすくするための「スムーズ・ヒール・ネック・ジョイント」(Expert ODYSSEYのみ)

といった仕様のものがあります。

音に関してですが、どのフジゲンのギターにも言える事ですが、体感として同じ価格帯のワンランク上、もしくはそれ以上の音がします。

特に「Expert ODYSSEY」の音はひじょうに滑らかで澄んだ音がする上、エフェクターのりも良く、フェンク、ジャズやフュージョンにマッチした音となっています。

ただ、ノイズ等がひじょうに少ない分個人的には荒々しいロック向きでは無い気がしますが、その辺はセッティングや弾き方によるかも知れません。

また作りがしっかりとしている分メンテナンスもやりやすいです。

木材の選定が適当なメーカーの場合ネック調整をしてもすぐに沿ってしまったりねじれることもあるのですが、フジゲン製の場合はほとんどないと言ってよいでしょう。

こだわりがある分フジゲンオリジナルのパーツや仕様の箇所もあるのでメンテナンスを任せるショップ(クラフトマン)はそのことを良く知る信頼できる場所を見つけておくと良いでしょう。

本来ギターはチューニングをどれだけ正確に合わせてもどこかはずれてしまうような不完全な性質を持っています。

その部分に音楽性や人間性を求める場合は海外メーカーをオススメします。

まとめ

フジゲンのギターはよくも悪くも現代的といった感じとなります。

エフェクターやハイゲインアンプを多用する方には相性が良く、安定して良い音が出しやすいです。

逆にメンテナンスの行き届いていないアンプやエフェクターを使用している場合はフジゲンのギターの良さをうまく引き出せませんので注意してください。

なんにせよ、Expert ODYSSEY含むフジゲンのギターはギタリストの技量がはっきりわかるギターとなっています。

これを弾きこなせることが出来たのなら、かなりの技量と言ってもいいかも知れません。

■関連記事もご覧下さい!■

フェンダージャパンのストラトの評判は?

フェンダーのストラトの初心者にオススメのモデルは?

グレコのストラト・レスポールの音の特徴は?

グレコのギターの評判は?

トーカイのストラト・レスポールの音の特徴は?

トーカイのギターの評判は?

フジゲンのストラトの評判は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■