今回はアイバニーズのギターの評判や特徴は?というテーマで記事を書いていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

アイバニーズのギターの評判や特徴は?

アイバニーズ(Ibanez)は、星野楽器のギター・ベースに名を冠されるブランド名です。

最初期はIbanezの日本語表記は「イバニーズ」でしたが現在は「アイバニーズ」となっています。

1970年代後半は小田和正氏が在籍していたバンド、オフコースのギタリスト、鈴木康博氏にギターを提供し宣伝していました。

そして1980年代のヘヴィメタルブームが到来した時その渦中の1987年、スティーヴ・ヴァイ氏のシグネチュア・モデルJEM、そしてソリッドギターでは世界初の7弦ギター「Universe」を発表しその後のシーンに大きな影響をあたえ、また以降アイバニーズの看板モデルとなるRGシリーズを発表し人気を博します。

その他にもハイテクニック系のギタリストとエンドース契約を結んでいきますが、1990年代にはスティーヴ・ヴァイモデルの7弦ギターがモダンヘヴィネス系のコーン、リンプ・ビズキットらに使用されアイバニーズは7弦ギターも数多く生産します。

ギターだけでなくアンプやエフェクターを製作していますが、中でも銘記と呼ばれるオーバードライブのTS-9チューブスクリマーを作成していまます。

近年はエクストラロングスケールのギターや8弦、9弦ギター等あまり市販されていないようなスペックのギターを積極的に作っています。

アイバニーズは既存のものを作るだけでなく革新的で積極的なギターを作る姿勢は多くミュージシャンからの支持を得ています。

アイバニーズの代表的なギター

ではアイバニーズの代表的なギター、RGシリーズとSシリーズについて紹介します。

・RGシリ-ズ

1987年から現在でも製作しているロングセラーギターです。
ストラトキャスターのツノが尖がりボディのエッジは角ばったシェイプをしています。

ピックップはフロントがハムバッカー、ミドルがシングル、リアがハムバッカーという所謂H-S-Hと呼ばれる配置ですがセレゥターをフロント+ミドルもしくはリア+ミドルの位置にするとハムバッカーのピックアップが自動でコイルタップされるようになっています。

このアイディアはスティーブ・ヴァイ氏が提案したと言われています。

ブリッジはロック式フローティングトレモロです。

今では普通ですが、ロック式トレモロをボディをザグッて低く取り付ける方式を最初に行ったのがこのRGシリーズとJEMシリーズです。

こちらもスティーブ・ヴァイ氏が提案したと言われています。

基本ハードなロックかつテクニカルなプレイに向いたギターですが、価格も安価なものから30万近いものまであるのも大きな特徴です。

・Sシリーズ

SシリーズはRGシリーズのボディを薄くしたようなギターです。

RGシリーズはボディの木材はマホガニーを使用していますが、Sシリーズはトップにメイプル、バックにマホガニーを使用していまます。

これはレスポールのボディと同じ構造です。

これにより薄いボディでも芯のある音を出せるようになっています。
ピックアップ等は基本RGシリーズのものと同じです。

AZシリーズFRシリーズなどメイドインジャパンの上位機種が発売されています。

また小型の「トイ・ギター」などもありますので興味のある方は手に取ってみてください。

他にもヘヴィネス系向きの多弦ギター、エクストラロングスケール等新しいものも多いので是非楽器屋等でチェックして下さい。

アイバニーズのギターは初心者におすすめ?

アイバニーズ(Ibanez)は、星野楽器のギター・ベースに名を冠されるブランド名で最初期の日本語表記は「イバニーズ」でしたが現在は「アイバニーズ」となっています。

1980年代以降スティーブ・ヴァイ氏やジョー・サトロリーニ氏といったハイテク系のギタリストのシグネイチャーモデルを多く輩出しています。

ポール・ギルバート、ポール・スタンレー、アンディ・シモンズ、キコ・ルーレイロといった名だたるギターリストと共に

その時代時代のギターを作り続けています。

また市販されたものでは世界初の7弦ソリッドギターギターや、より低音を綺麗に出すためのエクストラロングスケールギター、8弦、9弦といった多弦ギターも製作しています。

こういった革新的で積極的なギターを作る姿勢は多くミュージシャンからの支持を得ています。

アイバニーズのギターは初心者におすすめ?

上記の話だけを見るとアイバニーズのギターは上級者、それもハイテク系の人向けで初心者には向いていないように見えるかも知れませんがそんな事はありません。

むしろサウンドバリエーションが多いので、最初に購入するにはかなり適しているものも多くあります。

ただ初心者の方の場合、ロック式トレモロユニットは弦交換のハードルが高いので、ブリッジはロック式トレモロでは無いタイプを選んだ方が無難だと思われます。

そういった事を踏まえていくつかオススメのアイバニーズのギターをご紹介します。

アイバニーズの初心者におすすめのギター

・RG421 CW / RG421 EX

アイバニ-ズの代表的なRGシリーズですが、価格は5万未満に抑えれています。

トレモロユニットは取り付けられておらず、ピックアップもフロントとリアにハムバッカーがあるシンプルな2ピックアップです。

難しい事は考える事も無く使えると思います。

・RG7421PB

上記RG421 CW / RG421 EXの7弦バージョンです。定価は7万5千円ですが、実売価格は6万を切ります。

このクオリティでこの価格の7弦ギターはかなりのものです。

初心者でKoRnやLimp Bizkitといった7弦ギターを屈指するアーティストをコピーしたい人にはかなりオススメなギターです。

・GRG170BBW / GRG170BSW / GRG170DX

“ステージへ最速”をコンセプトとする、楽器をこれから始めるエントリー層に向けたシリーズ”と銘打った初心者向けのモデルです。

しかし、ピックアップはH-S-H、ハーフポイントになると自動でタップされるというRGシリーズと同じ仕様というかなり本格的な仕様です。

また、ブリッジはトレモロユニットが付いていますが、ロック式では無いので弦交換も簡単で初心者に扱いやすいものとなっています。

それでいながら販売価格は約2万5千円という安さです。
初心者の方は是非検討してみて下さい。

■関連記事もご覧下さい!■

フェルナンデスのギターの評判は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■