イコライザーとは、音の特定の周波数のレベルを「ブースト」または「カット」するエフェクターです。

音響の世界では、コンプレッサーと並んで原音を加工するための、代表的なエフェクターと言えます。

もちろんエレクトリック・ベースの演奏にも必要なエフェクトですが、ベース・アンプに装備されているもの、ストンプ・タイプのもの、ミキサーで最終補正を行うもの、イコライザーでも様々なものがあります。

今回はベースのサウンドメイクから演奏にも使える、Boss GEB-7はベース用のグラフィック・イコライザーについて書いていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギタ-用GE-7の周波数帯を変えたもの

ストンプ・タイプのイコライザーとして有名なものは、1981年にBossから発売されたGE-7があります。

これはとても高い評価を得ており、現在でも売れ続けているロングセラー機種です。

発売当時は、「これでレスポールの音もテレキャスターの音も、同じギターで出せる」と言われたそうですが、さすがにそこまでは無理があります。

現代のイコライザーの性能でもかなり厳しいと思います。

ただ、アンプだけでは出来なかった、積極的な音作りが可能になったのは事実と言えるでしょう。

そもそも、アンプのイコライザーは、プリアンプ的な要素が強く、基本的な音を作る、言い替えれば「よりギター/ベースらしい音にする」もので、GE-7を使うことで詳細な設定が出来るようになりました。

そして、このGE-7の周波数帯域をベース用に変更したものがGEB-7です。

実はGEB-7以前にも、BossはGE-7Bというグラフィック・イコライザーを発売しています。

筐体の色が異なるタイプで(GEB-7は白、GE-7Bは黒)、そしてブースト/カットが出来る周波数帯域の違いがありました。

GE-7Bは1987年に発売され、1995年にこのGEB-7に切り替わっています。

GEB-7の機能

ギター用グラフィック・イコライザーのGE-7は、中心になる周波数を設定し、その上下にオクターヴ違いとした周波数帯域を配置しています。

GEB-7は、GE-7とは違って中高音域を重視した設計になっており、さらに高音域と低音域を広げたような周波数帯域の配置になっています。

ブースト/カット可能な周波数帯域は、50Hz、120Hz、400Hz、500Hz、800Hz、4.5kHz、10kHzの7バンドとなっており、それぞれ±15dBブースト/カットが出来ます。

これは、ストンプ・タイプでは、かなり幅広くカバーされたイコライザーと言えます。

そして、全体音量を調節するLevelがあります。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、BossのYouTube公式チャンネルにGEB-7のデモ演奏をしている動画がアップされています。

スタンダードな使い方から、極端な音質変化までが分かるかもしれません。

他にもかなり参考になるデモ動画がアップされているので、興味を持たれたら覗いてみてください。

「Boss GEB-7」で検索するとヒットするはずです。

多弦ギターやダウン・チューニングのギターに使える

ベース用に低音域に特化した設計ですので、実は全音/半音ダウン・チューニングしているギターや、7弦(以上の)ギターなどの低音を発音させるギターの場合には、ギター用のGE-7を使うよりもGEB-7を使った方が、より低音域を効かせたサウンドメイクがしやすいです。

ギターとベースでは同じ弦楽器で、波形も似ているとは言え、ロー/ミッドの帯域に違いがあり、低音域を出すギターは、ベースに近いと言えます。

もし、そのようなギターを使っていて、GE-7のサウンドメイクに納得されていなければ、GEB-7を試してみて下さい。

飛び道具、常時使用どちらもOK

一箇所のみ意表を突いたサウンドを出すような飛び道具としての使い方も面白いと思います。

また、楽曲や、その途中で極端にトーンを変える場合はもちろん、或いはベースを持ち替える場合などの微調整にも幅広く使用できます。

直感的な操作性に加えて、効きも非常に良いので、宅録時のサウンドメイクからライブまで対応可能です。

自分は、ピック弾きの楽曲と指弾きの楽曲で、音を変えたい時に使っています。

また、スタジオやライブハウスの備え付けアンプを使用する人には、コンプレッサーとGEB-7があれば、どのアンプでもある程度自分のイメージする音に出来ると思います。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■