MXRはBOSSやエレクトロハーモニクスと並ぶ世界的なエフェクターブランドです。1972年に創業したMXRは、革新的なエフェクトペダルを開発して世界中のエフェクトペダルメーカーに影響を与えました。アタッチメント(エフェクター)と呼ばれていたころは、シルバーやブラックといった単調なものが多かったのですが、カラフルに色分けされた見た目と多彩なサウンドと耐久性は世界中のギタリストたちに支持されていきました。

MXR M132 SUPER COMP Compressorはギター/ベース用コンプレッサーです。
今でも世界で多くの人に使われているMXR DYNA COMPをより発展させたものです。ヴァンヘイレン、ランディーローズの使用が有名です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

アタック音の調節が可能に

小さい音は大きく、大きい音は小さく、音を圧縮するのがコンプレッサーです。結果的に音量が均一化し弾きやすく聞きやすく、独特なアタック感とロングサスティーンが得られます。パコン といった音として語られるサウンドはクリーントーンのカッティングに有効で、独特の気持ちいいサウンドが特徴です。

DYNA COMPだとアタックの量は調節できないので、コンプの量とともにアタックが潰れていき、バンドの中で音が聴こえにくくなってしまいます。

このSUPER COMPでは「ATTACK LEVEL」というコントロールを追加してアタック音を調節できるようになっています。

このATACKとリリースの独立したコントロールにより、歪みの少ないサスティーンが得られます。立ち上がりのアタック感の調整ができるようになりました。
このアタック音の調節はベースにおいてはかなり重要です。

コンプかけてアタック音が潰れてしまうのと、特に8ビートのルート音が続くような場面ではルート音の持続音しか聴こえなくなります。

そうした場合アタック音を上げる事により8ビートの刻みが聴こえるようになります。
これだけで、SUPER COMPはDYNA COMPに比べるとひじょうに使いやすいものになっています。

これは個人的な経験で作られた時期にもよるとは思いますが、DYNA COMPに比べるとSUPER COMPはノイズも少なく感じます。

SUPER COMPの基本機能

コントロールノブは下記の3つです。

・OUTPUT 音量を調節します。
・SENSITIVITY 入力された信号の圧縮率を調節   コンプの量を調節します。
・ATTACK LEVEL アタックのアッテネーション・レベルを調整   アタック音を調節します。

先に挙げたようにOUTPUTとSENSITIVITYはDYNA COMPと同じですが、それにATTACK LEVELが追加されています。

ちなみにATTACK LEVELをゼロにしてSENSITIVITYを上げるとDYNA COMPっぽい音にもなります。

実際の音

上に挙げた通りアタックレベルがゼロの場合はDYNA COMPの直系のような感じですが、実際の音はアタックを調節すると、DYNA COMPとは大きく違ってきます。

DYNA COMPより、かなりいい感じにナチュラルなコンプがかかります。
反面あまりエグいコンプはかからないのと、少々音痩感があります。

公式のYouTubeのチャンネルでベースを使った動画が無いので、「MXR SUPER COMP BASS」「MXR SUPER COMP BASS review」等で検索してみて下さい。

総論

SUPER COMPは販売価格が10,000円切るところもあるので、そういった意味では手軽で尚且つ使いやすいコンプと言えるとは思います。

しかし、自分は基本的にはギター用の作りだと感じるので、あまりベース用コンプとして使える感じはしません。

同じMXRであれば値段は倍になりますが、M87 Bass Compressorの方がコンプがかかる帯域やその他多くのパラメータがあり、かなり突っ込んだ音づくりが出来ます。

さらにその価格帯であれば定番中の定番、EBS MultiCompもありです。
また、SUPER COMPと同じ価格帯であればTC ELECTRONICのSpectraComp Bass Compressorの方がよりベース向けで、スマホがあればいろいろなタイプを使う事も出来ます。

「SUPER COMPの音が最高」と思える人でないとちょっとベース用としては厳しいと思います。

ただ、これは僕の個人的な感想ですので、気になる方は実際に試してみて下さい。
自分にとって究極のコンプかも知れない可能性はあります。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■