ライブを見るとちょっと見ただけで「ここのベーシスト上手い!」とわかってしまう時があります

そうしたベーシストの人達にはいくつかの共通項がありますが、それを今回はご紹介します。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ベースが上手い人の特徴とは?

リズムがいい

ベースはメロディ楽器であると同時にリズム楽器でもあります。

リズムが悪いとせっかくカッコいいフレーズを弾いてもあまりカッコ良くなりません。

しっかりとしたリズムが土台となっているベースはやはり上手いしカッコいいと思います。

余談ですが、この「リズムのよさ」はベースに限らず全ての楽器に言える事です。

「ギターはメロディ楽器だからメトロームで練習なんかしないよ」という人は楽器が何たるかわかっていないので、そういう人とはバンド組まないようにしましょう。

ダイナミクスがある

曲に強弱が無いとノッペリしてしまい、カッコいい曲でもカッコ悪く聴こえてしまいます。

ベースとドラムは曲のダイナミクスをつける上でとても重要な役割を持っています

押したい場所は大きく音を出し、そうでない場合は小さい音で弾かなければ曲の土台が成り立ちません。

パンクバンドのような全部同じ大きさの音で弾いているようなバンドでも、うまいバンドはその中でもちゃんとダイナミクスを持って弾いています。

休符をちゃんと「弾いて」いる

よく言われる事ですが、「休符を弾く」事が出来るとかなり上手く聴こえます。

8ビートだけやっていると中々この休符を弾く意味はわかりにくいですが、ファンクやモータウンあたりを聴くと、やたらこの休符が上手い、あるいはカッコいい人達がたくさんいます。

休符もただ音を止めるだけでなくリズムに乗せる事が出来ている人はかなり上手く見えると思います。

例えばレコーディングした時、弾いていない部分をリズムに合わせて無音にしたりすると、それだけで上手く聴こえるようになります。

それだけ休符は大事ですし、うまく出来れば上手いプレイとなります

ベースと上半身の位置・角度が一定

上手いベーシストは、上半身とベースの位置、角度が一定です。

例え派手に動いていても、その位置関係は変わりません。

激しくネックと上半身の角度が変化する人はこの部分に気を付けてみて下さい。

運指に無駄がない

無駄な動きがあれば無駄な力がかかり、なめらかに体は動きません。

これは運指においても同じ事です。

上手いベーシストの運指は無駄が無く力も抜けてひじょうに美しいものです。

上記全てが当てはまった上にアピールできる技がある

上記全て満たしただけでも、その人はきっと上手く見えると思います。

しかし、さらにそこに、その人ならではのワンポイント技(ベースを弾くテクニックだけでは無く、見せ方等)があればさらに上手くカッコよく見えるでしょう。

例で言えばは9mm Parabellum Bulletの中村和彦さんはギターソロになった瞬間ベースを投げ捨ててシンバルを叩きまくるようなプレイをしたりするのですが、それは彼の上手さがあるからこそ成り立つカッコ良さです。

そんなベーシストになりたいものです。

ベースのミュート奏法のやり方と練習の仕方。

よく「休符を弾く」と言いますが、その休符を弾くための必要な技術のひとつが弦のミュートです。

今回はそのミュートについて説明します。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

ミュートとは

ミュートとは基本的には余計な弦や音を出さないようにしたり音を意図的に切ったりする技術です。

これがうまく出来ないと、出したい音以外の弦が鳴る事によりフレーズの歯切れが悪くなったり、リズムが悪くなったり、音ヌケも悪くなったりします

ミュートがうまくできるようになると音の長さをコントロールでるようになり、よりリズムがタイトでカッコいい演奏が出来るようになります。

そのため、ベース(もちろんギターもですが)を弾くためには必須の技術と言えます。

ミュートのやり方

ミュートには弦を押さえる方の手(右利きであれば左手)で行う方法と弦を弾く方の手(右利きであれば右手)で行うの2つがあります。

・弦を押さえる方の手でやる方法(右利きの場合左手)

指で弾く場合やスラッププレイの場合はこちらのやり方がメインとなります。

基本的にはミュートしたい弦に軽く触れて弦の振動を止めます。

どの指で行うかはフレーズや状況次第となります。

解放弦を止める時には弦を押さえる手全体で弦全てを軽く押さえます。

注意点はハーモニクスポイント、特に5フレット、7フレット、12フレットあたりを軽く押さえるとハーモニクスが出てしまいミュートしても音が出る事になってしまいます

このあたりのフレットの真上は避けてミュートして下さい。

・弦を押さえる方の手でやる方法(右利きの場合右手)

指弾きの場合はエレキギターではあまり使用されないミュート方法、アポヤンド奏法があります。

例えば人差し指で1弦を弾いた場合、人差し指は2弦で止めて、中指で1弦に触れ音を止める方法です。

これが自由自在に出来るとかなり綺麗にミュ-トが出来るようになります。

ファンク等のリズム系であれば必須のテクニックです。

他には手のひら全体で弦の振動を止める方法もあります。

間違って他の複数の弦を鳴らしてしまった時には効果的な方法です。

ピック弾きの場合はピックを持っている手の側面等を使って弦をミュートします。

・ミュートしながら弾く

弦をミュートしながら弾くと音が途切れて独特のグルーヴを出す事が出来ます。

これはピック弾きの方が簡単で、ピックを持つ手の側面で弾く弦を押さえピッキングする事で出来ます

しかし指弾きの場合はこの方法は親指だけで弾く時以外は出来ません。

指弾きでミュートしながら弾く方法は押弦している指の外側(人差し指で押弦しているのであれば中指、薬指、小指、中指で押弦しているのであれば薬指、小指)で、弦に軽く触れた状態で弦を弾く事でミュートしながら弾く事が出来ますが少々難易度は高いです。

音を伸ばす事も重要

繰り返しになりますが、意図的に「音を伸ばす」「音を切る」は楽器において必須要綱です。

ミュートを覚えると同時にしっかり音を伸ばす事も出来るようにして下さい。

音を伸ばす場合もただ伸ばすのではなく、伸ばす音の長さをしっかり考え、その長さに到達した時にしっかり音を切りましょう。

ただ伸ばすだけではプレイが散漫になってしまいます

気を付けましょう。

ベースのバンドにおける必要性・役割とは?

昔「ジャンケンで 負けた私は ベーシスト」という川柳がありました。

これは当時友達とバンドを組もうとするとギタリスト希望の人ばかりでベース希望の人がいないため、ギター希望者でジャンケンを行い、負けた人がベース担当になるといった状況を揶揄したものです。

別の話ですがビートルズのポール・マッカートニーは元々ギタリストでしたが、前任者が抜けたためベーシストになりました。

その事が「ポールがベースを弾きたいから前任者をいじめて追い出した」という噂になったのですが、その噂についてポールは「僕らの世代だとベーシストは髭を生やしパイプを咥えている地味な人というイメージが強かったので、追い出してまでやりたいものでは無かった」と語っています。

このように、1960年代から1980年代前半までロックバンドにおけるベースはギターに比べて重要視されず、ジャック・ブルースやジョン・エントウィッスル等の一部のプレイヤ-以外は地味な存在でした。

もちろん、ジャズやファンク、フュージョンではベースの存在は大きかったのですが、そういったリズム重視の音楽は、メロディを重要視しすぎる当時の日本ではロックミュージシャンほどは注目されませんでした

しかし、その後の世代の人達はリズムに対してひじょうに鋭敏な感覚を持っている人が増え、ベースに対してネガティブなイメージを持つ人が減り、特に音楽をやっている人や聴きこんでいる人であればベースがいかに重要か理解しています。

今回はそんなベースの必要性を役割についてあらためて考えたいと思います。

バンドにおけるベースの必要性

音楽においてベースは必ずしも必要な楽器ではありません

かの有名なプリンスの曲でもベースが無い曲は結構多いのです。

そして、それはロックバンドでも同じです(ここでいうロックバンドとはドラムがいるバンドと定義します)。

ヴォーカル+ギター+オルガン+ドラムの編成のThe Doors、ギター&ヴォーカル+ドラムの2ピースバンドのThe White Stripes、Blood Red Shoes等ベースのいないバンドも数多くあります。

またジミ・ヘンドリックスの有名なブルースナンバー「Red Boots」はベースのジョニ・ミッチェルはギターの低音弦を弾いているだけでベースは弾いていません。

「ベースがいないと音が軽くなる」と言う人もいますが、これらの音を聴けばそうは思わないと思います。

但し、ベースがいない場合は本来ベースが担うはずの低音を別の楽器で出しています。

つまり「ドラムが存在するバンドにおいて、ベースという楽器は必要性は必ずしも無いが、ベースが担う低音部分は必要性がある」という事が出来ます。

もちろん曲によってわざとそういった低音部分を無くす事はありますし、弾き語り等においてはその限りではありません。

ただ、これはギターにも言える事でロックバンドにギタ-は必ずしも必要ありません

古いところではアーサーブラウンや、エマーソン・レイク&パーマー等ギターレスのロックバンドも多く存在します。

こういったバンドではギターの代わりに鍵盤を使用する事が多いです。

バンドにおけるベースの役割

では、ベースが担う低音部分は何の役割を果たしているのかと言うと、それはリズムです。

例えばEDM等ダンスミュージックを聴くとかなり低音部分が強調されている事がわかります。

低音が強い音は体にリズムを感じやすくさせるのです。

しかも、ベースとドラムで別々なリズムを弾けるので、より複雑で面白いリズムだったり、あるいはシンプルに合わせる事により踊りやすくしたりする事が出来ます

また、知っての通りベースはメロディが弾けます。

それにより、ギターと一緒に演奏する場合、ギターと同じフレーズを弾いてそのフレーズを強調したり、対位法を使ってカウンターメロディを弾いて広がりを持たせたり、あるいはコードのルートを別の音を弾く事によって雰囲気をカラフルにする、その他いろいろありますが、曲をより演出する事が出来るのです。

こうした事からベースは曲の主導権を持っていると言っていいでしょう。

バンドにおけるベースの役割はまさに屋台骨だと思います。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■