「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

今回はベースの裏通しのメリットと改造方法についてを見ていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ベースの裏通しのメリットと改造方法について。

ジャズベース、プレシジョンベース、サンダーバードベース、SGベース、リッケンバッカー4001等数多くのベースはブリッジに引っかけて弦を張ります。

しかし、時折ブリッジの後ろに弦を通すを穴ボディに空けてそこから弦を張る改造を行っているベースがあります。

これを「裏通し」といいますが、どうしてそのような事をするのでしょうか。

裏通しのメリット

まずは「弦のテンションが稼げる」という事が大きいと思います。

例えばダウンチューニングすると弦のテンションが緩くなりプレイしにくく感じる人がいます。

弦をより太いものにする方法もありますが、やはり使い慣れている弦の太さがいい場合はこの裏通しが役に立つと思います。

また、ミディアムスケールやショートスケールのベースを使っている場合で弦のテンションが緩いと感じる場合も裏通しにするといい感じのテンションになる可能性があります。

また、ブリッジ近くでゴリゴリピックングするタイプの人はテンションが高い方がピッキングしやすいので、そういう人もベースを裏通しに改造してみてもいいと思います。

裏通しのデメリット

デメリットはメリットと同じではあるんですが、テンションが高くなるため、逆に弾きにくく感じる人もいると思います。

今自分のベースの弦のテンションが気に入っているのであれば、裏通しにする必要は無いでしょう。

そして弦交換が面倒になります。

ブリッジから弦を通すのであれば弦交換の際ベース本体を裏返す必要はありませんが、裏通しにした場合当然ボディの裏から弦を通すので、ボディをひっくり返して弦を穴に通し、ボディの表に弦が出たらそれを引っ張るといった作業が必要になります。

わりとこれは面倒な作業です。

そして最大のデメリットは「ボディに穴を空ける」事に他なりません。

ボディに改造をしなくないのであれば、裏通しに改造する事はやめたほうがいいと思います。

サスティンが良くなるって本当?

ある一部の界隈から裏通しするとサスティンが良くなるという事を言っています。

これは、全く間違いでは無いのですが、必ずサスティンが良くなるわけでは無くむしろ減る場合もあります

こういったものはケースバイケースですので、サスティンを良くしたい場合は別の方法も検討したほうがいいと思います。

改造方法

裏通しの改造の方法は2つあります。

それはブリッジの真下に穴を空ける方法とブリッジの後ろに穴を空ける方法です。

ブリッジの真下に空ける方法は、裏通し用のブリッジを購入し、そのブリッジの穴の位置にボディに穴を空けます。空ける大きさは弦を通すためのストリングブッシュが入る大きさです。

その後ストリングブッシュを入れて完成です。

ブリッジの後ろに空ける場合は弦とブリッジの角度がちょうどよくなる位置にストリングブッシュが入る大きさを空けてストリングブッシュを入れて完成です。

ブリッジは同じものを使用します。

自分で工具が無い、もしくは穴けるのが怖い場合はリペア屋さんに頼む方法がいいと思います。

最後に

裏通しをしたけど、前と変わらない、もしくは悪くなった場合ですが、ブリッジの下に穴開けたケースであればブリッジを元のものに戻せば問題ありません。

ブリッジの後ろに穴を空けた場合も、普通にブリッジを使えば裏通ししていない状態と同じです。

ボディに穴を空ける事に抵抗が無い人はやってみてもいい改造かと思います。

ベースのテンションを上げる・下げる方法とは?

話は変わりますが、ベースの弦のテンションを上げる、もしくは下げる方法についてです。

ベースの弦のテンションを上げれば、音程が安定し弦高も下げやすくなる半面弦を押さえにくくなります。

またテンションを下げた場合はフィンガリングがやりやすくなる半面音程は不安定になりやすいです。

自分にあった弦のテンションを調節して、よりベースをプレイしやすく調整して下さい。

テンションを上げる方法

・太い弦を張る

これはすぐ理解してもらえると思いますが、弦が太ければ単純に張力が増すのでテンションは上がります。

ただ、太い弦を張った時にナットの溝があっていないとビリビリ言うと思います

そういった場合はナットの調整をして下さい。

・ブリッジに弦をボディの裏から通すようにする

所謂「裏通し」です。

これはブリッジでの弦の角度が大きくなる事でテンションが増えるからです。

また、単純に弦高を上げてもテンションは上がります。

テンションを下げる方法

・細い弦を張る

先ほどと逆です。

細い弦を張れば張力は減りテンションは下がります。

・チューニングを下げる

同じ弦でもチュ-ニングを下げる事によって弦のテンションを下げる事が出来ます。

チューニングを上げてテンションを上げる事も可能ですが、ネックの負担が大きくなるので、やる人はあまりいません。

・弦高を下げる

弦高を下げる事でテンションを下げる事が出来ます。

しかし、弦高が下がりテンションが下がるとビビりやすくなっていくので、その辺は調整してみて下さい

・短いスケールのベースを使う

これはベースの調整ではありませんが、スケールが短かければ長いものよりテンションは下がります。

ミディアムスケール、ショートスケールのベースを使用してみて下さい。

(見出し)最適なテンションは?

最適なテンションというのは人によってかなり違うと思いますが、ある程度強引にその目安を述べたいと思います。

・テンションが高いセッティングが望ましいスタイル

スラップはテンションが高くないと音が出にくくなります。

スラップを多用する人は高いテンションにした方がいいかと思います。

また、ファンク系の場合もテンションが高い方が弦を弾きやすく音を綺麗に切りやすいです。

・テンションが低いセッティングが望ましいスタイル

ドゥーム系やヘヴィネス系はダウンチューニングが基本になります。

また、特にドゥーム系は弦が緩い時の独特の音が必要です。

また、ストーナー系も同じように緩い弦の音があった方が雰囲気が出ますので、こちらも弦のテンションは低くした方がいいと思います。

特定のジャンルを演奏していない場合

もし特定のジャンルを演奏していない場合やどのテンションにしていいかわからない場合は、弦のテンション低い方が向いているジャンルは限られているので、弦のテンションは普通か高めにしておいた方がいいかと思います。

ただし、弦を押さえる手がすぐ疲れてしまうようであればテンションは下げましょう。

ベースでの作曲方法やコツについて。

さらに話は変わりますが、最後にベースでの作曲方法について見ていきましょう。

作曲といえば普通はギターや鍵盤で作る事がほとんどです。

それはメロディに対してコードをつけやすいという利点があるからです。

ではベースで作曲は出来ないかというとそういう事もありません。
ここではあえてベースで作曲する方法を考えてみます。

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ベース好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。

鼻歌と一緒に作る

これはギターでの作曲方法と同じですが、鼻歌を歌って、それに合うベースラインを作っていく方法です。

ギターに比べるとやりにくいですが、出来ない事はありません。

最初はコードのルート音だけを弾くような感じで合わせていくといいです。

最終的なコードはバンドで合わせてつけるか、ギターや鍵盤のメンバーにつけてもらうのもありですが、そのベースラインと鼻歌を録音して、コードを拾ってくれるアプリ等を使用してコードを取るのもいいと思います。

コード取った後はコード進行がかかれたその曲の構成表を作成しておきましょう

コードが取れない場合はルート音と思われる音を書いた構成表を作成しましょう。

リフやフレーズで作る

とりあえずメロディは考えないでリフやフレーズで作る方法です。

多分この方法がベースの作曲方法としては楽しいと思いますが、難点はコードをつけにくさやメロディのつけにくさです。

出来ればリフ主体のベースの音源を録音した後自分でヴォーカルラインを考えてみましょう

メロディがはっきりすればコードも付けやすくなります。

勿論コードがつかなくても曲は出来るので、無理につかなくてもいいとは思います。

メンバーに伝える

バンドメンバーに曲を伝えるのにはデモ音源を作った方がわかりやすいと思います。

ただ、デモ音源をちゃんと作ろうとするあまり、途中で「別にこの曲やらなくてもいいや」といって投げだす事も多いです。

途中で投げ出した曲は再び作る事は少ないです。

しかし、その曲がいい曲になるかどうかは、自分だけではわからないと思います。

ですので、無理にちゃんとしたデモを作るのではなく、簡単なもの(メトロノームとベースラインとか)を作るとか、デモは作らずスタジオで弾いて聴かせたりしてなるべく面倒な事は避けましょう

ただ、こういったケースもあります。

知り合いのバンドのベーシストがデモを作ったいうので聴いてみたんですが、なんと、ドラムもギターもボーカルラインも無くひたすらベースの音だけ入っていた事があったそうです。

変拍子も含まれたため、小節の頭がどこかわからない場所も多く、本人からの聞き取りとそのデモをメンバーで聴きながら構成図を作ってコードをとってその曲を完成させたそうです。

彼らは笑っていましたが、出来ればメンバーにわかりやすく伝えるための工夫、例えば小節の頭はシンバルの音を入れる等と下手でもいいので歌のメロディくらいは入れておいた方がいいと思います。

今は無料のアプリでリズムマシンもあります。

リズムもオカズとか入れないノーマルのパターンだけとか、メトロノーム音等をスピーカーで流しながらベースを弾いて録音するだけでもかなりいいと思います。

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ベース好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。