音の世界でいう周波数とは、音が空気を通して耳に伝わる振動(波)の事で、Hz(ヘルツ、1秒当たりの振動数)という単位で表します。

この周波数の値の違いによって、音が高く聴こえたり、低く聴こえたりします。

周波数の値が低くなるほど、低い音の成分が含まれており、周波数の値が高くなるほど、高い音の成分が含まれます。そして低くなり過ぎる(20Hz以下)、または高くなり過ぎる(20kHz以上)と、人間の耳では聴き取れなくなります。

サウンドメイクやミキシングにおいても、いかに様々な楽器の周波数を適切に、時には大胆に処理し、完成度の高い楽曲に仕上げていきます。

今回は、ボーカルとそのほかの楽器の周波数帯域の違いについて説明します。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ボーカルと楽器の周波数帯域の違いについて。

1.それぞれの楽器に含まれる周波数

大まかに説明すると、各楽器における特徴的・中心的な周波数帯域は、以下の通りです。

  • キック 80~100Hz
  • スネア 800~1.2kHz
  • タム 100~300Hz
  • シンバル 220~300Hz
  • ストリングス 200~300Hz
  • ブラス系 200~300Hz、6000Hz付近
  • トランペット、サックス 200~400Hz,、3000Hz付近
  • アコギ 2000~5000kHz
  • エレキギター 1000~3000Hz
  • ベース 80~100Hz
  • ボーカル 1000~5000Hz(女性であれば8000Hzあたりまで)

ここで注目していただきたいのが、ブラス系、トランペット、サックスの周波数帯域です。

これらの楽器の中心的な音の帯域は、ボーカルの周波数帯域に近い値を多く含んでいます。

最も、ギターとボーカルは、個人によって、演奏の仕方によって、周波数帯域はかなり異なってきます。

そのボーカルの中心的な帯域と他の楽器の帯域が被ってしまうと、ボーカルの音像がぼやけてしまい、他の楽器の音に埋もれて、「抜けが悪い」「後ろに下がっている」などという印象になってしまいます。

ですので、イコライザーを用いて周波数の処理を行います。ボーカルの帯域を調整するのか、他の楽器を調整するのか、それによってもイメージは大分変わります。全体のバランスを見ながら周波数のカット/ブーストを行なっていきます。

2.ボーカルのイコライジング

ここでは、一般的なボーカルのイコライジングについて書いていきます。

女性ボーカルでは、8kHz辺りを3dB(デシベル、音の強さの単位)ほどカットします。

男性ボーカルでは、この辺りの帯域があまり含まれておらず、モコモコとした音になりがちなので、音を立たせるため、1dBほどブーストする事もあります。

男性では、7.5kHzで2dBほどブースト、5kHzほどで3dBほどカットします。

女性では、700Hzと300Hzで3dBほどブーストしてみましょう。

また、ボーカルだけでなく、他の楽器との関係も考慮してイコライジングを行う癖をつけましょう。特にギターはボーカルと対峙する機会も多く、周波数帯域も重なるケースが多いので、どちらを、どう調整するのかが重要です。

楽曲は、聴き手にはボーカルが最も伝わりやすいものです。まずは、ボーカルの音を作ってから、ギターをカットしていくと言ったイコライジングが無難でしょう。

3.最後に

ボーカルは広い帯域、そして個性によって大分帯域が異なるため、イコライジングが最も難しいと言われています。その中でも一番被らないように気を付けるべき楽器は、「ギター」です。

先ほども書きましたが、特に男性ボーカルの中心帯域とぶつかってしまい、お互いの音をぼやけさせてしまう事があります。

一方で、ミックスやイコライジングには定番のやり方はあっても、ルールというものはありません。どのようなサウンドを目指しているのか、きちんと目的を持っていれば、どのようにイコライジングするかは、各エンジニアによります。

周波数帯域については、常に念頭に入れて、スタジオやライブでの演奏、曲作りなどに活かしていきましょう。

ボーカルを宅録する時の防音対策について。

日本の住宅事情を考えると、余程離れた一軒家に住んでいない限り、また家族の迷惑にもならないように、防音対策は必須です。

特にアパートやマンションなどでボーカルの宅録をする場合、近隣住民にも迷惑をかけないようにしないといけません。

本来は、スタジオを借りて録音するのが、機材も揃っているので理想的です。

壁が薄い部屋では限界がありますし、どれだけの音量を出すかにもよりますが、しっかりと防音対策をして、なるべく音漏れを防止しましょう。

今回は、ボーカルを宅録する時の防音対策について紹介していきます。

1.音の習性を知ろう

しっかりとした防音対策を行うためには、まず、音の習性、物理学としての「音」というものを知っておく必要があります。

学校で勉強するような難しい知識までは必要ないので、以下の3点を覚えてください

  • 音は直線方向に進み、多方向に拡散する。
  • 低い音は下に、高い音は上に、それぞれ拡散する(人間の聴覚でも高低を感じる)。
  • 音は空気振動であり、密閉空間だと外に音が漏れづらい。

宅録に限らず、演奏する場所・空間では常にこれを意識しましょう。

いつも使っているスタジオもこのような空間になっていると思います。

まずはこの3点に絞って、防音対策について以下考えていきます。

2.防音対策

・(1)歌う方向に防音材を貼る

前述の通り、音は直線方向に進んでいく習性があります。

ですので、歌う方向に向かって防音対策になるものを設置しましょう。壁が防音加工になっているのが一番ですが、市販の防音材を購入して設置しても十分です。

発音体、ここではボーカルと同じ高さをに設置するのが効果的なので、顔の高さに合わせます。

当然音は直線方向だけでなく、発音体から放射状に拡散していくため、直線方向だけでは完璧に抑えたことにはなりません。

これらを総合すると、発音体の直線方向の防音と、その周りを囲むように防音するのがベストです。

・(2)低い音は下に、高い音は上に拡散する

音は低ければ低いほど下に、高ければ高いほど上に拡散していく習性があります。

ボーカルの音は、高めの音に位置します。特に女性ボーカルは高いです。

対策としては、発音体よりも高い場所に位置する空間に対して、防音対策を行いましょう。

具体的には、床よりも天井に防音材を貼ってください。

・(3)窓や扉の隙間を埋める

音は空気中を伝わっていくので、僅かな隙間でもそこから漏れていきます。ですので、その隙間という隙間を塞いでいく必要があります。

隙間が出来る箇所は、ドアや窓です。その隙間を埋めるのに手軽に出来る対策として、ホームセンターなどでも買える隙間を防ぐテープを貼ってみましょう。

強力なテープであるほど密閉空間を作れるので、防音は完璧に近づきますが、テープを剥がすのに苦労してしまいます。

3.まとめ

宅録で一番の防音対策と言えるのは、「防音性の高い場所に住む」、「専用の防音室を買う」ということですが、金銭的に困難な場合がほとんどだと思います。

アイディアと工夫次第で、安価で手軽に防音対策が出来ます。ボーカルを宅録する場合は、ぜひしっかりとした防音対策を行いましょう。

もしくは、近所のスタジオを借りて録音をするのも一つの手です。

防音のコストと手間を考えると、スタジオレンタル代の方が安いかもしれません。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ボーカルの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■