「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

ベースには、曲調やジャンルによって様々な奏法があります。

今回は、ベースのオクターブ奏法について、右手と左手の使い方のコツを見ていきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ベースのオクターブ奏法の右手・左手のコツ。

ベースのオクターブ奏法とはどんなものか?言葉だけで分からなくても、実際に音を聴けばすぐに分かると思います。

4弦もしくは3弦で弾いた音と、その1オクターブ上の音を交互に弾くもので、ベースの奏法としては割とポピュラーなものです。

ちなみに、ギターのオクターブ奏法は、ルート音とその1オクターブ上の音を同時に弾く奏法を指します。

ベースのオクターブ奏法はダンス系でよく使われています。ユーロビートの楽曲のベースラインでは数多く使われています。

バンドの場合であれば、日本の曲で知られているものはチャットモンチーの「シャングリラ」やウルフルズの「ガッツだぜ」などでしょうか。洋楽であれば、ロッド・ステュワートの「Da Ya Think I’m Sexy?」辺りが有名でしょうか。

ベースラインのウネリが生まれるので、非常に効果的な奏法です。

左手の使い方(左利きの場合は右手)

ピック弾き、指弾き、スラップなどベース弦の弾き方は色々ありますが、左手による押弦の仕方は一緒です。

ルートとなる音を人差し指で押さえ、1オクターブ上の音を薬指で押さえます。小指の方が広がりますが、力は弱いのです。どちらで押弦するかは、前後の進行も含め判断が必要です。

Aであれば4弦5フレットを人差し指で押さえ、1オクターブ上の音は2弦7フレットを薬指(小指)で押さえます。

ダンス系の場合、これをひたすら弾いていくのですが、力を入れて押弦していると左手がすぐに疲れてしまいます。

ダンス系は元々打ち込み主体でフレーズをループさせるので、ベーシストがプレイする場合は、なるべく余分な力を抜いて弾くようにしましょう。

また、弾いていない方の弦から指を完全に離してしまうと雑音が出てしまい、せっかくのオクターブ奏法が台無しになりますので、弾いていない弦から完全に指は離さず軽く触れた状態にしてしっかりミュートするか、中指を軽く触れさせてミュートしてください。

細かなミュートがすっきりしたサウンド作りに貢献します。

右手の使い方(左利きの場合は左手)

ベースにおけるオクターブ奏法の難しさは、弦を押さえている手よりも、弦を弾く手の方が難易度が高いと思います。

その理由は、弦飛び(4弦と2弦、3弦と1弦)で弦を弾く必要があるからです。練習をしておかないと、弦を弾く手は直近下の弦を弾いてしまいます。

以下にピックでの弾き方、指での弾き方、そしてスラップでの対処を書いていきます。

 

1.ピックで弾く場合

ピックで弾き場合は、ルート音をダウン・ピッキング、1オクターブ上の音をアップ・ピッキングで弾くのが一般的です。これをオルタネイト・ピッキングと言い、基本的なピッキング奏法の一つです。

もちろん、すべてダウン・ピッキングでも構いません。その場合は力強さが増します。楽曲に応じて弾き分けられると良いです。

ピッキングのコツは挟まれた弦(4弦と2弦を弾いている場合であれば3弦、3弦と1弦を弾いている場合であれば2弦)を弾かないようにすることです。人差し指の腹や中指でしっかりミュートしておきます。

 

2.指で弾く場合

指で弾く場合は、親指をピックガードもしくはピックアップにセットして、低音弦を人差し指、1オクターブ上の音は中指で弾きます。

ただし、手首の角度によっては弾きにくくなる場合がありますので、無理なく弾ける角度を見つけておきましょう。もちろん立って弾く場合もです。

こちらも、弾く指が異なれば微妙にニュアンスが違ってきます。

 

3.スラップで弾く場合

スラップの場合、オクターブ奏法は基本中の基本になります。プルはオクターブ上の音を弾くのが定番だからです。

基本は、親指でルート音を叩くように弾き、人差し指で1オクターブ上の音を引っ掻くようにプルします。もちろんプルは中指や薬指でも構いません。

オクターブ上の音はプルではなく、親指で叩く場合もあります。ブラック・コンテンポラリーで良く聴かれるプレイです。

こちらもミュートはしっかり行って下さい。

オクターブ奏法について最後に

オクターブ奏法は、弦飛びピッキングの関係で最初はかなり手こずると思いますが、ベースならではの印象的なプレイスタイルですので、ここで紹介した基本的な奏法をマスターしておきましょう。

弦を弾く方の手のフォーム

ここでは、ベースの弦を弾く手について解説していきます。

ベースの弦を弾く方の手(右利きであれば右手)の指を早く動かそうとしても、最初のうちはなかなか思うように動きません。

そして何度かプレイしているうちに、指も腕も疲れてしまいます。

どうすれば指を早く動かせるようになるのでしょうか?

まずは手のフォームを確認していきましょう。

 

・手の位置

素早いピッキングを意識する場合は、ベースのブリッジ近くでピッキングするように心がけてください。

これは、ブリッジに近い方が、弦の振れ幅が小さくなるため、素早いピッキングに向いているからです。

ただし、生音だと音量はとても小さいです。アンプやヘッドフォンを使って、音を確認しながら練習してください。

また、ピッキングの位置がブリッジに近いほど、音は固く(高域が効いた音)になります。

 

・弦を弾く場合は指先のみ

弦に指を深くかけすぎると、当然指が引っかかり、早いピッキングは出来ません。

一般的に、ピックを用いるよりも指の方が、弦を弾くスピードは遅くなりがちです。

指でのピッキングの場合、極端なことを言うと、弦の先を指でなぞるくらいの気持ちで最初はやってみて下さい。

そして、アンプの設定は、その状態で音が聴こえるように、普段より大きい音量にして下さい。

音が一定した感覚で出ているか、常に確認しながら練習しましょう。

 

・指の形はあまり変えない

指は、第二関節をある程度曲げた状態にしておいて、ピッキングする場合はその形を保ったまま、第一関節を曲げるイメージでやってみて下さい。

また、指の動きの幅も最小限にする必要があります。以下に効率よく移動出来るかを考えてみましょう。

力を抜き、力まない

上記を踏まえて練習をするのですが、注意点としては、必ず生音ではなくアンプを通して練習して下さい。

住宅事情でアンプから音を出すのが難しい場合は、ヘッドフォンでも構いません。実際の音を確認しながら練習することが大事です。

エレキ・ベースは、生音だと音量が非常に小さいため、どうしても力んでしまって腕が脱力出来ません。

早く指を動かすためには余計な力を抜く事が必須です。

ピッキングの音量が小さくても聴こえるようにして練習しましょう。

練習方法

・用意するもの

まずはリズム、タイム感を身につける事が大事ですので、メトロノームを用意して下さい。

ガイドとなる音がない状態で早く弾く練習をすると、発音タイミングがバラバラになり、正しいリズムを維持することが出来ません。

現在は、スマホのアプリでも無料のメトロノームがありますので、メトロノームがない場合はダウンロードして活用してみて下さい。

メトロノームを使う練習は、基本中の基本です。

 

・実際の練習方法

今回は右手のピッキングの速さを鍛えるものなので、左手のフィンガリングとのシンクロは意識しないものとします。

初めはメトロノームのテンポを50位に設定し、それに合わせて同じ音で8分音符を刻んでいきます。

例えば3弦5フレット(D音)辺りが良いでしょう。

まず、拍の頭にアクセントを置いて下さい。

ピッキングは指を交互に動かしていきます。

通常は人差し指から動かし、次に中指の順番で動かしていきますが、中指から動かし、次に人差し指の順番でも構いません。

実際の演奏の現場を考えると、どちらからでも弾けるようにしておくのが良いと思います。

自分の場合ですが、最初は一般的な人差し指、中指の順番で弾いていましたが、途中で中指からのピッキングに変えました。

理由は中指からの方が力まないで弾けたからです。

ちなみに、3フィンガー奏法で有名なMr.Bigのビリー・シーンは、薬指→中指→人差し指の順番で弾いているようです。

上記のテンポで練習していき、5分くらい弾けるようになったら、徐々にテンポを上げていって下さい。

最終的にはテンポ250位で5分弾けるようになれば、かなりの曲で弾けるようになっているはずです。

技術的な練習はスポーツに近くて、持続力が必要になります。

頑張って練習しましょう。

ベースを歪ませた時に起こる問題点と原因

続いて、ベースを歪みについて考えていきたいと思います。

ベースを歪ませると、主に以下の2点の問題が起きてきます。

  1. 音痩せしてしまう。
  2. 音抜けが悪くなる。

最も重要な問題は、音痩せについてです。これは音を単純に歪ませることで、ベースの重要な帯域である低中域が削られてしまいます。チープなファズをかました場合などに起こる現象です。

ギターでも同様なのですが、基本音を歪ませるということは低音が無くなる、と言うことです。

ベースの場合、ベースの低域がそのまま失われてしまうと、バンド・アンサンブルでその帯域をカバーすることが非常に困難になってきます。

これにより、バンド・アンサンブルの音が明らかに薄く感じたり、最悪ベースの音が埋もれて聴こえなくなってしまいます。

昔の自分の話ですが、ベースが目立つためにファズをかましたところ、いざファズをオンにしてみると自分の音が全く聴こえなくなってしまいました。

きちんと音作りをすれば、ファズをかましたベースはカッコ良く聴こえるはずでしたが…。

自分のイメージでは、ここでドカンをカッコいいハードに歪んだ音を出したつもりだったのですが、これは歪ませ過ぎて音痩せし、ベースの音の芯が失われてしまったため、周りの音にかき消されてしまったのです。

では、どうすれば音痩せしないでベースを歪ませることが出来るか、その解決方法を述べていきます。

 

解決方法1.歪ませ過ぎない

一番単純な解決方法、というより注意すべき点です。音痩せしない程度に歪ませることです。

アンプやエフェクターで、弱く弾くとほぼ歪まないように、強く弾いた時に歪みが出るようにセッティングをしてみて下さい。

実は、これだけでもかなり音抜けが良くなります。

同じような例で言えば、ヘヴィ・メタルのギタリストはみんなかなり音を歪ませているようにイメージされますが、実は上手な人のセッティングを見ると、意外に歪みの量は少ないのです。

彼らは、エフェクトでの歪みを抑えめにして、その他のセッティングでしっかり音作りを行い、ピッキングで歪ませているのです。

あまり上手ではない人は、歪ませ過ぎて音程は潰れてしまい、音の芯も失われ、ペラペラのノイズに聴こえてしまっています。

これはベースも同じことです。単純に歪みを深くし過ぎると、何を弾いているのか、聴いている方は分からなくなってしまいます。

ベース本来の音をしっかり出せて初めて、その上に歪みを重ねていくことです。

 

解決方法2.原音とブレンド出来る歪みを使う

先に挙げた方法は基本なのですが、実はこちらの方が簡単に解決することが出来ます。

歪ませた事によって低域が失われていても、歪んでいない原音を混ぜれば、その失われた低域を補うことが出来ます。

ベース専用に設計されている歪み系のエフェクターには、だいたいこの機能が付いています。

もし原音をブレンドする機能がついていない場合は、Boss LS-2のような、原音とエフェクト音をブレンド出来るループ・エフェクターを使ってみて下さい。

もしくは、簡易的なミキサーをかまして、原音と歪んだベース音をレイヤーしていく手法もあります。

それでも解決しない場合

ベースの音作りだけでは解決しない場合があります。バンド・アンサンブルのアレンジ、特にギターとの兼ね合いで音が抜けて来ない等の現象が起こる場合もあります。

まずは自分のベース・サウンドが音痩せしていないか、そしてギタリストの音と帯域がぶつかっていないか、客観的に確認してみて下さい。

もしくはアレンジを考え直してみるのも一つの方法です。

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ベース好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。