「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

「もっと歌いたいのに、すぐ声が枯れちゃう・・・」
こんな経験をしたことはありませんか?

カラオケが終わった後、喉が枯れて辛い思いをしたくないですよね。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

カラオケで声が枯れる時の対処と治し方。

そもそも、どうして声が枯れてしまうのでしょうか。
その大きな原因として

・喉が十分に開いていない
・腹式呼吸が出来ていない

この2つが原因としてあげられます。

・喉が十分に開いていない

高い声を出そうとすると、喉の奥がきゅっと締まったりしませんか?
これは、声を出す際に声の通り道の喉が締まってしまうことから生じます。

本来であれば、高音であっても喉を開いて歌うことが望ましいのですが、高い音になると喉を締めて歌う人が圧倒的に多いです。
この状態は無理に声を出している状態なので、声が枯れる原因になってしまいます。

・腹式呼吸が出来ていない

腹式呼吸が出来ないと、力強く発声できません。

それを改善するために、代わりに喉に力を入れて発声することになるため、必然的に喉に負担がかかってしまいます。

では、これらを改善するにはどうすれば良いのか?
今回は、その方法について紹介します。

1.歌う時の姿勢を見直そう

まず、腰と肩の位置を一定に保つクセをつけましょう。
猫背ではなく、背筋は伸ばして下さい。

顎は、上顎より下顎に意識を向けて下さい。

そして、体は脱力してリラックス!

すると、筋肉がリラックスして、楽に声が出るようになります。

2.水分をこまめに摂取しよう

声が枯れる原因は、喉が乾燥することによって起こります。
ですので、歌っている間はこまめに水分をとるようにしましょう。

一番望ましいのは水ですが、炭酸飲料水以外のものを摂取するようにしましょう。

3.歌いやすい曲をはさむ

キーが高い曲などを何回も歌うと、喉に負担がかかります。
喉に負担がかかると感じたら、歌いやすい曲をはさむようにしましょう。

音域の幅が広くないバラードがおすすめです。

4.もし声が枯れてしまったら・・・

(1)声を出さずに休む

声を発すると、喉が震えます。

小さな会話程度でもやはり喉を使いますので、声が枯れてしまったらその間は出来るだけ声を出さないようにしましょう。

(2)ぬるま湯をこまめに摂取する

声が枯れている間は、喉が乾燥している状態ですので、こまめに水分を摂取しましょう。

冷水は粘膜に負担がかかるので、ぬるま湯にして摂取しましょう。

(3)マスクをして保湿する

マスクをしていると、自分が吐く息がマスクに残り、喉を保湿することができます。

5.最後に

基本的には、「喉を乾燥させない」ことが大切です。

途中でのど飴をなめたり、休憩して喉を休ませるなど、無理をしない程度にカラオケを楽しみましょう。

カラオケでキーがわからない時の合わせ方。

高音がきつくて歌いづらいといった時に、オケのキーを調節することで歌いやすくなることがあります。

ですが、普段私たちが聴いているのは、原曲のキーです。

カラオケは、曲のキーを自在に変えることができますが、原曲のキーと違うキーに設定してしまうと、音程が分からなくなってしまうことがあります。

キーを変えた時に音程が分からなくなってしまうのは、どう対処すれば良いのでしょうか?

一番は、「歌いたいキーの音程を把握する」ことから始まります。

そのためにはどうすれば良いのか、次から紹介していきます。

1.ガイドメロディを聴く

カラオケには、オケに合わせてガイドメロディという、歌う部分がメロディとなって流れています。

キーを変更すれば、それに合わせてガイドメロディも変更されます。

もし音程が分からなくなってしまう場合は、このガイドメロディをたどって歌うようにしてみましょう。

2.ガイドメロディを大きくする

カラオケは、ミュージック(オケの音)やマイクの音量調節ができるだけでなく、ガイドメロディの音量調節も出来ます。

キーを変更したときに音程が分からなくなってしまう人は、ガイドメロディの音を大きくしてみましょう。

歌う音程が聞き取りやすくなるため、キーを合わせやすくなりますよ。

3.同じキーのオケを聴きこむ

普段私たちはCDの通りの原曲を聴きなれているため、違うキーで音が鳴ると、歌う音が分からなくなってしまう人が多いです。

ですので、自分に合うキーのオケを、何回か聴いてみましょう。

二番は一番の繰り返しの場合が多いので、一番のみを何回も聴きこむのも良いです。

何度か聴いてみたら、口ずさむ程度で良いのでオケに合わせて歌ってみて下さい。

4.最後に

いかがでしたか?

キーが分からなくなってしまう場合は、まずは歌うキーのオケ、ガイドメロディを聴きこんで覚えてみるところから始めましょう。

カラオケで安定性を上げるには?音程の合わせ方。

家で鼻歌程度に歌っているだけなら音はとれるが、カラオケになると音がとれなくなるという方はけっこういらっしゃいます。

全く音がとれないという人は実は少なく、自分を音痴と思い込んでいたり、人と比べて下手だと比較しているだけの人もいらっしゃいます。

けど、どうせカラオケに行くなら、上手に気持ちよく歌いたいですよね。

今回は、カラオケで音程を合わせる方法を紹介します。

1.自分の声を録音してみよう

カラオケには、自分の歌った声を録音機能できる機能がついている機種が多くあります。

上手くなるには、自分の声を聴くことから始まります。

一曲、得意な曲を歌って、それを聴いてみましょう。

スローテンポな曲だと一つ一つの音がハッキリ聴こえるのでおすすめです。

録音して聴くことで、客観的にどのくらい音がとれていないのかが分かります。

2.自分に合ったキーを見つけよう

自分が歌ったものを聴いたとき、低音や高音がきつそうに聞こえたりしませんか?

上手く歌うには、自分に合ったキー(調性)に曲を調節することもポイントです。

カラオケには、キーを調整するボタンがあるので、それでキーを上げたり、下げたりしてみましょう。

まずは、自分の歌いやすいキーで歌うようにしてみましょう。

3.同じ曲を何回も練習する

上手く歌うには、練習が必要です。

そのため、同じ曲を何回も歌い、アカペラでも歌えるくらい練習してみましょう。

「音がうまくとれないな?」と思ったところを中心に練習してみて下さい。

4.採点モードを使ってみる

採点すると、音程がどれくらい合っているかがパーセンテージで確認できます。

また、精密採点などを使うと、逐一音程が合っているかを判定してくれます。

音程が合っているかを視覚化できるのはとても便利なので、ぜひ音程を合わせる練習に使ってみましょう。

5.最後に

カラオケの練習の他にも、家で曲をくちずさんだり、鼻歌で歌うだけでも、音程をとる練習になります。

いくつか音程をとる方法を紹介しましたが、やはり上手に歌うコツは「同じ曲を何回も歌ってその曲をマスターする」ことです。

曲を歌いこなすと、自分の歌唱にも自信がつきますので、ぜひコツコツと練習してみて下さいね!

バンドのボーカルとカラオケの違いとは?

バンドとカラオケといっても、歌うことには変わりありません。
ですが、カラオケでは歌えたのに、バンドになると思うように歌えない人は多くいます。

いったい、バンドとカラオケは何が違うのでしょうか?

1.バンドのほうが音がとりずらい

カラオケは、その日によって、ピッチが変わったり、リズムが変わることはありません。
また、自由にピッチ調節ができたり、音量調整をすぐに行うことができます。

ですが、バンドによる生演奏はそうはいきません。
圧倒的に楽器の音量がカラオケより大きく、個々の演奏者の特徴なども大きく演奏に関わってきます。
また、その日の調子によっても音は変わりますので、毎回同じ演奏にはなりません。

それに、カラオケには、うっすらとガイドボーカルがオケにのっています。
そのおかげで、音を見失うことなく歌うことができます。
バンド演奏にはそれはありません。

バンドのボーカルは楽器の音量に負けないように、かつ、ガイドする音も基本的にはないため、音がとりずらいです。

2.カラオケは歌詞が表示される

カラオケは、オケに合わせて歌詞が表示され、自分がどこを歌っているのか分かるようになっています。

バンドにはそれはないため、慣れた人でないと、一度歌っているところを見失うとすぐ歌い直す、というのは至難の技です。

3.カラオケはオケの音量調節がされている

カラオケは、ギターやベース、ドラムの音などが初めから音量調節されています。
そのため、楽器に負けて声が聞こえない、というケースはほとんどありません。
ですがバンドは違います。

音量バランスに関する問題は日常茶飯事、各パートの音量に負けてボーカルの歌が聴こえない、自分の音が取れないといったケースも多々あります。

4.カラオケは、機械が評価をする

カラオケには採点機能があります。
多くの採点機能は、「ガイドメロディ」「抑揚」「ビブラート」という、3つの視点に合わせて採点されます。

「ガイドメロディ」は、できるだけガイドメロディに沿って歌うことが求められます。

「抑揚」は、AメロBメロは小さく、サビは大きく、ということに注意すると高得点が狙えます。

「ビブラート」は、最終的に何秒ビブラートが出来たか、という、長さで点数がカウントされますので、ロングトーンでのビブラートがどのくらいできたかが求められます。

このようにカラオケは、評価されるポイントが決まっています。
ですがバンドはそうはいきません。

お客さんが何を評価するかは想像ができません。

カラオケは機械が評価し、バンドは人間が評価する、という違いがあります。

5.バンドは、演奏を聴くお客さんがいる

カラオケはもともと、仲間内で気持ちよく歌って楽しむためのものです。
一方、バンドは自分たちの演奏を、お客さんに提供するためのものです。

カラオケは自分が楽しむという受動的な立場、バンドは相手を楽しませるという能動的な立場にあります。

6.バンドには、一緒に演奏する仲間がいる

これも、バンドとカラオケの大きな違いになります。

カラオケはもともと完成されているオケに合わせて歌います。

ですがバンドは、一緒に演奏する演奏者とともに試行錯誤しながら、ともに音楽を作っていくという姿勢が必要です。

ですので、カラオケのように、一瞬で完成された音が鳴るわけではありません。

何回も何回も練習して、初めて完成された音に近付いていきますし、ボーカルも楽器隊の表現に合わせて、歌い方を研究していく必要があります。

7.最後に・・・

バンドのボーカルは、ただ歌うだけではありません。
様々なことに目を向け、演奏者とともにお客さんを楽しませるという視点が必要になります。

反面、カラオケで高いレベルを目指すには、カラオケに合わせた技術を磨く必要があり、それはバンドのボーカルとは全く違う技術となります

カラオケとバンドの違いで悩んでいるボーカルの皆さんに、少しでもヒントになることがあれば嬉しいです。

■ボーカルの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

音楽好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。