「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

今回はベースのつまみ(3つ・4つ・5つ)の使い方や意味について見ていきましょう。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ベースのつまみ(3つ・4つ・5つ)の使い方や意味。

ベースについているツマミはモデルによって用途が異なります。

今回は代表的なベースのツマミの用途を説明しますが、同じモデルでも作られている年代や細かい部分で違う事も多いです。

あくまでも一般論として読んで頂ければと思います。

ツマミが2つの場合

プレシジョンベースに代表されるピックアップがひとつしかないベースの場合、ツマミはヴォリュームとトーンの2つである事が多いです。

また、古いジャズベースは一見すると2つしかツマミがありませんが、実は2軸構造になっており、2ヴォリューム、2トーンの実質4つのツマミとなります。

ただしミュージックマン・スティングレイのようにピックアップがひとつでも3つや4つのツマミがある場合もあります。

それについては後述します。

ツマミが3つの場合

ピックアップが2つのベースの多くは3つのツマミがありますが大きく2つのパターンがあります。

ひとつはフロントのピックアップのヴォリューム、リアのピックアップのヴォリューム、マスタートーンというパターン。

もうひとつはマスターボリューム、マスタートーン、ピックアップの音量のバランサーというパターンです。

ピックアップがひとつしか無いミュージックマン・スティングレイのようなモデルはマスターボリューム、トレブルのイコライザー、ベースのイコライザーになっているものもあります。

ピックアップ2つにもかかわらずG&LのL2000のようにボリューム、ベース、トレブルとなっているものもあります。

これはピックアップセレクターがあるために、バランサーやそれぞれのピックップのヴォリュームがついていない設計になっています。

ツマミが4つの場合

ツマミが4つのパターンは実に様々なものがあります。

リッケンバッカー4001、同4003の場合は各ピックップのボリュームとトーンとなっています。

先ほど挙げたミュージックマン・スティングレイの場合はボリューム、トレブルのイコライザー、ミドルのイコライザー、ベースのイコライザーとなっています。

ジャズベースを進化させたようなベースを製作しているSadowskyやATELIER Z等のベースは4つのツマミがついているものが多いですが、ツマミの役割はモデルによって異なります

代表的なパターンはマスターヴォリューム、ピックアップバランサー、トレブル、ベース、もしくはフロントピックアップのボリューム、リアピックアップのボリューム、トレブル、ベースです。

上記に挙げたスティングレイやSadowsky、ATELIER Z等のベースはアクティブピックアップのため、イコライザーがカットだけでなくブーストも出来るものもあります。

ツマミが5つの場合

ツマミが5ついている代表的なベースはエEB-3、通称SGベースの一部のモデルです

こちらは各ピックアップのボリュームとトーンに加えプリセットトーンを選択するツマミが付いています。

それ以外の5つあるいは5つ以上のツマミがついているベースはだいたいハイエンドクラスのベースが多く、ほぼ間違いなくアクティブピックアップを使用したものです。

それぞれのピックアップのボリュームにトレブルのイコライザー、ミドルのイコライザー、ベースのイコライザーというパターンが多いですが、正直パターンが各モデルで違う事も多く一概には言えません

基本アクティブピックアップなので、それぞれのイコライザーはカット/ブースト両方可能です。

ツマミが無いベース

ツマミの無いベースもあります。

ジャズ・フュージョン界の超有名ベーシスト、アンソニー・ジャクソンが使用しているベースはボリュームもトーンも一切無いだけではなくジャックも普通のジャックでは無くキャノンコネクタがついていて、さらにシールドも短くアンプの前で座って弾いています

アンソニー・ジャクソンはピックアップとアンプの間には何もない方がいいという考えからジャックまでの全てのものを廃し、さらにオーディオ的に通常のジャックより優れているキャノンコネクタを採用、シールドも極力短くするためアンプの前で弾くというところに至ったようです。

マーカス・ミラーには絶対無理な仕様ですね。

一部のベーシストはそんなアンソニー・ジャクソンのベースにヴォリュームやイコライザーを追加して使用しています。

買ったベースのツマミの役割がわからない場合

新品で買った場合は別ですが、中古で買ったベースのツマミが何の役割かわからない場合があると思います。

その場合は制作したメーカーに問い合わせるか、もしくはリペア屋に持っていき調べてもらう事をオススメします。

ベースの右手のフォームや位置について。

つまみをいじる右手のフォームや位置はかなり重要です。

ベースを弾くにあたって右手(左利きの場合は左手)のフォームや位置はベースの音色やプレイヤビリティにおいて大変重要な要素です

今回はそんなベースの右手のフォームや位置についてです。

指で弾く場合

・右手(弦を弾く手)の位置について

弦を弾く位置は一般的にはフロントピックアップの辺りを弾くとされています。

この辺りは音もふくよかに出るし制御もしやすいかと思いますし、基本はこの位置でいいと思います。

スラップも基本この位置です。

しかし、早いフレーズや、よりリズムのキレが必要な場合だとこの位置では弾きにくい事もあります。

そういった場合は上記にあげた基本の位置からブリッジよりに手の位置を移動して下さい

音は硬くなりますが、弦の振動幅が少なくなるため早いフレーズが弾きやすくなります。

また逆に静かな曲でアタックを極力控えたい場合はネック側、極端な事を言えば指板上の15フレットの位置あたりで弱く弾くとアタックが抑えられた音が出ます。

・右手(弦を弾く手)のフォームについて

フォーム、つまり手の形、指の形ですが、指は第二関節をある程度曲げた状態を保って下さい。

そして指先だけで弦を弾くようにして決して指を深く入れ弦に引っ掛けないようにして下さい。

また、実際どの指を使うかですが、2フィンガー奏法の場合は人差し指と中指を使います。

どちらの指が先に弾いても問題ありませんが、個人的には中指、人差し指の順番を推奨しています。

というのは人差し指、中指の順番で指弾きで練習したものの、挫折してしまった人が中指、人差し指の順番でやったらすぐに弾けるようになったケースを知っているからです。

もちろん、人差し指、中指の順番で弾いている人も数多くいますので、自分がやりやすい方を選んで下さい。

ただし、Mr.Bigのビリー・シーンのように3フィンガー(人差し指、中指、薬指)を使う場合は薬指、中指、人差し指の順番で弾いて下さい。

人差し指から始めると音を安定させる事が困難です。

また8ビートのルート弾きだとアクセントをつける指が変わってきます。

どの指でもアクセントを付けられるようにするための練習が必要となります。

ピックで弾く場合

・右手(弦を弾く手)の位置について

ピックで弾く場合の基本位置は指弾きに比べるとブリッジよりが向いています。

だいたいリアピックアップの上もしくはそれよりブリッジよりです。

ただ、音が曲のイメージに比べ硬すぎるあるいは、もっとふくよかな音を出したい場合は指弾きと同じフロントのピックアップの上あたりでピッキングして下さい。

その際ピックを弦にひっかっけてしまわないよう気をつけて下さい。

・右手(弦を弾く手)のフォームについて

ピックで弾き場合、ピックの持ち方が重要になります。

基本的には弦に対して平行にピックが当たるように持って下さい。

そして、極力ピックの先だけで弦をピッキングして下さい

ピックを深く差してピッキングすると音ヌケが悪くなるばかりで無くリズムも不安定になります。
その辺りを気を付けて下さい。

ベースのヌケがいい音を作るコツ。

一人でベースの音作りしてる時はいい音を作っても、いざバンドで演奏すると自分の音がはっきり聴こえてこない事があります。

もちろん、狙ってそういう音にしているのであれば問題ありませんが、そうでない場合は音ヌケが悪いケースが多々あります。

低音を出し過ぎなない・中音を削り過ぎない

ベース単体で弾いていると低音を大きくしがちですが、低音が強いとベースの他の音域の部分が聴こえなくなるだけでなく、他の楽器の音をかき消してしまいます。

ベースの音が抜けて聴こえるために中音域から高音域までしっかり聴こえるようにセッティングして下さい。

また低音を上げ過ぎて聴こえにくくなると高音域を上げて所謂「ドンシャリ」サウンドにした場合も音が抜けてこない場合があります。

実はベースの音ヌケで一番重要なのは中音域で、この部分が他の音域より小さいとバンドの音に埋もれて音が抜けてきません。

自分の好みの音を作った後、バンドに合わせて不必要な低音を削り、中音を調整して下さい。

歪ませ過ぎない

ベースを歪ませ過ぎた状態の音でバンドで演奏すると全く音が聴こえなくなる場合があります。

特にファズは顕著です。

そうなってしまった場合は歪みを減らすか、原音とのブレンド機能があるものであれば原音のレベルを上げる、もしくは歪ませた方の音を下げてみて下さい。

エフェクタ-を直列で繋げ過ぎない

基本ギターもそうですが、エフェクターを直列で複数繋げると音ヌケは悪くなります。

エフェクターを直列で繋ぐと例えOFFにしていてもその個数分信号が通過し劣化していくのです。

これはスイッチャーを使用する事で解決できます。

スイッチャーはOFFになっているエフェクターはスルーしますので、信号は劣化しにくくなります。

他の楽器の音域に被らないようにする

他の楽器の音と被ると当然自分の音は聴こえにくくなります。

ベースの場合はとかくギターの低音域と音がぶつかりやすいです。

ロック系ギタリストは音を歪ませるのですが、迫力のある歪みを作ろうとして低音を大きく出してきます。

その低音域がベースと被ってしますのです。

バンドのギタリストとバンド全体のサウンド作りをしっかり打ち合わせてお互いの音が聴こえるように音作りをして下さい。

ピッキングの位置に気を付ける

単純に音が抜けやすくしたい場合ですが、ブリッジ付近で弦を弾くと抜けやすくなります。

但し、あまりブリッジに近すぎるとパッキリしすぎて柔らかい音を好む人からするとあまりいい音では無くなります。

自分でヌケと好みの音のバランスを見てピッキングの位置を決めてみて下さい。

ベースのオーバードライブのおすすめの使い方や音作りについて。

ベースにもいろいろオーバードライブがありますが、ギターのオーバードライブのように所謂定番というものは無いように思います。

今回は個人的におすすめなベース用ドライブを4つと、そのおすすめの使い方、セッティングについて簡単にご紹介します。

AMPEG / Scrambler Bass Overdrive

60年代からベースアンプを製作しているAMPEGのベース用オーバードライブです。

AMPEG の代表的なベースのSVTシリーズをDI/プリアンプにした「SCR-DI」からオーバードライブの機能を取り出したものですで、AMPEGらしいゴリゴリした音が出ます。

個人的なオススメのセッティングはDriveをMAXにTrebleを12時に、Blendは9時位の位置です。

かなり歪みますが、あまりベショっとしないのがScrambler Bass Overdriveの特徴で、少々古臭さも出るセッティングです。

BOSS / ODB-3 BassOverDrive

入手しやすさではおそらく一番のベース用オーバードライブです。

コントロール部分もLEVEL、LOW、TREBLE、DRIVE、BALANCE(原音とのバランス)と必要なものは揃っているので音が作りやすいと思います。

これは先に挙げたScrambler Bass Overdriveに比べるとジャリっとした音ですが、歪みの量は完全にこちらが上です。

ですが個人的にオススメなのは、LOWを上げ気味でTREBLEは絞り気味、DRIVEは絞りきってBALANCEはODに振り切ります。

普通に音を出すより軽く歪んだ太い音が出ると思います。

EBS / Multi Drive Studio Edition

ベース用オーバードライブには定番は無いといいながら、近年は定番となりつつあるEBS / Multi Drive Studio Edition。

ツマミはDRIVEとVOLUMEのふたつしかありませんが、モード切替スイッチがあり、3つのキャラクターが選べます。

ある意味過激に歪ませてもどこか上品さが残る音をしているので、ロック以外のジャンルでも使いやすいベース用オーバードライブだと思います。

個人的なオススメセッティングはモードをTUBESIMにしてDRIVEを12時くらいにするものです。

歪みながらも低音域は出すぎず芯がある使いやすい音になります。

Electro-Harmonix / Bass Soul Food

Bass Soul Foodは、ギター用のオーバードライブKLON Centaurの音をシミュレートしたSoul Foodをベース用にしたもので、本家には存在しないもベース用KLON Centaurとも言うべきものかと言えばそうでないとことがいかにもエレハモらしいものです。

コントロールはVOL、DRIBE、BLEND、TREBLEとScrambler Bass Overdriveと同じ作りです。

このオーバードライブの特徴は、ナチュラルでいながらレトロ感ある音になる事だと思います。

ですので好みははっきり分かれるとは思いますが、好きな人は好きだと思いますし、実際自分も好きです。

自分のオススメセッティングですが、ストーナーっぽさがひじょうにあるものなので、DRIVEは2時くらいでBLENDは原音を全く出さないようにしたものです。

可能であればパッシブのベースで弾いてもらいたいセッティングです。

ベースアンプにイヤホンやヘッドホンを使う利点等について。

つまみをいじるのも、アンプを通さなければ意味がありません。

そのベースアンプ買ったはいいけど、自分専用のスタジオが家にある状況以外はいつでもアンプから音を出すという事は、なかなか難しい部分があります

ところが、当たり前の話ではありますが、ベースアンプにイヤホンやヘッドフォンを使って弾ベースを弾けば音量気にせずベースを弾く事が出来きます。

イヤホンやヘッドフォンを使う事は上記の事が大きなメリットですが、それ以外のメリットについて考えてみました。

ヘタでもばれない

ベース始めたばかりの時は自分の音を人に聴かれる事がひじょうに恥ずかしく感じる人が少なくありません。

ヘッドフォンから音を出すのであれば、周りから音を聴かれる事は無いので安心して練習が出来ます。

正確にプレイできているか確認しやすい

アンプから音を出す時より、自分のプレイが正しく出来ているか、確認しながらプレイする事が出来ます

ただし、実際にアンプから出す音とダイナミクスやニュアンスとは違ってしまうので、あくまでも譜面上でのミス等の確認がメインになります。

レコーディングの練習

バンドで演奏する時と違いレコーディングはヘッドフォンで他の音と自分の音を聴きながら行います。

ヘッドフォンで聴きながらプレイする事に慣れていないと意外にこれが難しいのです。
これは、バンドの場合はドラムや自分のベース音等の振動が体に伝わってリズムがよりわかりやすくなっているからです。

その振動が無く耳だけで音を聴いてプレイする事は多少の訓練が必要です。

ベースアンプにヘッドフォンを繋げて練習する事はこうしたレコーディング時の練習にもなるわけです。

最近のベースアンプには外部入力とベース音をミックス出来るものも多いのです。

売りとしてはCDやスマホからの音を聴きながらベースも音を出せるというものですが、ベースの音づくりによってはまるで聴こえなくなる事も多いです。

そうした場合は4chくらいの小さいミキサーを入手して、2つのチャンネルにCDやスマホの外部入力のステレオアウト、1チャンネルにベース音を入れてミキサーでバランスを取って下さい。

また、音楽ソースだけでなく、クリックをヘッドフォンからも出して合わせて弾いてみましょう

最初はものすごくズレるように感じると思いますが、これが綺麗に合うようになってくるとリズムは安定してくると思います。

難聴にならないように音量は控えめに

最後にベースアンプを使ってヘッドフォンやイヤホンで練習する場合の注意点です。
過度に音を大きくしてヘッドフォンを使い続けると難聴になります

特に強い低音は難聴になる大きな原因です。

一度難聴になると耳鳴りや耳奥の傷み、聴力も低下します。

あまり楽しくは無いとは思いますが、なるべく小さめの音量でプレイするか、イコライザーで低音を切って演奏して下さい。
また耳になんらかの違和感を感じたらすぐに耳鼻科へかかって下さい

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ベース好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。