日本の大手エフェクターメーカーBOSSのOD-1Xです。

2014年3月OD-1XとDS-1Xが同時発売されました。

今回のBOSSは気合が入っています。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

boss od-1Xの評価レビューやセッティング・音作り。ブースターとして優秀?

これらモデルからBOSSの製品は外箱が黒を基調としたものに変わり、保証期間も5年保証に変更となりました。

保証期間が長くなったことは、デジタルプロセッサーを使用した製品としては、消費者にとって安心です。

この製品はBOSSの開発したMDP技術により、より精度の高いモデリングが可能になっています。

(Multi-Dimensional Processing- 多次元的信号処理 )

デジタル化によりノイズが少なく、そのせいか微妙なピッキングニュアンスも表現できます。セッティングの難しさもなく、簡単に使える音が引き出せます。

MDP技術を採用した歪みエフェクターは初代にあたるということで、オーバードライブモデルとディストーションモデルには「1」という番号が与えられました。

1977年発売のBOSS初のコンパクトエフェクター伝説のOD-1(今でもプレミア価格がついています)の再現と思われるでしょうが、Xがついただけあって、BOSSのブランドイメージを変えるエフェクターに仕上がっています。

筐体は、相変わらずのBOSSの筐体ですが、コントロールツマミが左からLEVEL,LOW,HIGH,DRIVEの4ノブとなり、イコライジングの幅が広がりました。

ノブの下は鏡面仕上げによる銀パネルとなっています。

また、電池交換パネルのネジも銀ネジとなり、そのあたりはOD−1の名前を意識したものなっています。

(厚さも厚くなり指で回せるようになり、さらにワッシャーが付いて、筐体に傷がつかないように細かい気遣いがされています)

消費電力が45mAと大きく、ACアダプター(PSA-100)での使用をおすすめします。(スリープ機能がついていますが、それでも電池の消耗は早いです)

OD-1Xに限ったことではありませんが、電池の消費量がアナログ機種と比べると多いです。

故障防止のための、保護回路もついています。

サウンド

弾いてみて、最初に驚かれるのが、追従性のよさとサウンドの明瞭さだと思います。

何より、倍音の豊かさと音の太さが感じられます。

コードの分離がよく、音が気持ち良く伸びていきます。

従来のチューブスクリーマータイプの回路のものは、低音が削れて、ミッドが持ち上がる癖があるのですが、それはなくなって程よく中域がもちあがっています。

自然なコンプ感があり、音の印象は湿った部屋から出て、日の当たる部屋に引っ越しましたという感じです。

オーバードライブペダルですが、歪みの幅も大きく、OD-3のDRIVE MAXより歪みます。

(あくまでオーバードライブなので、これより激しい歪みはDS-1Xをどうぞ)

クリーンブースターとしての使い方もできますしゲインを上げればかなり歪みます。また基本的に音自体は太くなります。さまざまなジャンルに対応できると思います。デジタル特有のフィーリングは無く、今までに無かったような自然な奥行きを感じます。

また、LEVELについてもアウトプットレベルが以前より大きくなっています。

さらに、トーンつまみがひとつから、ロー、ハイと2つになったため、より効果的なイコライジングが可能になっています。

ノイズも少なくなっています。

 

セッティング

アンプが貸しスタジオのJC-120のクリーンアンプでも、DRIVE 9時LEVEL13時にするとシングルコイルのギターでも気持ちのよいクランチサウンドが作れます。

LEBELはクリーンなサウンドから右に回していくとかなり歪みは激しくなり、ブースターとしての使用ができます。音の立ち上がりが早く、不自然なアタック感は無くまろやかなコンプ感があり、歪ませても各弦の分離がはっきり確認でき、濁った感じはありません。

Driveのツマミは歪みの量を調整できます。レンジの幅が広く、特にミドルが持ち上がるイメージがあります。

ハムバッカーの場合にはギターのヴォリュームをすこし絞るといい感じになります。

開発陣はJC-120でテストを行っているのでしょうか、JC対策にはぴったりです。

もちろん、普通のオーバードライブとしてもとても良い音になります。

トーンはLOW、HIGHがついておりSD-1とくらべると幅広いサウンドメイキングができます。

アンプがフェンダータイプの場合には、ロー、ハイを抑えめ、マーシャルタイプの場合にはBASSツマミを下げて暴れるローを削ったりすると良いと思います。また組み合わせるアンプによってはさらに幅広い表現ができます。

いずれの場合にも2つのトーンコントロールが有効に役に立ちます。

クリーンブースターとしても優秀で、DRIVE 0 LEVEL  13時 で気持ち良くブーストが可能です。

もちろんここでも2つのトーンが有効に働きます。

きれいなクランチから、かなり歪んだオーバードライブまで守備範囲の広いエフェクターになりました。

昨今のブティックペダルの台頭に対して、デジタル技術を研究し続けているBOSSが出した答えがこの渾身のオーバードライブペダルではないでしょうか。

(ただし、数年後は抜かれているかもしれません・・だって、BOSSだから)

関連記事

▶︎OD-3の評価レビューはこちら!

▶︎OD-3とSD-1の比較はこちら!

▶︎OD-1Xの評価レビューはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■