スネイクです!

トレンドアフィリエイトのネタは腐る程あります。

しかしたくさんあるからこそ、ネタの選定に困ってしまう事もあります。

今回はアクセスが集めやすいテレビ系のネタについて、攻め方を深掘りしていきます。

動画でもこちらのテーマについて語っていますので、まずは動画からご覧ください!

 

注目!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? アフィリエイトに興味があるあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■アフィリエイトの記事一覧は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

トレンドアフィリエイトブログでテレビ欄やCMで未来予測記事を書く。

トレンドアフィリエイトにおいてテレビ系のネタというのは、非常にやりやすいし、アクセスが集まりやすいです。

テレビ番組に出演した芸能人や場所・物・事柄は検索需要が一気に高まります。

テレビを見ている人は物凄い多いですから、それは当然ですよね。

テレビ番組を見た後に出演者について検索した事がある人も多いのではないでしょうか。

このチャンスを逃す手はありません。

以下でやり方について考えていきます。

テレビ欄・番組表をチェックする

テレビ系のネタで攻める際は、まずテレビの番組表をチェックしましょう。

出演者や内容が書いてありますよね。

ここで話題になりそうな、人気がありそうな人や事柄をチェックします。

そして話題になりそうな人や事柄が見つかったら、その番組のテレビ欄やHP等をチェックしましょう。

すると番組の大体の内容が書いてあります。

そうしたらその番組で話題になりそうな事があるかどうかを未来予測出来ますよね。

つまり、「その番組をきっかけに新しいキーワードが生まれる」という予測が立てられるという事です。

この新しいキーワードに関してはまだ虫眼鏡キーワードも出現していないはずですし、ライバルは少ないはずです。

もしそのキーワードが実際に話題になったとしたら、アクセスが爆発する可能性があります。

テレビCMは意識して見ておく

テレビ欄だけではなくチェックしておいて欲しいのが、CMです。

番組の宣伝をする為にCMを流すわけですから、CMで流れた番組のシーンのネタは話題になりやすいです。

例えば

「石原さとみが◯◯を披露!まさかの展開に!?」

みたいなCMだったとしましょう。

そうしたら、その◯◯の部分が話題になりそうですよね。

ネタ探しの為だけにCMを見る必要はありませんが、テレビをみている時は常にアンテナを張っておきましょう。

※常にアンテナを張っておく事の重要性について

ちなみにですが、年末はふるさと納税のCMが物凄く多いです。

アンテナを張っていなかったら何も感じないと思います。

しかしアンテナを張っていたら

「ふるさと納税でもアクセスは集まるかもしれない!」

という風に考える事が出来るかもしれません。

ふるさと納税が稼げるからサイトを作った方がいいという事を言いたいのではありません。

常にアンテナを張って生きる事が稼ぐ為のヒントであり、コツだと言いたいわけです。

どんな所にもヒントは転がっている可能性はありますので、意識しておくといいです。

作り方その1・テレビ番組の未来予測記事の作成方法について

先ほどの石原さとみさんの例でいくと

「石原さとみが◯◯を披露!まさかの展開に!?」

の、◯◯の部分が話題になる事を先読みして、◯◯について記事を書いていきます。

もし◯◯の内容がCMでわからなかったら、テレビ欄や番組番組のHPなどをチェックしてみましょう。

すると何かしら載っている場合が多いです。

そうしたら、その石原さとみの◯◯について書いていきます。

この時◯◯についてはまだ番組が放送される前ですから、薄い情報しか書けないと思います。

この攻め方の場合、それで大丈夫です。

例えば500文字とかでもいいので、番組の前に記事を投稿しておきましょう。

作り方その2・タイトルについて

タイトルには

  1. 石原さとみ
  2. ◯◯
  3. 番組名

この例の場合、この3つは入れておいた方がいいでしょう。

タイトル作りに失敗するとアクセスは集まらないので注意しましょうね。

作り方その3・テレビ番組が放送される前に、上位表示させる為にインデックスだけさせておく

そしてインデックスだけさせておきます。

この段階で記事を投稿している人は少ないので、上位表示はしやすいはずです。

ここで上位表示出来たとしたら、半分勝ちです。

作り方その4・テレビ番組をリアルタイムで視聴し、加筆修正する。

その後、番組をリアルタイムで実際に見ましょう。

そして番組を見ながら、リアルタイムで記事を加筆修正していきます。

そうすれば内容の濃い記事に仕上がるはずです。

加筆修正したらフェッチアズグーグルはしておきましょうね。

すると誰よりも早く話題になりそうな記事を上位表示出来ているはずです。

実際に上位表示できていたとしても、本当に話題になるかはわかりませんし、アクセスが来るかはわかりません。

しかし当たればデカイです。

やってみる価値はありますね。

スネイクのテレビ番組の未来予測記事の実例

僕は初心者時代に初めてアクセスの爆発を経験したのは、テレビネタでした。

アクセスが爆発した日、CMで「EXILEのAKIRAがドッキリでキレる!?」というのが頻繁に流れていたのです。

AKIRAさんがドッキリでキレてる映像が流れてて、純粋に面白そうだなと思ったんですよね。

そして記事をリアルタイムで書いて投稿。

こんなに面白そうな番組だったのに、僕の他に記事を書いている人はいませんでした。

  • 「EXILE  AKIRA ドッキリ」
  • 「EXILE  AKIRA キレる」

とかのキーワードで1位を取れてました。

アクセスはその日一日で8000位来ましたよ。

この純粋な「この番組面白そうだな〜」という感覚が非常に重要です。

人気がある出演者が出ていても、「普通にトークして終わって、特に話題になるような事は起きなかった。」という事はよくあります。

面白そう!と思ったら、記事にしてみるのは非常にアリだと思いますよ。

※テレビ番組に人気がある役者や芸能人が出演しても、話題になりそうな事がなければアクセスは来ない

注意したいのがここです。

たとえ人気がある芸能人が出演する番組であっても、話題になりそうな事柄がなければ、アクセスは来ないという事です。

たとえば普通にトークをして終わったとします。

それであれば「◯◯さん、良かったね〜」で終わってしまいますよね。

そうではなくて、

「まさか◯◯さんが、こんな事を!?」

の様な話題性がある記事を書く事がアクセスが集まるコツなのです。

もう一つの攻め方「虫眼鏡キーワードを攻める」のもアリ

これまで語って来た未来予測記事は、短期的な爆発を狙ったものです。

ショートレンジなので2〜3日もすればアクセスは激減します。

そこで、ミドルレンジのキーワードである虫眼鏡キーワードを攻めるのもアリです。

番組が放送される前に出演者についてチェックします。

出演者名で検索して、虫眼鏡キーワードのライバルが弱いネタを探しましょう。

そして記事が上位表示出来たら、爆発はしませんが、中長期で稼げる記事になります。

ミドルレンジ・ロングテールの記事も、積み重なって来るとブログ全体で大きなアクセスになっていきます。

この手法も合わせて攻めて行くと、より安定したブログ運営が出来ますね。

テレビの未来予測記事のまとめ

1・テレビ番組で話題になりそうなネタを未来予測して、前もって記事を仕込んでおく。(短期的な爆発狙い。)。その後リアルタイムでテレビ番組を視聴し、加筆修正する。

2・テレビ番組欄の出演者や事柄などに関しての、ライバルが弱い虫眼鏡キーワードをチェックし、前もって記事を仕込んでおく。(爆発ではなく、中長期の安定的なアクセス狙い。)

この2つの違いを理解し、攻めていきましょう。

テレビネタはやりやすいので、本当におすすめですよ!

僕のコンサル生にも、僕がコンサルを開始してわずか9日目に6500PVを集めた人もいます。

トレンドアフィリエイトブログのドラマや漫画・アニメの未来予測記事。

スネイクです!

トレンドアフィリエイトの「ズラし」のテクニック。

これは比較的難易度が高いですが、成功すればアクセスが見込めます。

今回は「ズラし」と似たテクニックで、ドラマや漫画・アニメについての未来予測記事について書いていきます。

(※今回の記事で述べる手法については、現状ではあまり積極的にオススメはしません。

理由は後述します。

この手法を行えば稼げるという視点ではなく、こういう風な考え方もあるのか!という視点で見ていってください。

動画でもこちらのテーマについて語っていますので、まずは動画からご覧ください!

ドラマや漫画・アニメの未来予測記事

ドラマや漫画・アニメの未来予測記事はズラしよりも少し難易度が下がります。

容易に未来が予測出来るし、パターンがある程度決まっているからです。

ドラマや漫画・アニメというのは週に一度だったり、月に一度のペースで放送や発売されますよね。

ドラマやアニメは基本的には毎週放送されますし、漫画は週刊誌なら毎週、月刊誌なら毎月というペースです。

ここで何が言いたいかと言うと、これらのネタは未来に何が検索されるかある程度パターンが決まっているという事です。

ドラマの場合の未来予測

ドラマの場合はどんなキーワードが未来予測出来るでしょうか。

  • ネタバレ
  • あらすじ
  • 感想
  • 衣装(キャストの衣装の事)
  • ロケ地

これらのキーワードは、ドラマが放送された直後に検索が急激に増えます。

どのドラマであってもほぼ例外なく、これらのキーワードは需要があります。

アクセスが来るキーワードがだいたいこれしか無いので、簡単に未来予測出来ますよね。

特に人気のあるドラマのネタバレのキーワードは、上位表示出来れば、かなりのアクセスが見込めます。

この検索ボリュームの増加が毎週訪れるのです。

タイトルには

「ドラマ名 ネタバレ(衣装だったり、ロケ地) ◯話」

という様に、狙うキーワードに話数を必ず付けましょう。

漫画の場合の未来予測

  • ネタバレ
  • 感想

漫画の場合は、ほとんどこの2つですね。

漫画は雑誌の発売日と、単行本の発売日に検索需要が急増します。

しかし漫画の場合はドラマよりも比較的長い期間、検索数が安定している印象です。

タイトルには

「漫画名 ネタバレ(感想) ◯話」(雑誌の場合)

「漫画名 ネタバレ(感想) ◯巻」(単行本の場合)

という感じですね。

アニメの場合の未来予測

  • ネタバレ
  • 感想
  • あらすじ

アニメもドラマや漫画とほとんど同じですね。

タイトルの付け方も同じです。

「アニメ名 ネタバレ(感想、あらすじ) ◯話」

です。

現在はライバルが増えすぎて、あまりオススメしない

いかがでしょうか?

非常に簡単に未来予測が出来てしまいましたよね。

しかしここまで具体的に手法を書いておいて申し訳ないのですが、この3つ(ドラマ・漫画・アニメ)を攻める事は現在ではあまりオススメ出来ません。

何故なら、ライバルが増えすぎているからです。

手軽に取り組みやすいし、上位表示出来ればアクセスが見込めるからですかね。

ドラマは特にライバルが多い。

この中でも、特にドラマは激戦区ですね。

ネタバレキーワードなんかは、かなり多くのアフィリエイターが上位表示を狙っています。

以前は現在よりもライバルが少なかったので、稼げました。

僕もドラマのネタバレ記事でかなり稼ぎました。

ですが現在はライバルが多すぎます。

とはいえやってみないとわからないので、やってみる価値はあるとは思いますが、ダメそうだったら早めに退散しましょう。

漫画はドラマよりはライバルが少ないが・・・

漫画はドラマよりはライバルが少ないので、いけなくはないです。

しかし誰もが知ってるような人気漫画は無理です。

  • ワンピース
  • 進撃の巨人
  • ゴールデンカムイ

こういうレベルの漫画は非常にライバルが多いです。

狙うなら「そこまでのレベルではないけれど、人気はある」という漫画を狙いましょう。

気をつけたいのが、たとえジャンプやマガジンといった超人気雑誌でも、検索需要が少ない漫画は全く稼げません。

雑誌内で人気格差がかなりあります。

ジャンプやマガジンなどの中でも人気がない漫画だと、上位表示されてもアクセスは多くは来ません。(実践済み)

以前愕然とした事があったのですが、ジャンプで最近連載がスタートした漫画でネタバレキーワードで1位をとった事があります。

しかしその記事の1日のアクセスは10程度でした・・・。

「ワンピース ネタバレ」とかで1位だったら半端じゃないアクセスが来そうですよね。

10アクセスしか来なかった時は、流石にその人気格差に愕然としましたね・・・。

オススメするとしたら、ドラマのキャストの衣装やロケ地のネタ

オススメするとしたら、

  • ドラマのキャストの衣装
  • ドラマのロケ地

なんかはライバルが比較的少ないので、いけなくはないかと思います。

キャストの衣装は女性はかなり気になるものみたいです。

ネタバレほどの爆発はありませんが、それなりに検索需要があります。

タイトルは

「ドラマ名 キャスト名 ◯話 ジャケット」

みたいに、ジャケットの部分をワンピースとか時計とかに変えていく感じです。

ファッションが気になるキャストが身につけていたものによって、ここは変わって来ますね。

ちなみにファッションが気になるキャストは、基本的には女性のキャストです。

主役やヒロインの衣装は当然気になりますが、それ以外の美人な女性キャストも検索需要はあります。

男性のキャストでも、イケメンは需要がありますね。

続いて、ロケ地に関しては

「ドラマ名 ロケ地 ロケ地名」

みたいに、ロケ地名の所を「◯◯学校」とか、「◯◯商店街」みたいに変えていきます。

これもドラマでロケが行われた場所によって変わります。

ちなみに「ドラマ名 ロケ地 ◯◯学校」なんかは結構アクセスが来たりしますよ。

おそらくその学校の生徒が大勢検索するのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事は手法を紹介しておいて「積極的にはオススメはしない」という話でしたね。

じゃあ何で紹介するんだ?と思うかもしれません。

しかし今回の記事で本当に伝えたかったのは、手法ではありません。

こういう考え方もあるという、「攻め方の考え方」をお伝えしたかったのです。

是非他のネタにも応用して考えてみてください。

今回の記事が何かのヒントになったら嬉しく思います。

この記事では書ききれなかった事もたくさんあるので、もっと話が聞きたいという方はお問い合わせページからご連絡くださいね。

・・・お問い合わせページはこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■アフィリエイトの記事一覧は下のボタンをタップしてご覧下さい!■