スネイクです!

アフィリエイトブログの記事は読みやすくなければなりません。

今回は記事を読みやすくする、見出しについての記事をお届けします。

動画でもこちらのテーマについて語っていますので、まずは動画からご覧ください!

 

注目!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? アフィリエイトに興味があるあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■アフィリエイトの記事一覧は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

アフィリエイトブログの記事は見出し(h2・h3・h4)で決まる!

見出しとは簡単に言うと、「これからこういう文章を書きますよ」という事を端的に伝えるものです。

言い換えると「内容の要点を、章や節毎に簡潔にまとめた題名」という感じですね。

本や小説でも当たり前のように使われるこの「見出し」ですが、アフィリエイトにおける見出しの効果とは、どういうものになるのでしょうか。

超重要は「見出し」の効果とは?

ブログの文章の読みやすさは、見出しで決まると言っても過言ではありません。

この記事の今まで出てきた見出しで言うと

  • アフィリエイトブログの記事は見出し(h2・h3・h4)で決まる。
  • 見出しの効果とは?

この部分が見出しになります。

見出しがある事で、文章が小分けのグループになります。

その結果、読者は文章を自然に読みやすくなります。

見出しがないまま文章が続くと、メリハリがなくて読みづらいですよね。

特にブログの文章は小説などとは違い、パッと見の印象が非常に重要です。

読みづらそうなブログだなと思われた瞬間に離脱されてしまいます。

見出しはもちろんですが、画像を使ったりブログ全体のデザインに気を使ったりして、読みやすいブログ作りを心がけていきましょう。

見出しのタグ(h2・h3・h4)について

見出しはタグをつける事で、見出しになります。

ワードプレスでいうと「段落」というボタンで見出しを付けます。

見出しは1〜6まであります。

タグで言うと「h1~h6」です。

このh1~h6はなんとなく付けるのではなく、適切に付けていくべきです。

タグのSEO効果

タグを付けると、タグが付けられた文章が「検索エンジン上で、重要なキーワード」と認識されます。

この「重要なキーワード」は、h1に近ければ近いほど強く作用します。

なので何となく見出しを考えるのではなく、出来るだけSEOを意識した「重要なキーワード」を見出しに入れるように意識しましょう。

一応言っておくと、見出しの文章が変になるくらいだったら変に意識してキーワードを入れなくていいです。

あくまで自然な文章でありつつ、キーワードも意識した見出し作りをしていきましょう。

h1~h6タグの付け方

h1~h6タグの付け方には、規則のようなものがあります。

実際にはそこまで神経質に付けなくてもいいと思いますが、基本的なルールとして知っておきましょうね。

それでは順番に見ていきましょう。

タグの順番を意識する

タグは順番を意識して付けていく必要があります。

  • 大きな見出し(h2)
  • 中位な見出し(h3)
  • 小さな見出し(h4)

この様に、「大きな見出し」・「中位な見出し」・「小さな見出し」があると考えてください。

そしてこの様な法則を考えてください。

  • 大きいタグの中に、中位なタグと小さいタグを入れる。
  • 中位なタグの中に、小さいタグを入れる。

わかりやすい様に、箱で例えましょう。

  • 大きい箱の中には小さい箱は入る。
  • 小さい箱の中には大きい箱は入らない。

小さい箱の中に大きい箱を入れようとしないようにしましょう。

タグの付け方の例

あいうえお(h2)

かきくけこ

さしすせそ

たちつてと(h3)

なにぬねの

はひふへほ

まみむめも(h4)

やゆよ

がぎぐげご(h4)

ざじずぜぞ

こんなイメージですね。

h2の中にh3が。

h3の中にh4がありますよね。

タグの付け方の例(重要なテーマが2つ以上ある場合)

基本的には先ほどの例の付け方で大丈夫です。

ただし、記事の中に重要なテーマが2つ以上あるとしましょう。

その場合はこんな感じで付けていきます。

 

あいうえお(h2)

かきくけこ

さしすせそ(h3)

たちつてと

なにぬねの(h4)

はひふへほ

まみむめも(h2)

やゆよ

がぎぐげご(h3)

ざじずぜぞ

だぢづでど(h4)

ばびぶべぼ

 

この様にh2タグが2つあって、それぞれのh2タグの中にh3とh4タグが入っています。

h1タグについて

基本的にh1タグは使わないでいいです。

このh1タグは記事のタイトルについています。

記事タイトルには絶対に狙うキーワードを入れるのは、アフィリエイトブログでは鉄則ですよね。

その重要な記事タイトルにh1タグに、最もパワーが強いh1タグが付いているという事です。

記事タイトルが何故重要なのかと言ったら、seo的に言うと

「h1タグが付いていて、検索エンジンに重要なキーワードと認識されるから」

という事になります。

記事タイトルの重要性と、h1タグのパワーが理解出来ましたでしょうか?

h2タグについて

h2タグは記事タイトルに含まれているh1タグに次いで、重要なタグです。

なので文章中で最も重要なキーワードを含めておきたいところです。

注意点としては、h2タグを使うのは1記事につき2つまでにしておいた方がいいという事です。

3つ以上あると、重要なキーワードが多くなり過ぎてしまいます。

重要なキーワードがたくさんあると、1つ1つの重要性が薄れますよね。

検索エンジンにも何が重要なのか曖昧な状態で伝わってしまいます。

h2タグは基本は1つで、多くても2つまで。

この様に覚えておきましょう。

h3タグ・h4タグについて

h3とh4タグは特に何個までとかの決まりはありません。

  • h2タグの中にはh3タグ
  • h3タグの中にはh4タグ
  • 極力狙いたいキーワードを入れる。
  • キーワードは無理して入れるくらいだったら、入れなくていい。

というルールだけ守れば問題ありません。

h5タグ・h6タグについて

この2つは基本的には使わないで大丈夫です。

ここまでくるとかなり細かいタグになってきますので、重要性が薄いです。

あと別の角度から言うと、ここまで細かく見出しを付けると、読者からすると逆にわかりづらい文章になってしまいます。

使ったらダメという事はありませんが、あえてここまで細かく使わなくてもいいです。

まとめ

ちょっとしたルールはありますが、感覚的に理解出来ましたでしょうか。

ただし厳密にやりすぎる必要はありません。

あくまで基本的なルールという事で、実際に見出しを付ける時はササッとつけちゃいましょう。

ちょっと付け方がズレた位で、SEO的に不利になったりはしませんので。

そこを気にしすぎるよりも、コンテンツをより充実した内容にする事を意識した方が重要ですからね。

というわけで、見出しについては以上です!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■アフィリエイトの記事一覧は下のボタンをタップしてご覧下さい!■