「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

フェンダーのジャズベースやそれに準ずる形のベースしか使った事が無い人には「ヘッド落ち」とは何なのかわからないと思います

実際「ヘッド落ち」って何?と聞かれる事も多いです。

ヘッド落ちとは、ベースの重心がヘッドよりになっているベースで起こる事で具体的にはストラップで体からベースをつるした状態で両手を離すとヘッド側が落ちてしまう現象です。

原因はベースのバランスが悪い事に他ならないのですが、この現象はSGベースやサンダーバード等の変形ベースやペグがヘッドに多く付いた多弦ベースによく起こります。

今回はそんなヘッド落ちへの対策についてです。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ストラップを短くしてベースを高い位置で弾く

どういう原理でこうなるのかわからないのですが、経験上ヘッド落ちするギターやベースはストラップを短くして高い位置で弾くとヘッド落ちがしにくくなる場合があります。

もしベースを低い位置で弾いていてヘッド落ちが気になる場合は位置を上げてみて下さい。

ただし、あまり変わらない場合もあります。

滑りにくいストラップにする

一番簡単だと思われる方法が滑りにくいストラップを使用する事です。

滑りにくくい事で体との摩擦を増やしヘッド落ちを防ぐ、あるいは減らす方法です。

また、同じ理屈で上半身裸の状態でベースを下げるとヘッド落ちしにくくなります。

ストラップピンの位置を変える

これは特に変形ベースで有効な方法なのですが、ネック側のストラップピンをボディ裏に付け替える事でバランスが良くなりヘッド落ちがしにくくなる方法です。

また、ボディエンド側も位置をずらす事によってベースがバランスが向上する場合もあります。

難点としてはストラップピン付けてみないとバランスがよくなるかどうかわからない事で、失敗すると穴が出来てしまいます。

また、かならずヘッド落ちが解決するとは限りません。

失敗したくない場合はリペア屋等で相談しストラップピンの位置を変えてもらって下さい。

ストラップのボディエンド側に重りをつける

ボディエンド側のストラップに重りを付けるのも有効な方法です。

この方法はベースを改造する必要が無いところありません。

一番簡単な方法は100均等で売っているリストウエイトをストラップにそのままつける方法です。

これ以外に使えます。

但し、ボディにリストウエイトが付かないように少し上の方で固定した方がいいと思います。

理由は、ボディにピタリつけた途端ボディの鳴りが極端に悪くなります。

ボディエンドからボディに付かないように位置を上げて取り付けて下さい。

実は2010年頃にボディエンド側に重りを入れる事が出来るストラップを販売したメーカーが海外にあったのですが、1年もしないうちに倒産してしまいました。

問題点は重りが多く必要な場合は重りの分機材も重くなってしまう事、重りの分肩への負担が増える事です。

ヘッド落ちが完全に解決できないベースもある

ヘッド落ちの対策をしても、どうしてもヘッドが落ちてしまうベースも多くあります。

何をやっても解決しない場合は、それがベースの個性と諦め、受け入れるか別のヘッド落ちしないベースを購入するしかありません

自分のとってそのベースが本当に必要かどうかも含めよく考えて判断して下さい。

ベースの指弾きのコツや練習方法。


元々バンドにおけるベースという楽器はフェンダーがプレシジョンベースを1951年に発売するまではウッドベース(コントラバス)を使用されていました。

その関係で当初はベースは指弾きで弦を弾くのが主流で、その後の時代にピックで弾く人達が現れます。

そういった意味ではベースを指で弾き事は一番基本的なものなのかも知れません

今回は指弾きのコツや練習方法について述べます。

最初は指で弾けなった

自分の話で恐縮ですが、自分は今でこそ指弾きメインでやっていますが、ベースを始めた当初は指弾きでは無くピック弾きでした。

パンク等の場合はそれでよかったのですが、次第にジャズやファンク系を弾くようになると、どうしても指で弾いた方がいい場面が多くなりました。

しかし、指で弾こうとした時に問題になったのが人差し指、中指を交互に使う事で、どうしても引っかかりが出来たり綺麗に揃わなかったりしてしまったのです。

指で弾けるようになった時

ところがある日ジャズ系のバンドで4ビートの曲を演奏する事になった時にテンポが遅かったのもあったのですが、中指1本だけで弾けるようなフレーズしかありませんでした。

これなら弾けるかと思い、中指だけで弾いてみたところ全く問題無く弾けたのです。

指弾きをやってみようと思った時に一番最初の壁になるのが指を交互に弾く事だと思うのですが、指1本なら実はすごい簡単だった事に気づいたのです

それからはしばらく、ピックを親指と人差し指で挟み、ピック弾きをメインにしつつ指弾きのニュアンスが必要な場合は中指で弾くというスタイルで弾いていました。

それからさらに時間が経つと中指の補佐的なポジションで人差し指を使うようになってきました。

この頃には早いテンポの曲でなければ指弾きだけで弾けるようになっていました。

上記の経験を踏まえた場合、指弾きをしてみたいけど出来ない!という人はまずは指1本で弾く事から始めてみる事をおすすめします

さらに言えば、中指だけで弾く、人差し指だけで弾くを両方試してみて下さい。

自分は指弾きは人差し指→中指の順番で弾くものだと思っていたのですが、実は中指→人差し指の順番で弾いた方が弾きやすかったのです。

もちろん人差し指→中指の順番で弾くも多くいます。

ですので、自分が「人差し指→中指の順番」タイプなのか「中指→人差し指の順番」タイプなのかを見極めるために、中指だけで弾く、人差し指だけで弾く両方試してほしいのです。

どちらも同じであれば、より楽しい方を選んで下さい。

練習方法1 まずは指1本で

既存のPOPSやROCK系の曲だとそれで弾ける曲も少ないとは思うので、まずはブルース進行の曲を4ビートの頭だけ弾く練習をしてみて下さい。

例えばキーがAであれば下記フレーズを全て4分音符で弾いて下さい。

A

G———————————- G———————————-
D————–5–7–5———— D————–5–7–5————
A——-4–7————-7–4—- A——-4–7————-7–4—-
E—5—————————— E—5——————————

D A

G————–5–7–5———— G———————————-
D——-4–7————-7–4—- D————–5–7–5————
A—5—————————— A——-4–7————-7–4—-
G———————————- E—5——————————

E D A

G—————————— G———————————-
D——-6–9–6—–4–7–4– D————–5–7–5————
A—7————-5———— A——-4–7————-7–4—-
G——————————- E—5——————————

上記フレーズは人差し指もしくは中指だけで弾けるようになって下さい。

使用する指はどちらでもかまいません。

練習方法2 オブリをいれてみよう

おそらくそんなに時間かからず弾けるようになると思いますが、その後でオブリを自分で入れてみて下さい。

この場合であれば8分音符を使用するようなオブリです。

その時に拍の裏の音は使っていない方の指を使うと練習としては効果的です。

こういった練習を行い指を自由に使えるようにしていきましょう。

ベースのサンダーバードの特徴やタイプについて。

話は変わって、サンダーバードのご紹介をさせていただきます。

サンダーバードはギブソンが1963年に同じデザインのギター、ファイヤーバードと共に発表されました

当初発表されたものは1ピックアップのサンダーバードII、2ピックアップのサンダーバードIVの2つです。

しかし、ボディにコンター処理をしていたためにフェンダーから訴えられかけた事をきっかけに同じデザインのサンダーバード、ファイヤーバードはモデルチェンジと称してボディがひっくり返った形の所謂ノンリバースモデルを1966年に発表します

このフェンダーからの訴えは結局フェンダー自身が1965年にCBSに売却されたためうやむやのままに終わったそうです。

一部の記事に訴えられたのはボディデザインと書かれたものがありますが、あれはデマです。

実際訴えられかけた後に発表されたノンリバースモデルの方がフェンダーのギターやベースに似ています。

実際にはフェンダーに訴えられかけた事はきっかけに過ぎず、実際にはサンダーバード、ファイヤーバードの生産コストが思ったより大きかったため、コストダウンを図るためモデルチェンジをした事が真相のようです。

サンダーバードの特徴

・1963年型サンダーバードII、サンダーバードIV

所謂一般的な「サンダーバード」です。

ボディ材はマホガニー、ピックアップはハムバッカー、ネックはスルーネックという、当時フェンダーが出していたジャズベース、プレジションベースとは全く違うスペックになっています。

サンダーバードIIは1ピックアップ仕様で1ヴォリューム1ト-ン、サンダーバードIVは2ピックアップ、2ヴォリューム2トーンで、今日「サンダ-バード」と呼ばれるものは、このサンダーバードIVが元になっています。

ちなみにボディはギターのファイヤーバードと同じものが使用されています。

音の特徴としてはモコモコブリブリといったひじょうにロックに向いた音で数多くのロックベーシストが使用しています。

・1966年型サンダーバードII、サンダーバードIV

所謂ノンリバースモデルのサンダーバードです

ボディ材はマホガニーではあるもののネックはセットネックとなり音のキャラクターも違います。

1966年から1969年までしか生産されていないのでオリジナルのノンリバースサンダーバードは数が少ないです。

音の特徴はやはりオリジナルのサンダーバードと同じモコモコブリブリ系ですが、若干音が軽く汎用性は意外に高くなっています

一部の人には大変人気のあるベースですが、本家ギブソンでは一度も再生産されていません(カスタムショップでは製作している)。

そのため、高額なヴィンテージを入手するか、コピーモデルを購入するしか無いのですが、このベースを元にしたベースばかり制作している「YARDBIRD」というブランドもあります。

こちらのノンリバサンダーバードは結構いい作りをしていますのでおすすめです。

サンダーバードのバリエーションタイプ

サンダーバードのその他のバリエーションタイプです

・サンダーバードスタジオ

2004年に発売された廉価版サンダーバードです。

ネックジョイントはスルーネックではなくセットネックとなっています。

4弦モデル、5弦モデルがあります。

ちなみにサンダーバードで5弦があるのはこのモデルだけです。

・サンダーバード・ゴシック


こちらはエピフォンですが、ボディもハードウェアも全て黒い「ゴシックシリーズ」のサンダーバードです。

基本的なスペックはレギュラーラインナップのサンダーバードと同じです。

最後に

フェンダーのジャズベやプレベを使っていると音が違い過ぎて戸惑うかと思いますが、好きな人はかなりはまるベースです。

特にロック系をやっているベーシストで未体験の方は一度試奏して頂きたいと思います

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

ベース好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。