世に数々の名機を送り出してきたBOSS 。
今回は新世代の歪みを表現するML-2 Metal Coreをご紹介します!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

boss ml-2のレビュー。セッティングや音作り。

BOSS のハイゲインペダルといえばメタルゾーン(通称めたぞね)やメガディストーションがお馴染みですね。

このML-2は2000年以降に台頭してきた7弦ギターやダウンチューニングを多用したニューメタルを演奏することに特化したモデルになっています。

メタルゾーンはアナログ仕様のため暖かみのある歪みですが、ML-2は硬質で金属的な響きをもっています。

9mm Parabellum Bulletの滝善充氏も愛用していることで名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

音の特性はメサブギー系の攻撃的なディストーションサウンドでありながら独特のきめ細かさがあり、上品な印象を受けます。

Low Bなどダウンチューニングで演奏する時に低音弦の音域が低いが故に音が潰れてしまう現象が起きてしまいます。
7弦ギターや最近だと8弦ギターというものまで出てきています。

通常のギター用エフェクターではそのような低音域までカバーできないということが多いんですよね。

そこで誕生したのがこのML-2になります。

高速のリフも一音一音が明澄で、音潰れや音ヤセもほとんど無いレベルになっています。低音弦のリフが

心地よく刻めます。5弦、6弦の輪郭がぼやけることなく高速リフでもアタック感は強く鮮明です

特にドロップチューニングでは威力を発揮するでしょう。そのまま同じ設定でハイポジションに移動して

いっても濁ったりはしません。

パワーの低いシングルコイル系でも抜けの良い攻撃的なディストーションサウンドが作れます。

超低音弦の音を潰すことなく深く歪むというのがコンセプトになっており、特筆すべきはML-2はデジタルエフェクターであるということです。

歪み系エフェクターにはハイゲインになるほどノイズの問題がありましたが、ML-3はデシタル技術の採用により深く歪ませても非常に少ないのが特徴です。

MT-2やMD-2に匹敵する歪みを生み出しながらも極めてローノイズなサウンドを実現しています。
デジタルの歪みを毛嫌いする人もいますがローノイズはデジタルであることの最大の利点ですね。

デジタルっぽさは確かにあるのですが、余計な帯域が出ない分バンドのアンサンブルの中で威力を発揮すると思います。

ML-2のセッティング

ハイゲインな特性から、ML-2単体での使用がオススメです。
コントロール部は至ってシンプルでLEVEL、LOW、HIGH、DISTの4つで、それぞれ音量、低音域、高音域、歪みを調整します。

LEVELとDISTはお好みで調整するのが良いのですが、12時の位置でもかなり歪むので上げすぎに注意ですね。

ピックアップポジションに関係なく、耳障りでない心地よいディストーションサウンドです。

重要なのがLOWとHIGHの調整です。

この2つのイコライザーのコントロールにより、重厚で金属的なサウンドをコントロールできます。

どちらも効きが良いので足りないものを補うよりも出過ぎている部分をカットするという認識で使うと音が暴れないので良いですね。

エフェクトがONの時のレベルが大きめに設定されていますので、レベルは10時ぐらいでクリーンサウンドと

同じぐらいになります。

12時の位置を基準に作り始めて、ツマミを上げたり下げたりしてハウリングしない、耳に痛くない箇所を見つけると素早く音が作れます。

ML-2はこんな人にオススメ!

デスメタルの重厚で攻撃的なサウンドを求めている人や7弦やダウンチューニングを多用される人、また

圧倒的なパワーのあるサウンドを出したい人、多弦ギターをと使っていてアンプの歪みで満足できない

という人は是非試してみてください!

関連記事

▶︎FZ-5の評価レビューはこちら!

▶︎MT-2の評価レビューはこちら!

▶︎BOSSのエフェクターの記事一覧はこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■