スネイクです!

ワードプレスには固定ページというものがあります。

記事を投稿する時に使う投稿ページもありますが、この2つにはどういう違いがあるのでしょうか?

動画でもこちらのテーマについて語っていますので、まずは動画からご覧ください!

 

注目!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? アフィリエイトに興味があるあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■アフィリエイトの記事一覧は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

固定ページとは?

固定ページとは、「カテゴリーに属さない独立したページ」の事です。

通常の投稿では、どこかしらのカテゴリーに属する事になりますが、固定ページではどこにも属しません。

どういう時に使うかと言うと、こんなコンテンツに利用することが多いですね。

  • 管理人のプロフィール
  • 目次
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせページ

などなど、これらの項目は ブログ内のどのカテゴリーにも属さないであろう事がわかると思います。

投稿ページとは?

投稿ページとは、普通に記事を投稿した記事の事です。

固定ページと違い投稿ページはカテゴリーに属しています。

ここで覚えておいた方がいい事が

「記事を投稿する毎に、その記事に紐付くカテゴリーページのSEOパワーは上がっていく」という事です。

なので「ギターの弾き方」というカテゴリーページがあって、そこに記事を投稿していくと、「ギターの弾き方」のカテゴリーページのSEOパワーも増して行くという事です。

カテゴリーページは、ブログの中でもSEOパワーが強い項目です。

なので「ギターの弾き方」という検索をしたとしたら、カテゴリーページが一番上位表示される可能性が高いですね。

余談ですが、この事からもカテゴリーページを適当に決めない方がいい事がわかるでしょう。

固定ページの作り方

ダッシュボードの左側にある「固定ページ」から「新規追加」をクリックします。

通常の投稿と同じようにタイトルと記事本文を作成します。

ここで忘れずにやっておきたいのが、パーマリンクの設定です。

この画像のように、パーマリンクを設定しないとタイトルがそのままパーマリンクについてしまいます。

パーマリンクの重要性は別の記事で説明しましたが、日本語が入ってしまうと良くありません。

なのでパーマリンクの右側にある編集をクリックし、適切なローマ字に編集しましょう。

ローマ字に変更した後にOKをクリックすれば、パーマリンクの設定が完了です。

後からでも編集出来ますが、最初に設定しておきましょうね。

ここまで出来たら、「公開」をクリックして終了です。

固定ページはトップページに出来る

固定ページのもう一つの重要な使い方として、トップページとして利用出来る事があります。

トップページは通常なら最新の記事が順番に出て来る構成になっていますが、固定ページを固定して表示する事が出来ます。

トップページの作り方

まずはトップページとして使いたいページを固定ページで作成して公開しましょう。

次にダッシュボードの左側にある「設定」の中にある「表示設定」をクリックします。

そして「ホームページの表示」という欄が上にあるので、ここを固定ページにチェックを入れます。

そして「ホームページ」か「フロントページ」と書かれている部分を、トップページにしたいページを選択します。

この右側の選択欄には、固定ページのタイトルが表示されているはずです。

選択したら「変更を保存」をクリックします。

これで固定ページがトップページになりました。

トップページはSEOパワーが高い

ここで一つお伝えしておきたいのが、トップページはSEOパワーが高いという事です。

特定の商品の物販アフィリエイトをする時なんかは、トップページに商品名と狙いたいキーワードをタイトルに入れてトップページにするのがおすすめです。

特定の商品の口コミのキーワードを狙いたかったら

「商品名 口コミ」

をタイトルに入れてトップページにするという事ですね。

ごちゃまぜブログだったりにはあまり使えないと思いますが、活用出来そうな時は活用してみるといいですよ。

まとめ

固定ページと投稿ページの違いと、トップページの設定方法をお伝えしました。

固定ページは必ず使うべきですし、トップページの設定方法も重要です。

是非ご自身のブログにも取り入れてみてください。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■アフィリエイトの記事一覧は下のボタンをタップしてご覧下さい!■