今回はBOSS DM-2Wをご紹介します。

評判の技 ワザクラフトシリーズ、今回はアナログ・ディレイです。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

boss dm-2Wの評価レビュー。音作りやセッティング等。

オリジナルDM-2は1981年6月発売開始、質の良いBBD(バスケットブリゲードデバイス)チップが入手不可能となりましたとの理由で1984年4月生産完了となりました。

DM-2はコンパクトで低ノイズ、しかも低価格だったため大ヒット商品となりました。それ以前まではテープエコーが主流でしたが、ビデオデッキぐらいの大きさだったため持ち運びにも苦労しました。テープのメンテナンスも必要で高価なこともあり、誰でも持てるようなものでもありませんでした。BOSSのコンパクトディレイ第1号機であるDM-2は1984年に生産が終了しましたが、アナログならではの暖かいサウンドが特徴で今でも根強い人気があります。

現在でもプレミア価格がついており、なかなかの価格で取引されております。

(筆者も所有していましたが売却してしまい、その後買い戻そうとしましたが高くて手が出ませんでした)

そのDM-2が技クラフトシリーズで復活しました。音質的に向上しているのはもちろんですが、インプットジャックの追加により、エクスプレッションペダルを接続できるような機能も充実しました。つまり足もとでディレイタイムを変化させることができます。

過去の製品クオリティと同じ製品を作ることができるBBDが入手できるようになりましたとのことで、この度、ワザクラフトシリーズに加わることになりましたとのことです。

今回もフットスイッチの滑り止めのゴムのところには

「技 WAZA CRAFT」の文字が刻まれています。

(ボスのフットスイッチは踏みやすいです)

もちろん、外箱も黒い箱、安心の5年保証となっております。

初回生産分は即完売となったそうで、どれだけDM-2の人気が高かったのかうかがい知れます。

操作方法

コントロールノブは3つ、左から

REPEAT RATE ディレイタイムを調節
ECHO     ディレイ音の音量レベルを調節
INTENSITY フィードバック回数を調節

スタンダードモードとカスタムモードを分けるミニスイッチが真ん中に付いています。

モードスイッチはスタンダードがDM-2のディレイサウンドを再現、カスタムモードではアナログ独特の暖かさでDM-2より2倍以上の長いタイムで表現できます。

スタンダードモードはディレイタイムが20msから300ms
カスタムモードはディレイタイム、最大800msです。

(コンパクトデジタルディレイのDD-3と同じディレイタイムです)

OUTPUTは、ダイレクト音とエフェクト音を別々に出せるようになりました。

レコーディングでは別トラックに録音したり、ライブでは2台のアンプを使用して広がり感を演出できます。REPEAT RATEは右に回していくとディレイタイムが短くなっていき、左だと長くなっていきます。RATEが早くなるとディレイタイムも短くなるといった感じです。

エクスプレッション・ペダルも使えるようになりました。(EV−5限定)

サウンド

スタンダードモードは従来のDM−2のようなサウンドです。

多くのミュージシャンに愛されてきた温かみのあるディレイサウンドです。

デジタルディレイのように冷たく返ってくることない暖かく気持ちのよいサウンドです。音に奥行きが出ます。

カスタムモードに切り替えますと、スタンダードモードのサウンドにクリアーさが加わったサウンドになります。

ディレイタイムが長ければ長いほど温かい音に包まれているような感触になります。

クリアーさが加わっている分だけ、高音の気持ちよさも耳あたりの良い音です。

アナログ・ディレイの技(?)のひとつ発振も可能になっています。
(FV-5を接続して踏み込むと発振します)

クラシック・ロックでは歪んだアンプの前段にEP-3などのテープエコーを接続することが多かったのですが、DM-2Wは同じように歪んだアンプの前に接続できます。

(歪みペダルを使う場合は、歪みの後ろです)

技 ワザクラフトシリーズになってからもバッファ音もみなおされていますので、バイパス音も良くなっております。

スラップエコー、アンビエントエコー、300msダークエコー、ロングエコーといずれの設定にセッティングしても良い効果が得られることでしょう。

関連記事

▶︎DD-3 DD-7の評価レビューはこちら!

▶︎DD-500の評価レビューはこちら!

▶︎RV-3のセッティングや使い方はこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■