今回は、line6 DL6をご紹介します。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

DL4 line6エフェクターの評価レビュー。使い方や音作り。

Line6社はモデリングを開発した会社で、1998年に初代PODを発売し、大きな人気を得ました。

DL4は、既存のディレイ・エフェクターをモデリングした商品となります。

元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテの使用で有名でした。

初期モデルを使用していましたが、巷では音痩せの指摘がありましたが音を聴く限り問題なさそうです。

音質もよく数多くのプロミュージシャンにも使用されてることから品質の高さがうかがえます。

インプット、アウトプットはステレオ対応、エクスプレッション・ペダル接続可能、フットスイッチが4つ、ディレイなので一番右はタップテンポの設定となり、残りの3つはプリセットの呼び出しとなります。

ルーパー/サンプリング機能があるので、正確には15種類のディレイにルーパー/サンプリングとなります。

ルーパー/サンプリング機能の場合にはフットスイッチは、再生・録音などにあたり、一番右は再生スピードの変更・逆再生に変わります。

パラメーター調整つまみは、左から

  • エフェクト・セレクター エフェクトモデルの選択
  • ディレイ・タイム    ディレイ・タイムの設定
  • リピート        ディレイのリピート回数を1〜無限の間で設定
  • Tweak
  • Tweez
  • ミックス       ドライ音とエフェクト音のミックスバランスの調整

となり、TweakとTweezはエコー・ディレイタイプによって、役割が変わります。

エコータイプは

  • チューブ・エコー  チューブ・エコー EP-1
  • テープ・エコー   テープ・エコー EP−3
  • マルチ・ヘッド   ローランドRE-201スペースエコー
  • スイープ・エコー  ライン6オリジナル
  • アナログ・エコー  ボスDM-2
  • モジュレーション付きアナログ・エコー エレクトロハーモニクス・デラッ
    クス・メモリーマン
  • ロー・レゾリューション・ディレイ 80年台の8ビットディレイの再現
  • デジタル・ディレイ  低音と高音のトーンコントロールを持つデジタル・ディレイ
    モジュレーション付きデジタル・ディレイ
  • デジタル・ディレイにコーラスエフェクトを追加
  • リズミック・ディレイ 曲中のリズムを手軽にキープするディレイ
  • ステレオ・ディレイ  ステレオ・ディレイ
  • ピンポン  2つのディレイが交差して飛び交う
  • リバース  逆再生
  • ダイナミック・ディレイ T.C. Electronic2290
  • オート・ボリューム・エコー 2つのエフェクトがひとつになったモデル
  • ループ・サンプラー

となっています。

多機能で大変素晴らしいのですが、残念なことにACアダプターが別売りとなっています。

消費電力が多めなので純正品がおすすめです。

使用方法

エフェクト・セレクターで使用したいエフェクトを選択します。

ディレイ・タイムとリピートを決めます。

ミックスでドライ音とエフェクト音の調整をおこないます。

TweakとTweezが選択したエフェクト・タイプによって効果が変わります。

例として、アナログ・エコーを見てみますと
Tweakノブで低域の調節、Tweezノブで高域の調節が可能となります。

ロー・レゾリューション・ディレイですと、
Tweakノブでトーンの調節、Tweezノブでデジタル分解数を24ビットから8ビッドまでの範囲で調節可能となっています。

このあたりは、説明書をよく読んで使い方を覚えてください。

ルーパー/サンプラー

14秒のルーパーにより多重録音が可能となっています。
(24ビット本格的ステレオサウンド)

再生スピードの変更がタップテンポスイッチにより変更可能になっています。

逆再生もついているので、面白い効果が得られます。

本機を複数繋いで独特なサウンドを出しているギタリストもいます。

関連記事

▶︎DD-3 DD-7の評価レビューはこちら!

▶︎DD-500の評価レビューはこちら!

▶︎RV-3のセッティングや使い方はこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■