中国製エフェクターの代表的なメーカーのひとつDonnerですが、こちらで製作するエフェクターは何か元のエフェクターが基本的に存在します。

しかし、最近Moorも含めオリジナル商品を開発・販売しています。
今回紹介するDonner Alpha CruncherはDonnerオリジナルのマルチエフェクターです。

コンパクトボディにディレイ、コーラス、ディストーションの3つのエフェクトが搭載されています。軽量でギターのソフトケースにも入るような大きさですので持ち運びにも便利です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

donner alpha cruncherの評価・音作りについて

スペック

Donner Alpha Cruncherのスペックは下記の通りです。

コントロール

・ディストーション ON/OFFスイッチ、 VOL、GAIN、TONE

・コーラス ON/OFFスイッチ、 LEVEL、RATE、DEPTH

・ディレイ ON/OFFスイッチ、 LEVEL、FEEDBACK、DELAY

その他:トゥルーバイパス / 電源:9 V DCアダプター、電池非対応

サイズ:横196mm  奥行64mm  高さ45mm

重量:350g

評価と感想

エフェクターはディストーション、コーラス、ディレイがありますが、このマルチエフェクターはプログラムが出来ません。

つまり、ただ3つのエフェクターが並んでいるだけですが、その分直感的に操作が可能です。

特にディレイ、コーラスなどは強烈なかかり方はしないですが、アナログ的でむしろ最近の物よりは使いやすいです。最近のデジタル化された物とくらべると、どこか懐かしいサウンドを感じます。

そう聞くと何か機能が足りてないように感じるかも知れませんが、実はBOSSが最初に出したマルチエフェクターBE-5はまさにこのタイプで、プログラムを嫌う一部のギタリストに愛好家が多く入手困難なマルチです。

クセのないディレイに透明感のあるコーラス、歪みは立体間があり、あまりゲインをあげすぎなけれはノイズも気になりません。多少ハイが足りないような気もしますが問題にはならないレベルだと思います。

また、BOSS BE-5を使う理由はプログラムできないという事だけでなく、「小さく」「軽い」事もあり気軽に使える事が挙げられます。

そんなBE-5のようなマルチエフェクターが欲しい人にはDonner Alpha Cruncherはかなりおすすめです。

BOSS BE-5に比べるとコンプレッサーとノイズサスプレッサーがありませんが使わない人には問題無いと思いますし、何より価格が安い(2018年10月現在約6,000円)です。

惜しむらくはチューナーアウトが無いところでしょうか?

またBE-5も小さいですが、Donner Alpha Cruncherはさらに小さいです。
実物を見るとイメージよりかなり小さい事に驚くと思います。

音作りについて

オフィシャルサイトの説明文を見るとディストーションがアナログでそれ以外はデジタルのようです。

操作もシンプルでそれぞれにON,OFFの切替ができます。最近のマルチエフェクターのような難しさもありません。

ディストーションはブリティッシュロックをイメージしたような音でディストーションというよりハイゲインオーバードライブという雰囲気です。

GAINを低くすれば軽いオーバードライブのような音になりますが、若干音の芯がないように感じられるので、GAINを12時より上げて歪みが多い方がいい感じの音になりやすいです。

コーラスはごく普通のコーラスで変な味付けもなくそのまま使えますが、これはディレイも同様です。

最後に

とりあえずエフェクターの3点セットが入った上に直感的な操作も可能で、尚且つこの価格と大きさはかなり素晴らしいと言えます。

donnerのコンパクトエフェクターは他社の製品とくらべてもサイズがひとまわり小さく、価格は3,000円前後が中心です。安くてもサウンド的に悪くないのはコピー技術の向上にあるようです。有名メーカーのOEM生産をしていたりする場合は、見た目は違っても中身は同じもの・・・といった製品もあります。安い部品を使っているのも事実ですが、これだけのサウンドでこの値段ならコスパは相当高いと言えます。

初心者の人はこれ買って使うのもありだと思いますし、それ以外の方はちょっとしたセッションとかでフル装備持っていくのがめんどうな時にこれがあると重宝します。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■