ギターを弾く上で基本中の基本がチューニング(調律)です。
ギターに限らずチューニングが合っていないと、音痴で何を弾いているのかわからないですし、楽器本来の音色も出ません。

チューニングが出来ていてこそのギターであるので、しっかりと押さえておきましょう。

今回は数あるギターの変則チューニングの中でもロックで使われることの多い半音下げチューニングについて解説をしていきたいと思います。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

今更聞けない!半音下げチューニングって何?

一般的にギターのチューニングは6弦からE(ミ)A(ラ)D(レ)G(ソ)B(シ)E(ミ)の調律になっており、これをレギュラーチューニングと呼びます。

そのレギュラーチューニングに対して各弦を半音低くチューニングしたものが半音下げチューニングになります。

音の並びは6弦からE♭(ミ♭)A♭(ラ♭)D♭(レ♭)G♭(ソ♭)B♭(シ♭)E(ミ♭)となります。

半音下げチューニングのやり方

ギターのチューニングは原則チューナーを使って行います。
最近のチューナーであればパネルに音名表示が出てくると思うのでそれに従い音を合わせていきます。

7セグなんかのパネルで♯や♭が表示出来ない機種の場合は音名の横に.(ドット)を表示することで代替えの記号にしていることが多いです。

メーカー、機種によって表記が違うことがあるので予め確認しておきましょう。

また、音名表示が無く、メーターや針が動くタイプのチューナーは概ね半音下げモードというものがついているので、モードを変えていつも通りチューニングすると半音下げチューニングが完成します。

意外に知られていない半音下げチューニングにするメリット

半音下げチューニングについてここまで解説してきましたが、何故わざわざ全ての弦を半音低くチューニングするのでしょうか?
それには様々な効果があるからです。

①キーが1つ下がる

バンドで曲を練習している時に、ヴォーカリストから「高くて歌えない」と言われたことはありませんか?
そんな時は半音下げチューニングにして演奏するとキーが下がって歌いやすくなるかもしれませんよ。

②弦の張力が弱まる

弦を緩めて音を低くするわけですから、当然弦の張りはレギュラーチューニングに比べて弱くなります。

初心者の方だと、「弦が硬くてコードを抑えられない」とお悩みではないでしょうか?

半音下げチューニングにすれば押さえづらいバレーコードも幾分か押さえやすくなると思います。

コードを覚えたい時など、弦を緩めた状態で練習してフォームを身につけるという練習法にもなります。

また、張力が弱まることで弦の振動が大きくなり低音域が出やすくなるという特徴もあります。
レギュラーチューニングよりも重い音が出るのでロックで好まれて使われるんですね。

③特定のキーの曲が弾きやすくなる。

少し音楽理論の話になりますが、ギターには弾きやすいキーと弾きにくいキーがあります。

どんなものかというと、弾きやすいキーはCやAm、弾きにくいキーはE♭mやFmなどがあります。

何故CやAmが弾きやすいか一言で言うと「♯や♭が譜面に出てこないから」ということになります。
逆に記号が多いと弾きづらいと感じるはずです。

ギター最初の難関、バレーコードを使う機会が増えるんです。
慣れてしまえば何ともないのですが、ギターを弾き始めて最初の方は辛いと思います。

キーがE♭mの場合だと、半音下げチューニングにしてEmとして弾いた方がかなり楽になります。

コード弾きだけでなく、リードを弾くときもE♭のスケールを弾くよりも半音下げにしてEで弾いた方が見た目もわかりやすいです。

奥が深いギターのチューニングの世界

今回は変則チューニングの中でもよく使われる半音下げチューニングについて解説してまいりました。

一言でまとめると、半音下げチューニングをはじめとする変則チューニングは「楽をするための工夫」であると言えます。
比較的簡単に調弦を行えるギターならではの発想と言えます。

今回は紹介しきれなかったですが、1音下げチューニング、ドロップDチューニング、オープンチューニングなど様々チューニングが存在します。

それぞれ響きや演奏しやすい曲調があるので、是非試してみてくださいね。

チューニングの関連記事

▶︎チューニングの半音下げのやり方とは?

▶︎チューニングの半音下げの効果とは?

▶︎チューニングの音叉でのやり方・方法はこちら!

▶︎ドロップDチューニングのやり方とメリットとは?

▶︎チューニングが合わない原因とは?

▶︎チューニングアプリでおすすめは?

▶︎ハーモニクスとは?チューニングでの利用や実際のプレイ方法はこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■