皆さんはプリアンプと言えばなにを思い浮かべるでしょうか?

ベーシストであってそれなりにエフェクターに詳しい人ならほぼ確実にこう答えるはずです。

サンズアンプと。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

サンズアンプはベースの必需品?セッティング例や音作り・使い方について。

サンズアンプとは?

ですが、サンズアンプとはなにか知らない人も多いでしょう。

今回はベーシストのマストアイテムとも言うべきSANDSAMP BASS DRIVER DIについて紹介したいと思います。

なぜサンズアンプは評価されるのか

ただサンズアンプと言えばプリアンプですが、同社TECH21の製品にはサンズアンプと名の付く商品が沢山あります。

BASS DRIVER DIはその中の一つです。

TECH21の製品には数種プリアンプがありますが、BASS DRIVER DIはその個性が最も際立っているといっても過言ではありません。

好き嫌いこそあれど、そのサウンドには目を見張るものがあり、プロのミュージシャンからも大きな支持を得ています。

サンズアンプの二面性

先ほどからサンズアンプだったりBASS DRIVER DIと呼んでいますが、サンズの方が一般の認知として高いので、ここではサンズと呼ぶことにします。

実はサンズアンプはプリアンプでありながら、歪みエフェクターでもあります。

サンズアンプを使いこなしている人たちはこの事をよく知っています。

なんなら歪みエフェクターとして購入した方がいいくらいです。

そのサウンドはオーバードライブ、ディストーション、ファズのどれでもないです。

それはしばしば「サンズの音」と言われます。

これは聞いてみるのが一番早いです。

主な使用用途

サンズアンプを使用する場合、使用用途が二つあります。

一つめはプリアンプ。

二つめは歪みです。

どちらも既出で予想がつきますね。

具体的にどのように使用するのか解説いたします。

プリアンプ

サンズにはBASS TREBLE PRESENCE の三つのイコライジングに関わるツマミがついています。

近年バージョンアップされたサンズには新たにMIDのツマミも増え、よりプリアンプ的な使用も可能となり、使い勝手が良くなっています。

PRESENCEのツマミはTREBLE以上の高音域のブースト、カットを可能にするツマミです。

僕のイメージとしてはピッキングニュアンスに金属音のような感じがプラスされるという印象を持ちます。

それ以外は特に言う事はないですね、シンプルな構成だと思います。

但し、旧バージョンにはMIDがついていないので扱いが難しいです。

注意しましょう。

また、サンズはそのままラインでの録音や直接PAから音を出す事も可能です。

歪みエフェクター

サンズの良さはその特異な歪みサウンドあってこそと言えるでしょう。

DRIVEとBLENDツマミを両方上げればどんどん歪んでいきます。

この時両方というところがキモです。

BLENDをあげないとDRIVEをあげても歪んではくれません。

僕はDRIVEをはじめ12時に設定してから徐々に必要なくらいまでBLENDを上げていくという方法で設定しています。

サンズ独自の煌びやかさを生かしつつ、派手にしすぎない音を心掛けていますね。

皆さんもぜひ自分に合った使いかたを模索してみてください!

そもそもライン録りとは何か

ライン録りとはベースをアンプから音を出さずにダイレクトボックス等のインターフェースを使って録音する方法です。

アンプから音を出してマイクから録音する方法を「マイク撮り」といいます。

レコーディングする場合、多くの場合ベースはライン録りで行いますが、マイク撮りや両方を使った方法なども用いる場合があります。

ライン録りのメリット

ライン録りの一番のメリットは早さです。

マイク撮りの場合、キャビネットに立てるマイク位置で録音できる音が大きく変わってしまうため、マイクの位置を決めるのに多くの時間が費やされます。

さらに、それだけでなく、そこまで苦労して決めたマイクの位置も別の日には気温や気候の変化のため、マイクの位置を決めた時と音が変わってしまうのです。

ライン録りの場合はその辺は全く影響受けず、一度決めた音は別の時に録音しても同じ音になります。

逆にデメリットはマイク録りした時に得られる「空気間」「エア感」が全くなく、何か味気ないサウンドになりやすい部分です。

サンズアンプは、このラインでの録音に対応するように作られていて、その部分でも重宝されてきた経緯があります。

しかし、この辺は近年急速にアンプシミュレーターの性能が上がってきているので、うまくつかればそのデメリットも解消されます。

ライン録りの音作り

ライン録りの方法はSANSAMPのようなプリアンプから録音する方法やパソコン等につなぎアンプシミュレーターを使って録音する方法があります。

ライン録りでおそらく最初に気になるのは妙に大きく感じるアタック音では無いでしょうか?

そういう場合はアタック音はコンプレッサーを使用していつもよりも大げさにかけてアタック音をつぶしてみて下さい

また、コンプかけた後は一番大きい信号が録音レベルの最大値に近くなるように録音レベルを上げて下さい。

なるべく大きな音で録音された方が音の情報量が多いため音が良くなります。

また、パソコン用のアプリについているアンプシミュレーターを使用する場合、実際にライブ等で使用しているエフェクターを使用するより、バンドルされているエフェクタ-を使った方が綺麗に録音できる場合もあります

何か飛び道具的なエフェクターを使わないのであれば、そのアプリ内にあるエフェクターで現在のエフェクターボードと同じようなセッティングをして下さい。

ただ、どうしてもそれでも空気感が足りないと感じるのであれば、スタジオ等でライン録りと同時にマイク録りをしてミックスしてみて下さい。

また、LINE6のPOD等のアンプシミュレータの機材を使用する方法もあります。

出始めはかなり高額だったPODですが、現在は中古で購入するとかなり安く買う事が出来ます。

2000年前後に売り出したアンプシミュレーター系は今でも使える音があるので、そちらを購入し試してもいいと思います。

ベースのオススメの録音機材や録音方法。


今回はベースを録音する時のオススメの機材や、録音方法についてです。

PCがある場合、PCが無い場合によって違いがあります。

PCがある場合

PCがある(Windows、Mac)場合は録音媒体はPCで行ったほうがいいです。

理由はその後編集、ミックス、マスタリングの作業がそのまま出来るからです。

PCを使う場合はDAW(レコーディング用ソフト)とオーディオインターフェースが必要となります。

・DAW(レコーディング用ソフト)

Windows、Macどちらも使えるオススメのDAWはCubaseやStudio One 3といったものがあります

Cubaseは6万弱、Studio One 3は4万ちょっとします。

また、Cakewalk(windowsのみ)やStudio One 3の無料版Studio One 3 PrimeといったフリーのDAWもあります。

また、Macの場合であればGarageBandというAppleから出しているフリーのDAWがあります。

こちらはiPhoneやiPadにもアプリがあり、それらを連動する事が可能です。

DAWを購入する場合の注意点ですが、OSや動作環境、システム要件は必ず確認して下さい。

・オーディオインターフェース

オーディオインターフェースは楽器とPCを繋ぐものです。

こちらも購入する場合はOSや動作環境、システム要件は必ず確認して下さい。

オススメのものはモニターができるオーディオインターフェースです。

実売価格が5千円切るBEHRINGER ( ベリンガー ) のUMC22や1万円くらいのFOCUSRITE ( フォーカスライト ) のScarlett Solo G2あたりはエントリーモデルとしてもオススメです。

iPadもしくはiPhoneがある場合

PCが無くてもiPad、iPhoneがあれば録音は出来ます。

・DAW(レコーディング用ソフト)

iPad、iPhoneの場合はやはりAppleのアプリGarageBandとオーディオインターフェースを組み合わせたものが一番早いと思います

GarageBandは先に書いた通り、Macとの連動が可能です。

今はPCが無くても将来Macを買えばiPad、iPhoneで録音したデータはそのまま使えます。

・オーディオインターフェース

iPad、iPhoneに使うオーディオインターフェースはIK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア )が早くから出しており、尚且つ価格は押さえめなものも多いのでそちらのものを使うといいと思います。

個人的にオススメなのはそのIK MULTIMEDIA のiRig 2です。

ぶっちゃけ機能はベース繋げてヘッドフォン付けるだけで何もありませんが、かなり手早く録音出来ます。

大きさも小さく5千円切る価格でかなりコストパフォーマンスは高いです。

最初はこれだけで十分だと思います。

もし歌とかも録音したい場合は上位機種のiRig PRO Duoがオススメです。

Androidがある場合

Androidの場合もPCやiPhoneと同じくアプリとオーディオインターフェースが必要です。

・DAW(レコーディング用ソフト)

Androidの場合使えそうな無料のDAWは個人的にはありません。

有料の場合であればFL Studio Mobileがかなりオススメです。

1920円(2018年10月現在)しますが、機能面だけでなくこちらで作ったデータはPC版のFL Studioでも使用できます。

・オーディオインターフェース

先に書いたIK MULTIMEDIAから出ているAndroid用オーディオインターフェース「iRig UA」がオススメです。

iRig UAはPC用のオーディオインターフェースにも使える優れ物です。

PCもスマホも無い場合

PCもスマホも無い場合はMTRによる録音方法があります。

元々スマホ等が無かった時代はMTR(しかも録音媒体はカセットテープ)による録音が主流でした。

今はデジタルMTRが主流で価格も安いです。

個人的にオススメなのがMTRの老舗TASCAMから出ているDP-006です。

2万ちょっとの価格ですがこれだけで楽曲のレコーディングが可能です。

さらに言えば、MTRは直接シールドを刺して録音する事が可能なので、それ以外に機材がいらないという利点もあります。

大昔の話

1970年代、カセットテープのMTRすら無かった時代はラジカセを2台使用して多重録音したそうです。

最初リズムを録音し、それを片方のラジカセで再生しながら楽器と共にもう片方のラジカセで録音、それを繰り返したそうです。

一応その時代にもMTRはありましたが、オープンリールのテープで当時その機材だけで20万円以上したのでアマチュアには中々手が出にくかったそうです。

余談ですが、このオープンリールのテ-プでレコーディングした事があるのですが、どの録音媒体より艶やかで深い音で録音できてかなり驚きました

ただ当然編集等は出来ないので、デジタルとアナログはどちらも一長一短だなと感じました。

▶︎ベースのスラップ奏法とは?

▶︎ベースのスラップの初心者でも簡単でかっこいいフレーズとは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ベースの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■