アコースティック・ギターを立って弾く際、エレキと異なり、ストラップピンを取り付ける必要があります。アコースティック・ギターには、エンドピンは付いているので良いのですが、ネック側には付いていないので穴を空ける必要があります。

アコースティック・ギターに穴を空ける場合、音が変化する可能性があるため注意が必要です。また、ストラップピンの取付け位置が演奏性に影響してきます。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ストラップピンの付け方

アコースティック・ギターのボディに、穴を空ける位置の候補を検討してみます。

・ ネックヒールの側面
・ ネックヒールの三角
・ ネックサイドのボディ

ギターメーカー推奨位置があるものは、それに従ってストラップピンをつけます。

ネックとボディの接合部付近のヒールキャップであれば、穴を空けた後も、形跡が目立地ませんし、アコースティック・ギターのサウンドへの影響も最小限にできます。ですが、実際にストラップを取付けて演奏してみると、バランスが悪くギターが体から離れていくような感覚で、とても弾きづらいです。

そのためヒールキャップではなく、ボディに近いネックのヒール横に取り付けるのが良いと思います。演奏性といった点からは、ヒールキャップに取り付けた場合と比較して、格段に安定します。ハイポジションも弾きやすくなると思います。しかし、穴が空いてしまうので、位置決めは慎重に行うことが大事です。

(テイラー、タコマ、フォルヒ、コリングス、エアーズなどの、ネックとボディが別々に製作され、ボルトジョイントされているギターは、ネックヒールの三角の位置から打つとボルト触れる可能性があります。)

演奏性の安定という点では、ナットとヘッドの間部分に紐などを通し、それをストラップの穴に通すのが最も良いと思いますが、昔のフォーク・シンガーみたいに見えてしまいますね・・・。

ネックヒールの側面

ネックヒールの側面は、ギターの安定度が良いです。

ギターとの一体感もよくなり、ボディへの穴空けも最小限に留められます。

しかし、ストラップに手が当たってハイポジションはかなり弾きづらくなります。アコースティック・ギターではハイポジションでの演奏は行わない、と割り切ってしまうのも一つの考え方です。

ネックヒールの三角

ネックヒールの三角は、キャップ部だとギターが前倒れになりやすい「ヘッド落ち」となり、フィンガリングする左手で、ヘッドとネックを支えなければならないため、演奏性が悪いです。

また、使用するストラップやストラップピンによっては、ストラップが外れやすくなる場合があります。その場合は、エレキギターでよく使われるロック式タイプのストラップピンを使用しましょう。

ネックサイドのボディ

ネックサイドのボディにストラップピンを打ち込む方法は、 演奏性への影響が少なくて非常に良いのですが、すべてのアコースティック・ギターで適合する訳ではありません。

リペアーマンにお願いするのが一番ですが、自分で打ち込む場合には、まず位置を慎重に決める必要があります。

位置を決めたら、取り付けます。

ネックヒールの三角キャップに打ち込む場合は、センターの位置を定規を使って中央部分を計測し、そこにキリを使って目打ちをします。

ドリルを使って穴を空けることになります。太さはビスの経口より0.5ミリ細いサイズを選んでください。

ドリルにビスの長さをマーキングします。その際、マスキングテープを使うとわかりやすいと思います。

ドリルで穴を空けたら、ビスをドライバーでしっかり締め込んで完成です。

ストラップピンの修理の仕方

長年ストラップピンを使用していると、振動や経年劣化などで緩んで行きます。

その状態でプレイし続けると穴が徐々に広がっていき、気付かずにいると落下してしまいます。ステージでの演奏中であれば、最悪の状況になってしまいます。。

ギター・ストラップピンが広がってしまった場合

一旦、ビスを抜いて木片などを埋め込み、接着剤で固めます。なるべくギターの材と同じ木材が良いです。乾いたら表面をヤスリなどで整え、再度新たに穴を空けてビスを打ち込みます。

用意するものは、

  • ギターの材と同じ木材(なければ、ホームセンターで売っている木材で良いです)
  • プラスドライバー
  • 小刀
  • 紙ヤスリ
  • キリ
  • ドリル
  • ボンド
  • マスキングテープ
  • マジックペン

まずは、穴の大きさに合わせて木片を加工します。ここは大まかで結構です。

小刀で削り、紙ヤスリで埋めたい穴の大きさになるよう調整していきます。

長さは、穴の底まで差し込んでみて、ボディより1センチ程度飛び出るくらいにします。

太さは、タイトボンドで接着して穴埋めするので、木部の間にボンドが入り込むように、ぴったりな太さではなく少し余裕を持った細さにしておきます。

何度かはめ込んでみて、長さ・太さを微調整してください。

長さと太さが決まったらボンドで接着していきます。

削ったビスとボディの両方に、タイトボンドを塗って差し込みます。

ボンドの量に気をつけてください。多過ぎるとギターに余分な量が付着して汚れてしまいます。

マスキングテープで、飛び出しているビスをカットする際にボディが傷つかないよう、テーピングをしておきます。

そして1日経ったらボンドが固まりますので、飛び出したビスを小刀でカットします。この時ボディに傷が付かないよう十分注意してください。

つぎは下穴を空けます。

穴を空けたい箇所にキリを使って目打ちをしておきます。

ドリルを使って下穴を空けますが、その前にビスの長さをドリルにマーキングします。ドリルにマスキングテープを貼ると分かりやすいです。

ドリルを使って穴を空けます。太さはビスの経口より0.5ミリ細いサイズを選んでください。

穴を空けたら、ビスをしっかり埋め込んで完成です。

ビスを取り付ける角度が悪いと、ストラップ側の経年劣化なども影響して、穴からピンが外れてしまって落下してしまうこともあります。その場合はピンを別の位置に移動する、という方法も考えられます。位置によって演奏性が変わるので、慎重に考えてください。

エレキのロックピンを使用するのも一つの方法だと思います。ストラップをはめるのはワンタッチで、何より固定式ですから落下の心配なくプレイに専念できると思います。

ストラップの関連記事

▶︎ストラップのおすすめについてはこちら!

▶︎ストラップのつけ方。長さや位置は? 

▶︎VOXのストラップの評価は?

▶︎ジムダンロップのストラップとロックピンの評価は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■