アコースティック・ギターにはピックが必要です。

指で弾き語りしても良いのですが、毎日弾いていると爪が削れてしまうので痛い思いをします。

ギターを始めた頃は、左手も痛いのに右手まで痛い思いをしたらたまりません。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

形状

・トライアングル型

おむすびの形をしています。

角が3個あるので削れたら、ひとつが削れたら別の場所を使うようにするとピックに掛かるお金が節約できます。

ストロークにはこれが向いていますが、アルペジオや単音弾きには苦戦するかもしれません。

アルペジオの曲も演奏する場合には、ティアドロップ型も携帯しておくと良いと思います。

・ティアドロップ型

三角の方を上にすると涙の形に見えることから名前がついています。

ストローク、アルペジオ、単音弾きと万能に対応していますが、初心者の方は持っている感覚が薄いので、落としがちになるかもしれません。

初心者のうちは、トライアングル型で慣れてからティアドロップ型に挑戦しましょう。

トライアングル型のように3つの角がひとつしかないので、削れてしまったら交換することになります。

まれに他の角で弾く人もいますが、おすすめできません。

・サムピック

各指用にありますが、親指用にはめて使うものを紹介します。

フィンガー・ピッキングに使うもので、スリーフィンガーにはこれです。
親指にこれをはめて使うとベース音にアタック音がつくので、演奏にメリハリが出ます。

うまく演奏するようには慣れが少し必要ですが汗などでピックをすべり落とす心配が少なくなるため

使用に慣れるとると通常のピックとの違和感があります。

・ジャズ型

これは、単音弾き用で、ティアドロップ型が少し短くなった感じです。

ストローク用ではなく、ジャズギタリストが弾くものです。

アコギでジャズを演奏する時に使います。

厚さ

・シン/ソフト (厚さ0.5ミリほど)

薄いもので、しなるので弾きやすいですが、アタックがあまり出ないです。

固い音は出ませんが演奏の仕方でダイナミクスを出しやすいです。

ストロークやアルペジオにはちょうどいいのですが、単音弾きにはアタックが無さすぎて不向きです。

腰のない音になりがちですので、ストロークの合間に単音弾きを入れる時はピックを立てるようにすれば

ある程度のアタック感は得られるでしょう。

・ミディアム  (厚さ0.7ミリほど)

シンとヘビーの中間で適度にしなってくれて、アタックもそこそこ出ます。

ストローク、アルペジオ、単音弾きと万能にこなせます。

・ヘビー  (厚さ1ミリほど)

硬いので、しなってくれないので初心者には厳しいです。

厚いものになると2ミリのピックもありますがこちらはかなり高度なピッキングテクニックが必要となります。

音が固いので、単音弾きには優れていますが、ストロークにはアタック音が目立ちすぎてしまいます。

アコースティック・ギターでは、シンかミディアムがちょうどよいでしょう。

形状と厚さを考えると、トライアングル型のシンかミディアムか、ティアドロップ型のシンかミディアムを買ってみて、その中から好きなものをチョイスすると良いと思います。

それでも、物足りないと感じたら、ヘビーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ギターのピックの種類とおすすめの選び方

中には自分の指で弾く人もいますが、ギターを弾くときはたいがいピックを使います。

そのピックの種類や選び方を簡単にご紹介します。

ピックの3つの要素

ピックは3つの要素でできています。
ひとつは「硬さ・厚み」、もうひとつは「形状」、あとは「材質」となります。

硬さ・厚み

ピックには必ずExtra Heavy、Heavy、Medium、Thinのいすれかが書かれてるはずです。
これはそれぞれピックの硬さを表します。

Extra Heavyが一番硬くThinが一番柔らかいです。
また、厚みもExtra Heavyが一番厚くThinが一番薄くなります。

一般論として、Extra Heavy、Heavyはロック向き、Medium、Thinはおとなしめの音楽に向いているとされています。

Extra HeavyやHeavyは硬さがあるとピックがしなりにくく、ピッキングがダイレクトに弦にヒットするためレスポンスが早くエッジが出るためロック系に向いていると思われます。

Mediumは多少しなるのでエッジは弱くなります。
しかし、ギターソロのニュアンスを出しやすい性質もありロック系の人でもMediumを使っているケースもあります。

また、厚めのMediumというものもあり、こちらは音が太めに出やすく、通常のMediumよりしならないためHeavyとMediumの中間のようなニュアンスがあります。

Thinはしなりが強いのでエレキギターで使用する人はほとんどいません。
こちらは主にアコースティックギターに使う事が多いです。

音は柔らかく暴れるようなローが出ないので綺麗な音になりやすいです。
半面ピックングのニュアンスを出すには時間がかかります。

形状

形状は大きくわけて2種類あります。

・トライアングル


所謂「おにぎり型」で一番ポピュラーな形です。
特徴として面積が大きく持ちやすいのと、ピッキングする場所は3箇所あります。

そのため1か所削れても他の部分でピッキング出来るので長く使う事が出来ます。
また、ベーシストが使うピックはこちらの形が多いです。

・ティアドロップ


先端が尖ってるところが特徴です。
この形状はピッキングがスムーズにしやすい事が特徴です。

しかし、ピッキング出来る場所は一か所しか無いため、削れてしまうと新しいものにしなければなりません。

たまに、丸い方でピッキングしている方もいます。
欠点しては小さめなので落としやすい事が挙げられます。

近年のテクニックではメジャーになってきたタッピング時に素早く持ち替えやすいのが利点です。

他にもホームベース型やピックはたくさんの形状がありますが、基本はこの2種類の派生型と考えていいでしょう。

材質

材質もいくつかあります。
おもな材質はプラスティック系のセルロイドとナイロンがほとんどです。

最近はプラスティック系だけでなく木や石、金属等の材質も使われます。
当然材質によっても音が変わってきますので、自分に合う材質を探す必要があります。

最近では見かけなくなった「べっ甲」もありましたが、現在見かけるものはべっ甲風の柄のものが殆どです。

ワシントン条約の関係で減少傾向にあることと、加工が難しいため、大変高価ですが、独特の硬さと軽さがあります。

ピックの選び方

どういったプレイスタイルかで、形と硬さをおおざっぱに分けてみました。
ここでは、基本セルロイドのピックでの分け方です。
他の材質では当てはまらない事もありますのでご了承下さい

アコースティックギターを使用しコードストロークがメイン
硬:Thin もしくはMedium  形:トライアングル

アコースティックギターを使用し単音弾きがメイン
硬:Thin もしくはMedium  形:ティアドロップ

エレキギターを使用し激しい部分が少ないプレイ
硬:Medium  形:トライアングルもしくはティアドロップ
エレキギターを使用しリフやソロメインのプレイ
硬:MediumもしくはHeavy 形:ティアドロップ
硬:HeavyもしくはExtra Heavy 形:トライアングル

ざっくり書きましたが、上記に当てはまらない事も多いです。
かなり個人差があるので、もし最初にピックを購入する場合は

・Mediumのティアドロップ
・Mediumのトライアングル
・Heavyのティアドロップ
・Heavyのトライアングル

上記4種類を購入してどれが自分に合うのか吟味するといいと思います。

ピックの関連記事

カッティングのピックはどんな形や硬さが弾きやすい?

ピック弾きと指弾きのそれぞれの特徴とは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■