エレキギターを弾くときは立って弾きますが、ストラップの長さに付いて考えてみましょう。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターのかっこいい持ち方。高さや姿勢が大事?

ストラップを長めにするのを広めたのは、なんといってもレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジでした。

ジミー・ペイジがレスポールを低めに構えて、あのトレブリーな音で速弾きする姿はかっこよかったです。

といっても、昔は動くジミー・ペイジを直接見ていたわけではなく、ギター雑誌のグラビアで見ていただけです。

実際に演奏する姿を見ることが出来たのは「永遠の詩」という映画が出来てからでした。

イメージ先行で想像していたのですが、映画を見るとやっぱりレスポールで縦横無尽な演奏をしていました。

ジミー・ペイジは腕が長いのに加え、ピッキング・テクニックが素晴らしいです。

なのでレスポールを下げて弾いても、ちゃんと弾けていました。

それ以降、ミュージシャンたちはジミー・ペイジほど下でもなくても、やや下げて弾くようになります。

高さ

最適な高さは、難しいフレーズの邪魔をすることなく、なおかつかっこよく見える高さでしょう。

ギターを構えて、ピッキングする手首がまっすぐにならない腰より少し下あたりでしょうか。

手首がまっすぐになってしまうと、アップピッキングがしづらいです。

海外ミュージシャンたちを見てみると、テクニカル・ハードロックの人たちはこの高さを導き出しているようです。

真似してみるとよいでしょう。

またこの位置にすると、左手でポジション確認をする顔の位置も自然といい感じに見えます。

ヴィジュアル面でも良いと思いますよ。

しかし、ジャズやフュージョンの場合は違ってきて、演奏性が悪くなると下手と言う烙印を押されてしまいます。

ギターを高めに持ちましょう。

ヴィジュアル面より演奏で勝負しているので、こういう結果になります。

リー・リトナーがレスポールを高めに持っているのを見てあまりかっこよく思えないですが、演奏性が優先されますのでこうなります。

ミストーンはその後のミュージシャン生命に関わります。まずはある程度は弾けるぐらいまでになりましょう。

高さは基本的に座った状態で膝の上に乗せたぐらい・・・です。立って弾く場合はどの位置にもってくるかが最大のポイントです。低くすればカッコいいと思えるのですが、それは上手く弾けてるという前提のもとです。そうでない場合はダサイというほかありません。しかしロックならヴィジュアルを大切にするのも理解できます。どうすればカッコよく魅せられるか・・・演奏の次に大切かもしれませんね。

姿勢

高さが決まったら、姿勢に付いて考えてみましょう。

腕はリラックスさせて降ろして、脇は開けないようにします。

そうすると自然に胸が開くようになります。

ピッキングする右ヒジあたりはギターのボディに当てて、支点となるような感じにすると、右手首がリラックスしてピッキングしやすくなります。

左手首はリラックスさせて、やや内側に軽く曲がるようにすると抑えやすくなります。

肘も、身体からほとんど開けない感じになります。

実際のミュージシャンたちの演奏を映像で確認してみるとよくわかると思います。

ストラップを長くするほど手首が変な角度になります。それで弾きやすければ問題はありませんが、弾きにくくなるのは当然のことです。そんな状態で手首を痛めてしまっては演奏どころではありません。

ギターの位置は年齢とともに上がっていく?

若い頃低い位置で弾いていたギタリストが年齢とともにギターの位置があがっていく現象があります。

この現象はおそらくキャリアを積み重ねる事によってギターのトーンをより掘り下げる欲求が深まり不自然な態勢をやめるのだと思います。

テクニックを追求していくとルックスよりも弾きやすいポジションを選択するのは当然です。6弦ともに指が自由に動かせるようにするには低い位置だと無理です。演奏の自由度を上げるためにもギターの位置も上がってくるのだと思います。

しかし、逆にキャリアとともにギターの位置が下がる人も稀にいます。

自分が知っている限りではX JAPANのhideさんがそうです。

デビューした頃は胸のちょっと下で弾いていたのが亡くなる前には腰の位置まで下がっています。

自分はhideさん以外にこうなった方を知りません。

ギターの高さは時代によって変わっていく

今ではギターの位置が高い方がエモいと言われる時代になりましたが、2000年以前はギターは低い方がかっこいいとされていました。

日本のメロコアバンド、ハイスタンダードのギターの横山健さんは一時期膝の辺りまでギターを下げていたそうです。

さすがにちゃんと弾く事は難しく、すぐにほどほどの高さにしたそうですが。

では時代に左右されないかっこいいギターの高さとはどの高さなのでしょうか?

それは、無理のない姿勢で自然な形で弾ける高さだと思います。

ルックスも大切ですが基本的な演奏ができるようになってから・・・なのですが、プロを目指すのならともかく、ロックを楽しむのなら関係ないと思います。教本通りのスタイルでつまらないトレーニングするなんて楽しくありません。

無理やり高くしたり低くしたりしても不自然になり、ある時代であればはまるかも知れませんが別の時代になれば、その不自然さがカッコ悪く見えてしまいます。

しかし、自然な態勢は美しさも伴います。

ですので、無理のない正しい位置と姿勢でギター弾けばいつの時代もかっこよく見えるでしょう

関連記事

▶︎持ち方は左手の親指がポイントになる?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■