ギターの持ち方は左手の親指がポイントになる?

ギターは、基本的に両手を使って演奏する楽器です。

逆に言えば、ギターは技術的には、「両手しか」使いません。

それだけに右手と左手、そしてその指の使い方が重要なポイントになります。

今回のテーマは、ギターの持ち方は左手の親指がポイントになる?という視点で書いていこうと思います。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターの持ち方は左手の親指がポイントになる?

ギターを演奏する場合、右利きの人であれば、右手で弦を弾き、左手で押弦しますが、左手の親指は押弦の安定性のため、重要な役割を果たします。

親指は、他の指がスムーズに動くように、ネックの裏を支えます。

ネックを握ってみて、人差し指や薬指などで押弦してみると、親指の人差し指側の半分が常にネックに当たっており、力が入ていると思います。

演奏の際にギターが動かないために、運指を安定して行うために、親指のフォームと力加減が大事です。

また、開放弦を鳴らす時には、親指はネックにかけて次の動作に備えておきます。

以上は一般的な親指の使い方になりますが、人によっては、他の方法の方が演奏の安定が保てるかもしれませんので、自分にとって最も楽に演奏できるフォームを探しましょう。

親指の力加減をコントロールすることが、スムーズな演奏に繋がることは間違いありません。

立ってギターを弾く場合には、親指はより力が必要になりますが、力を入れ過ぎると、今度は運指のスムーズさを保てなくなりますので、練習を重ねてください。

エレレクトリック・ギター編

・初めに

一昔前までは、ロック・ギターの教則本や映像はあまりなく、アコースティック・ギター(クラシック・ギターを含む広義の意味で)の教則本や映像を頼りにするしかありませんでした。

しかし、エレクトリック・ギターでは、ベンディング(いわゆるチョーキング)やスライドなど、アコースティック・ギターでは使われない奏法が多くあります。

ベンディング奏法では、クラシック・ギターのように裏のスカンク・ストライプに指を置いたままではやりづらいため、必然的に「シェイク・ハンド」という握り込むフォームになります。

このフォームで、Fメジャーなどのセーハを使うコード・ヴォイシングの際、親指でルート音を押弦する場合もあります。

シェイク・ハンドで親指を押さえるフォームは、手の大きい人でなければなかなか難しいかもしれませんので、シェイク・ハンドを使う場合には省略型ヴォイシングを使うのが一般的です。

Jimi Hendrixは、手がとても大きく、Fender Stratocasterのネックを握っても、親指が4限まで届いたため、他の人からはどう押さえているのか分からないコード・ヴォイシングがいくつかあったそうです。

それが独特と言われるJimi Hendrixのギター・サウンドの秘密の一つかもしれません。

・親指の上手な使い方

Jimi Hendrixの時代から、徐々にギタリストにはテクニカルな運指が求められるようになってくると、親指の動きがさらに重要視されるようになっていきます。

速弾きでよくあるフレーズで、6弦から1弦まで使った縦のフレージングを弾いて、最後は1弦ベンディングで締めくくる、というような場合、親指の力加減や位置を微妙に動かしているはずです。

実際のギタリストの演奏を、後ろから撮った映像などで見てみると分かると思います。

目標のポジションまで素早くかつ正確に移動させてしっかり止まる、これは練習するしかありません。ズレるとミス・トーンの原因になってしまいます。

コード・ヴォイシングでは、クラシック・ギターのようにスカンク・ストライプの辺りを押さえて、半音をぶつけたコードを弾いてみます。

親指の位置は、基本的にロー・ポジションの場合にはネックの半分上で握ると、安定したコード・チェンジが行えるでしょう。

ただし、ずっとロー・ポジションで弾き続けるのならばこの位置で構いませんが、ハイ・ポジションになると徐々に弾きづらさを感じると思います。

この場合は、肘を少し前に出して、親指はネックの縦半分より下側にすると手の甲が前に出てきますので、指が届きやすくなると思います。

親指がネックの縦半分より上方にあると、指が開きづらくなってしまい、ハイ・ポジションでのベンディングが難しくなってしまうので、ベンディングの時だけフォームを変えるか、指の力だけで(少し強引に)ベンディングしてしまうか、対応が必要です。

Jimi Hendrixのように手が大きく、シェイク・ハンド・フォームでも親指でルート音を押弦するギタリストもいますが、コード省略形やバンド・アンサンブルでは、ギターのルート音が省略されるケースが多く、親指は6弦をミュートする役割になります。

親指でルート音を押弦することで、分厚い低音部を出したり、特殊なヴォイシングをする、ということが可能です。

アコースティック・ギター編

アコースティック・ギターは弦が硬く、弦高もエレクトリック・ギターに比べて高いため、ベンディングなどのテクニックはあまり使われません。

楽曲やジャンルにもよりますが、どちらかと言えばクラシック・ギター近いかもしれません。

FやBなどのセーハ・フォームについては、アコースティック・ギター特有の押弦の仕方として、人差し指と中指で挟むように押さえ付けるやり方があります。

この場合の親指の位置は、人差し指と中指の間くらいがちょうど良いでしょう。

セーハ・フォーム以外であれば、中指と同じ位置だと動かしやすいと思います。

ロー・コード・ヴォイシングでも、セーハ・フォームでも、親指をずっと同じ位置に保とうとするのではなく、次の音(コード、単音など)をイメージして、(気持ちの中で)軽く待機させておきます。

アコースティック・ギターの場合は、ギター1本でルート音、コード音から細かなリズムまで担当することが多いので、必然的にセーハ・フォームでのヴォイシングが多くなり、動きの幅も大きくなると思います。

また、5弦ミュートのコードを弾く場合は、親指を6限にかけるようにしてミュートしてください。

弾き始めの頃は、人差し指や中指の指先が押弦で痛くなるように、親指も第1関節辺りが痛くなると思います。

毎日少しずつで良いので、しっかりと練習することで、長時間のヴォイシングにも耐えられるようになり、動きもスムーズになってきます。

関連記事

▶︎ギターのかっこいい持ち方は高さや姿勢が大事?

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

音楽好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。


その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!


しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。








※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。
登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。

アイウエオ かきくけこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください