ギターを弾きはじめは、どうしても指が痛くなります。

特にテンションのきついアコースティックギターだとなおさらです。

エレキギターですと、アコギよりテンションがきつくないのですが、それでも指先は痛くなります。

ギターを始めた頃や久しぶりにケースかろ取り出して弾いてみたりしたとき、すぐに指先が痛くなってしまいます。それでも弾きつづけると水ぶくれのような症状がでてきます。そうなったら指先を休息させてあげるしかありません。しばらくは弾けなくなってしまうので、そうなる以前に休ませるのが重要です。

対処法は2つあります。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

弦のテンションを弱める

・張っている弦を細いものにする

弦のゲージの種類には、エレキギターの場合は

エキストラライト  008〜038
スーパーライト   009〜042
ライト       010〜046
ミディアム     011〜048
ヘビー       012〜054

となります。(メーカーによる誤差あり)

アコースティックギターですと、

エキストラライト  012〜048
ライトゲージ    012〜053
ミディアム     012〜054

アコースティックギターはやはり太いです。

エレキギターからアコギに移行した場合も、やはり指が痛くなります。

もし、ライトゲージが張ってあったら、もう少し下のエレキギターの場合は
スーパーライト、アコースティックギターの場合はエキストラライトに交換してみるとテンションが下がるので、指への負担が軽くなりますので良いと思います。

・チューニングを半音下げチューニングにする

半音下げチューニングにするとテンションは大幅にさがります。

しかし、エレキギターではバンド全体も半音下げチューニングにしなければならないので、苦情が出ます。(特にキーボードから)
曲の雰囲気もルーズな感じになるので、この方法があまりおすすめできません。

指先を硬くする

ギタリスト全員が通る道なのですが、痛いのを我慢して弾くことで指先が硬くなります。

 

弾き続けることで、自然に硬くなります。
途中で皮が剥けますが、次の皮ができるころには痛くなくなっています。

痛みを感じてきたならアイシングすることにより、炎症や水ぶくれを抑えることができます。最悪、水ぶくれになってしまっても無理につぶすのは厳禁です。ばい菌が入ったりすると回復までに余計な時間が必要になってきます。水ぶくれの皮の破れは、どんなに上手に爪切りなどでカットしても微妙に指に残り、フィンガリングに影響がでてきます。そのようなときは無理をせずピッキングの練習とか、他のトレーニングを行うなど普段の練習を見直してみてください。

硬くなるのにかかる時間は個人差と練習時間によりますので、正確な時間はわかりませんが、ギターに指先が対応できるようになります。

ただし、最初の練習でいきなり長時間はおすすめできません。

最初は1時間くらいにしておきます。
それを毎日続けていきますと、指先の皮が剥がれてきます。

それを何回か繰り返しているうちに、指先がだんだんと硬くなっていきます。

練習をつづけていくうちに弦を押さえる力に負けない皮膚がだんだんと形成されていきます。指先がすこし硬くなったような感じでになってくれば、長時間弾いても平気だったり、痛みがでてもすぐ消えていくような状態になっていきます。指先がギターの弦のテンションに対応できるようになっていきます。

力が余分に入っていることも、指先が痛くなる原因のひとつです。脱力することでダメージを減らすことができます。力を抜くことは運指にはすごく重要なことで、指先を守るだけではなく、上達の早道になると思います。

毎日、こつこつと少しずつ練習することがポイントです。

ギターをしばらく弾かないと、また柔らかくなって元に戻ってしまいます。
そしたら、また最初からになってしまうので注意しましょう。

また、弦を押さえるときはフレットの直ぐ横を押さえると指先の負担が少なくてすみますので、心がけて練習しましょう。

指・爪の関連記事

▶︎小指が短い人・小指が立つ人の対処法とは?

▶︎小指のトレーニング方法とは?

▶︎薬指が動かない時のトレーニング方法とは?

▶︎爪が当たる時の解決策は?

▶︎爪の手入れやコーティング方法とは?

▶︎爪の適切な長さは右手と左手で違う?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■