ギターの指板は一番酷使される部分です。

ローズ指板やエボニー指板は黒っぽい茶色ですので目立ちませんが、実は結構汚れています。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

指板について

メンテナンスを怠った楽器はだんだんと古ぼけてきて、ギターへの愛情が薄れてきてしまいます。

きちんと手入れをして良いコンディションを保ちましょう。

指板も「乾燥対策」が大事です。

メイプル指板の場合は塗装されていることが多いため、それほど気にする必要はありませんが、

ローズウッドやエボニー(黒檀)などオイルフィニッシュのもの、または近年よく見かけるのはメイプル指板でも

ヴィンテージ感を出すため、指先が触れる部分の塗装を剥がしている場合も注意が必要です。

古着感覚のかっこよさがありますが、塗装を薄く仕上げているものが多いため、湿度の管理が必要なものもあります。

特に季節の変化によって湿度も変わりますので指板の乾燥には気を使いましょう。

特にローズウッドの場合、乾燥しやすく、最悪指板表面が割れてくる場合があります。

演奏中、指先が触れる部分ですので新品時に近いしっとり滑らかな状態を保ちましょう。

そこで、楽器メーカー推奨の指板のお手入れ方法を調べてみました。

すると、これが楽器メーカーによってバラバラで統一した方法がありませんでした。

メーカー別に書いてみます。

ギブソン

・硬く絞った柔らかい布で水拭きしたあと、乾拭き(布は古いT シャツや靴下でよい)

・頑固な汚れは目の細かいスチールウールや歯ブラシ、爪楊枝、クレジットカードの端などで優しくこすり落とす。

・木が乾燥している場合は、清掃後に指板コンディショナーや市販のオイル(ミネラル、アーモンド。リンシード)で保湿する。

量は1〜2滴で十分。

*年に1〜2回で十分

マーティン

水拭きはギブソンと同じ

指板コンディショナーにレモンオイルを使わないことをよびかけています。

理由はレモンオイルの酸が塗装を破壊し、フレットと弦を腐食させるためです。

テイラー

指板用オイルを柔らかい布きれや紙(キッチンペーパーでも可)に少量付けて、指板に付けて、10分放置した後に拭き取ります。

指板用にレモンオイルを使用することについては、少量なら大丈夫といっています。

フレットボードにレモンオイルを使うのが危険なことは近年言われてきたことです。

サー・ギターズの、ジョン・サーはレモンオイルを使用することにおいては、指板の水分を奪っている事に気づいてからは使用するのをやめたと語っています。

サー・ギターズでは、現在はビッグベンズ・フレットボード・ジュースを使っています。

なお、オレンジオイルはホームセンター向けの商品でギターに使ってはいけません。

まとめ

各メーカーのメンテナンス方法を参考にしますと、

  • 指板は硬く絞った布で水拭き
  • 指板の頑固な汚れはスチールウール(#000や#0000)や歯ブラシなどで落とす。
  • 指板の仕上げにはビッグベンズ・フレットボード・ジュースを塗る

となります。

水拭きする時の布を動かす方法に向きがあり、木目に沿って動かしてください。

スチールウールや歯ブラシも指板の木目と平行に動かしてフレットボードに傷を付けないようにしてください。

塗布するビッグベンズ・フレットボード・ジュースも少量で十分です。

指板を痛めてしまうと弾き心地も悪くなりますし、割れてきた場合指板の張り直しなど、時間もお金もかかってしまいます。

ギターのコンディションを保つためにはネック周りのお手入れが最重要です。

汚れ落としと、保湿に気を付けていればギターの寿命も延びます。

くれぐれも、ボディ用のギターポリッシュを指板に付けないでください。

アコースティックギターの場合はマスキングテープを使用して、ボディに傷がつかないようにしてください。

ギターの指板の音名の効率の良い覚え方。

ギターの指板は同じ音がいろいろなところにあって覚えにくいです。

これをどうやって覚えるか、 考えてみましょう。

指板について

1フレットから22フレットまで(ギターによっては21フレット)ありますが、12フレット以降はオクターブ違うだけですので、開放弦から12フレットまでを覚えれば大丈夫です。

まず、開放弦ミラレソシミを覚えます。

1弦と6弦は2オクターブ違いです。

コードトーンで全体の音を把握

6弦と5弦はパワーコードで使うと思いますので、2つの弦の1弦から10フレットまでを覚えます。

6弦1フレットF 5弦1フレット B♭
6弦3フレットG 5弦3フレット C
6 弦5フレットA 5弦5フレット D
6弦7フレットB 5弦7フレット E
6弦8フレットC 5弦8フレット F
6弦10フレットD 5弦10フレット G

4弦から1弦まではコードの構成音でなりたっていますので、

6弦1フレットのコードを押さえた時には

4弦3フレットの音は1オクターブ上のF
3弦2フレットの音は3度のA
2弦1フレットの音は5度のC
1弦は6弦と2オクターブ違いですので、C となります。

5弦1フレットをルートにしてB♭コードを押さえた時には

4弦3フレットの音は5度のF
3弦3フレットの音はオクターブ上のB♭
2弦3フレットの音は3度のD
1弦1フレットの音は4弦3フレットの1オクターブ上ですのでF

となります。

これを10フレットまで検証していけばおよそのフレットの音がわかると思います。

スケール練習で覚える

Cメジャースケール練習のパターンで覚えていきます。

5弦3フレットを中指でド、5フレット小指でレ
4弦2フレットを人差し指でミ 3フレットを中指でファ 5フレットでソ
3弦2フレットを人差し指でラ 4フレットでシ 5フレットでド

3弦2フレットを押さえていた人差し指を3弦5フレットまで移動します。

3弦5フレットを人差し指でド 7フレット薬指でレ
2弦5フレットを人差し指でミ 6フレット中指でファ 8フレット小指でソ
1弦5フレットを人差し指でラ 7フレット薬指でシ 8フレット小指でド

これで2オクターブができましたので、何回か繰り返してポジションを覚えます。(3弦の移動は使いやすい指を使ってください)

つぎは、1弦8フレット小指で押さえた状態で、これを10フレットまですべらせます。

そして、Cメジャースケールを垂直に、6弦8フレット中指まで、ドレミファソラシドを降りてきます。

今度は上がっていきますが、途中からポジションが変わります。

6弦8フレットから4弦10フレットまでドレミファソラシドを弾いて、4弦10フレットの小指を滑らせて、12フレットのレを弾きます。

3弦9フレット人差し指ミ 10フレット中指ファ 12フレット小指ソ
2弦10フレット人差し指ラ 12フレット薬指シ 13フレット小指ド
1弦10フレット人差し指レ 12フレット薬指ミ

ここまで来たら下がっていきます。

3弦9フレット人差し指ミまで来たら滑らせます。

3弦7フレット人差し指レ
4弦10フレット小指ド 9フレット薬指シ 7フレット人差し指ラ

人差し指ラが5フレットまで下がってソを弾きます。

5弦8フレット小指ファ 7フレット薬指ミ 5フレット人差し指レ
6弦8フレット薬指ド

これで、おおよそのフレットが把握できたと思います。

■関連記事もご覧下さい!■

指板は材質で音がどの様に変わるのか?

サドルの高さや削り方はこちら!

サドルの調整や交換方法とは?

ギターのサイズは女性は小さい方がいい?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■