ブラッシングのコツについて詳しくみていきます。

右手が特に重要ですよ。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ギターのブラッシングとは?やり方や右手のコツ。

ブラッシングについて

ブラッシングは、フィンガリングした手でミュートした弦をピッキングする奏法で、効果的にはパーカッシブな音を出すことができます。

実音ではなく、このシャカシャカといった音がブラッシングサウンドです。

タブ譜でよく見るxとなっているところは、ブラッシングです。

ダウンストロークした時の音には低音弦がトップとなり、アップストロークをした時には高音弦がトップとなるため、出音に違いが出ます。

この音を取り入れることによりリズミカルなメリハリの効いた演奏になります。

ブラッシングはパーカッション的な要素もあるためドラムとのリズムに合わせることによりファンキー

になり、グルーブ感を引き立たせることができます。

うまく使い分けすると、ドラムのような感じも出せますので練習してみてください。

やり方

左手で押さえた弦を少し浮かせます。

右手でダウンストロークとアップストロークをします。

これだけです。

練習フレーズをちょっとやってみましょう。

フィンガリングする側の手の指を弦の上に軽く乗せます。

ダウンストロークで軽く4回ダウンピッキングをします。

ツッ ツッ ツッ ツッ

というような音になります。

3回目と4回目の裏にアップストロークを入れます。

ツッ ツッ ツクツク

というような音になったら、ほぼ完成です。

テンポの早いフレーズには相性が良く、開放弦を含むコードよりバレーコードのような全部の弦を

押さえる形のコードのほうが簡単にできると思います。

コツ

気持ちのよいブラッシング音を出すには左手でミュートしている弦のミュートと右手のピッキングが決め手になります。

ピックを弦に平行にあてるようにして、手首のスナップを効かせ、振り幅を大きくとるといいでしょう。

ムチのようにしなった手首は、軽い力で大きな音が出せます。気をつけなければならないことは力を

抜くこと。力んではスピードも上がらないし音にキレもありません。力を抜いた状態で弦を押さえずに

触った状態というのがポイントです。

そしてリズム全体にアクセントをつけることを意識して、鳴っている状態とミュートしている状態とを

意識しながらプレイすればリズムのバリエーションを増やしていくことができます。

コツをつかむまでは難しいかもしれませんが、このテクニックはリズムギターでは重要なものとなって

きます。必ずマスターしておいてください。

・左手

フィンガリングの指が指板から少し離れるようにして、フレットの実音が鳴らないようにします。
弦に乗せる程度で、ブラッシングしてみてください。

力を抜きすぎて開放弦が鳴らないように注意してください。

弦の感触を感じながら、ブラッシングしてみましょう。

あと、ミュートしている手をハーモニック・ポイントに乗せてしまいますと、
ハーモニクスが鳴ってたいへんなことになりますので、少しずらしてください。

万が一、ハーモニック・ポイントの真上に指が乗っても、ハーモニックが出るのを防ぐために、余っている指は全部ミュートに使いましょう。

・右手

ダウンストローク、アップストロークは軽くピッキングするようにしましょう。

あまり力を入れすぎると、気持ちのよいパーカッシブな音が出せません。

ピックは浅く当てます。

深く当てるとピックが弦に引っ掛かってしまいます。

ヘビーピックでうまくいかないという場合には、ミディアムピックに変えるとピックがしなってくれますので、上手くブラッシングできます。

右手でブラッシングする弦の低音弦、真ん中、高音弦とわけることで、表現力が豊になります。

8ビートのドラムパターンに合わせて、

1拍目の表 低音弦をブラッシング
1拍目の裏 真ん中あたりを軽くブラッシング
2拍目の表 高音弦をブラッシング
2拍目の裏 真ん中あたりを軽くブラッシング
3拍目の表 低音弦をブラッシング
3拍目の裏 低音弦をブラッシング
4拍目の表 高音弦をブラッシング
4拍目の裏 真ん中あたりを軽くブラッシング

と行うと良い感じになりますので、練習してみてください。

カッティングの関連記事

▶︎ブラッシングとカッティングの違いとは?

▶︎カッティングの右手のコツとは?

▶︎カッティングの名手とは?

▶︎カッティングをアコギでかっこよく弾くコツとは?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■