Hughes & Kettner Tubemanの音作りやセッティング。

Hughes & Kettnerは、アンプや関連機器を製作しているドイツのブランドです。

比較的新しいブランドですが、真空管アンプの良さを追求しつつ、現代的なドライヴ・サウンドを模索しており、日本のミュージシャンにも愛用者が多いです。

今回はTubeman 2というペダル型のプリアンプを紹介します。

現在は廃盤になっているようですが、Hughes & Kettnerの代表的アンプであるTriAmpを設計したスタッフにより製作されたもので、ライブやレコーディングに汎用性がありました。

本格的なTube Ampを、手軽に足元にセッティング可能で、大ヒットした製品です。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

Tubemanについて

3つのチャンネルと3バンド・イコライザー、そしてマスター・ヴォリュームが装備されており、アンプ・ヘッドの感覚で操作を行います。

筐体の中央に3つのフット・スイッチが付いており、これでチャンネルの切り替えを行います。

ジャックはインプット、センド、そしてミックス用とシンプルになっています。

特徴的なのがルックスです。筐体の上部はメタリックで、「Hughes & Kettner」ロゴが印字されたアクリルの内側には、真空管が見えており、真空管稼働時には本家のTriAmpのように青く光ります。

Red Boxを搭載していたので、宅録を中心にしているギタリストにも重宝されました。

真空管プリ・アンプ・サウンドをミキサー等の機器に直結して得ることが出来たためです。ライン録りでリアルなギター・サウンドに迫ることが可能でした。

Tubeman 2の真空管には300ボルトの高電圧がかかっています。

また、アダプターは専用のもので、AC-ACアダプターとなっています(ヨーロッパ製品に多いです)。

音作り

本物の真空管アンプを試したことのないギタリストは、まず初めは、厚みがあってナチュラルに歪むギター・サウンドに惹かれます。

そして内部の真空管を交換することで、音の変化を楽しみたくなると思います。

もっと中音域を豊かに出力させる、ゲインをもう少し自然に上げたいなど、数種類の真空管を買って試してみることが出来ます。

ちなみに、現代はデジタル・モデリング・プリアンプが全盛の時代で、本物の真空管はなかなか楽器屋に置いていません。こだわるなら、オーディオ・マニアが通うような専門店を探してみましょう。

アンプのインプットに直接接続して、ストンプ・エフェクターの感覚で使うことも出来ますが、理論的にはプリアンプを2度通過させることになっているため、レベルやイコライザーの設定が難しいでしょう。

また、ゲインもかます程歪みが増す訳ではなく、飽和してしまうと芯のない薄い音になるので、注意が必要です。

・各チャンネルの特徴

3種類のチャンネルは、それぞれ特徴があって差別化されています。

フット・スイッチで簡単に切り替えることが可能です。

  • Channel1 透明感のあるクリーン・サウンドで、「揺れもの」のエフェクターのノリが良く、アルペジオに最適でしょう。軽く歪ませても綺麗なクランチになります。
  • Channel2 オーバードライブ・サウンドです。伸びが良くて豊かな倍音がしっかり出力され、真空管の真骨頂とも言える音です。歪みを強くしても音が潰れず、奥行きが出せます。
  • Channel3 チャンネル2より高音域が抑制され、音圧があってより激しい歪みに向いた音を作ることができます。エフェクターを追加することで、かなりダーティーに歪ませられるでしょう。

Tubeman2で音作りをする際に問題となるのが、イコライザー部分は全チャンネルで共通である点です。

この問題は、特にライブで使用する場合、詳細なセッティングを行うギタリストは悩むかもしれません。

具体的には、チャンネルを切り替えた時にギターの音質そのものを変更したい、という時に不都合を感じることになります。

そのようなケースでは、別途イコライザーを用意して同時に切り替えられるように組むか、こだわるのであれば、イコライザーをボディ横に増設する改造をするのが良いと思います。

しかし、様々なエフェクターを買うよりTubeman 2が1台あれば、自宅でのレコーディングにも使用出来ます。

また、真空管仕様のプリアンプとしては、非常にコストパフォーマンスに優れた機能を持っていると言えます。

セッティング

それでは、各サウンドのセッティング例を紹介します。

・クリーン・サウンド

クリーン・サウンドを多用する人は、

  • Channel1 9時
  • Channel2 Gain9時、Volume9時
  • Channel3 Gain9時、Voicing12時、Volume9時
  • Bass フル
  • Mid 12時
  • Treble 12時
  • Master Volume フル
・ブルース・リード

ブルース・リードを多用する人は、

  • Channel1 1時
  • Channel2 1時、Volume12時
  • Channel3 Gainフル、Voicing9時、Volume12時
  • Bass フル
  • Mid 1時
  • Treble 1時
  • Master Volume 12時
・ロック

一般的なロック・サウンドの場合には、

  • Channel1 1時
  • Channel2 Gainフル、Volume9時
  • Channel3 Gainフル、Voicing3時、Volume10時
  • Bass フル
  • Mid 1時
  • Treble 1時
  • Master Volume 1時

より激しい歪みを求める場合には、Channel2とChannel3を基本に音を作っていきましょう。

クリーン・サウンドが欲しい場合にChannel1に切り替えて、ギター側でヴォリュームを絞っていくと、太めの音に仕上げられると思います。

現在は廃盤なので、中古市場で見つけるしかないのですが、かなり本格的な真空管搭載のプリアンプですので、じっくりと音を作りたい方にはお勧めした機種です。

ヒュースアンドケトナーの関連記事

ヒュースアンドケトナーのアンプヘッドの特徴は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

音楽好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。


その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!


しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。








※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。
登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。

アイウエオ かきくけこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください