「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、

1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法を期間限定公開中!

何にも縛られないで報酬を得ながら音楽活動をしたり、自由過ぎる人生を送りたい人以外は・・・

絶対に見ないでください!!

記事本編はこちらからです

ブギーアンプは、アメリカのサンフランシスコ近郊でランドール・スミスのアンプのモディファイから始まった会社です。

マーク・シリーズ・アンプが大成功して、世界的なアンプ・メーカーとなります。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

メサブギーについて

1972年ごろから製造される「マーク」シリーズがカルロス・サンタナ、ラリー・カールトンなどに認められ一気に知名度が上がります。

1990年当時はアンプのハイゲイン化の波が訪れており、マーシャルのJCMシリーズ、PEAVEY5150(ヴァンヘイレンモデルで有名)、レイニー、ヒュース&ケトナーなど他のメーカーがゲインコントロールに注力したモデルを発表しています。

そこでメサブギーは1991年にハイゲインアンプである、デュアル・レクチファイアーを発表します。

ダイアモンド・スティール・プレートを採用したルックスと、重低音の攻撃的なサウンドはメタリカなどに採用されます。

ヘヴィなサウンドを求めるギタリストから、高い評価を受けました。

近年では、ヘヴィメタル・ギタリスト以外のジャンルでも使用されています。

名前の由来は、整流管が2本使用されていることによります。

正しくは整流回路を真空管かダイオードに選択可能になっていることによります。

90年代のレクチファイヤーで、人気の高かったのは100w出力のSOLOです。

一般にレクチファイヤーといえば、SOLOのことを言うことが多くなっています。

発売当初は2チャンネルでしたが、2000年に3チャンネルへとグレードアップされました。

レクチファイア・ラインアップ

 

・Mini Rectifier 25

クラスA/B駆動、25ワット出力のコンパクトなレクチです。

プリ管に12AX7を5本、パワー管にEL84を2本使用しています。

整流管はダイオードのみとなっています。

25ワット出力ながら存在感のあるハイゲインサウンドが得られます。

比較的小規模なライブ会場ではこのモデルでも十分ではないでしょうか。

・Recto-Verb 25

Miniのリバーブ搭載版です。外観はメタリックにはなっていません。

プリ管に12AX7を6本、パワー管にEL84を2本使用しています。

・Dual Rectifier Solo Head

クラスA/B駆動の3チャンネル使用で8モードを搭載しており、100wと50wの出力を切り替え可能です。

プリ管に12AX7を5本、パワー管に6L6を4本、整流管が5U4Gを2本となっています。

ヘヴィなサウンドのイメージがありますが、クリーンサウンドからクランチサウンドが艶やかで煌びやかな透明感のあるサウンドに魅了されるジャズ系ギタリストも多くなっています。

現在多くのリハーサルスタジオで導入されているモデルの一つではないでしょうか。

・Triple Rectifier

クラスA/B駆動の150w/50wヘッドです。

3チャンネル、8モードです。

プリ管に12AX7を5本、パワー管に6L6を6本、整流管に5U4Gを3本使用しています。

デュアルレクチファイヤーをさらにパワーアップさせたモデルといえますが、歪ませても音が潰れないきめの細かいダークなサウンドメイクも可能です。

ただ小規模な会場だと持て余すかもしれません。

・Road King 2

レクチファイヤーシリーズ最高級仕様のモデルです。

クラスA/B駆動、出力が120w/100w/50wに切り替え可能で、4チャンネル12モードを搭載しています。

プリ管に12AX7を6本、パワー管が、6L6が4本、EL34を2本使用しており、パワー部のセレクト5パターンが切り替え可能になっています。

整流管は5U4Gが2本となっています。

キャビネットを2台接続して、チャンネルごとにキャビネットのセレクトができ、エフェクトループも2系統装備してます。

これだけ多機能で高性能なアンプですからアンプヘッドで45万円程度、コンボアンプになると50万円程と高額になります。

残念ながら現在は生産が終了しているようですので楽器店などでの在庫限りとなります。

・Roadster

Road Kingの性能を下げたものとなります。

クラスA/B駆動の100w/50w出力で、4チャンネル12モード仕様です。

プリ管に12AX7を6本、パワー管は6L6を4本のみ、整流管が5U4が2本となっています。

整流管の切り替え機能やリバーブも搭載されていますが、パワー部の即座に切り替えられる機能やチャンネルごとにキャビネットのセレクト機能が省かれました。またエフェクトループも1系統となっています。

こちらのモデルも生産が終了しております。

サウンド

サウンドに関しては、アンプシミュレーターにも多く搭載されているようにハイゲインな重低音サウンドです。

ハイゲインな歪みサウンドはドンシャリ気味ですがとても気持ちよく弾けます。

3チャンネル仕様はクリーントーンも定評があり透明感や音圧があります

クランチトーンも歯切れの良さが気持ち良いサウンドです。

フットコントローラーは最初は戸惑いますが、慣れればかなり使えます。

これがあれば、歪み系エフェクターは要らないくらいの多彩で高品質なサウンドが得られます

これだけ多彩な表情を持つアンプですので価格の方も少々高めですがその分サウンドメイクの品質は納得できる方も多いのではないでしょうか。

メサブギーアンプヘッドの使い方や評価。

メサブギーのアンプは1969年当時、アンプの修理や改造をしていたランドール・スミスのいたずらから始まっています。

フェンダーの練習用アンプであるプリンストンアンプに大型のトランスと6L6パワー管を2本組み込み、スピーカーにJBLの12インチを搭載したのです。

この音を気に入ったサンタナの一言がブギーの名前の由来となりました。

サンタナの影響で、ブギーアンプは大変な注目を集め、多くのオーダーがランドール・スミスの元に殺到します。

しかし、このアンプはフェンダーのプリンストンアンプの改造品であったため、オーダーに供給が間に合わなくなります。

このため、ランドール・スミスは、オリジナルアンプの開発・製造を行うメサエンジニアリングという会社を立ち上げます。

ブギーアンプの特徴は、ボリューム1とボリューム2、さらにマスターボリュームと3つのボリュームの構成により幅広いゲインコントロールが可能になっていることです。

ゲインアップのためのボリュームは当時には存在していませんでしたので画期的なことでした。

さらにリズムチャンネルとリードチャンネルの切り替え機能やエフェクトループ機能、独立3チャンネルの機能や5バンドのグラフィックイコライザーをつけたのも、ブギーが最初です。

後発のメーカーでありましたが、先鋭的なメーカーです。

ブギーのアンプのサウンドは、中域に特徴があります。

皮肉を込めて、「ミッドレンジ・ラバーズ」と言われるくらいに中域に特徴があります。

アンプヘッド

・中型アンプヘッド

MARK FIVE 25 (10w/25w)

キャビネットシミュレーター搭載です。

2チャンネル、6モード、グラフィックイコライザー、オールチューブ・スプリング・リバーブ、ヘッドフォン端子も搭載しています。

12AX7を6本、EL84を2本使用しています。

 

MARK FIVE 35 (10w/25w/35w)

25wバージョンのパワー管を2本増やしたものです。

 

EXPRESS 5:25+ (5w/25w)

2チャンネル、4モード、5バンドグラフィックイコライザー搭載です。
12AX7を5本、EL84を2本使用しています。

 

Rectro-Verb TWENTY FIVE (10w/25w)

2チャンネル、4モードです。
プリ管に12AX7を6本、パワー管にEL84を2本使用しています。

 

Mini Rectifier TWENTY-FIVE (10w/25w)

Rectifierの25wモデルです。
2チャンネル2スタイル、プリ管に12AX7を5本、パワー管にEL84を2本使用しています。

 

Lone Star Special (5w/15w/30w)

通常のLone Starはパワー管に6L6を使用したモデルですが、これはEL84を使用しています。

クリーンとオーバードライブの独立2チャンネル仕様です。
12AX7を5本、パワー管にEL84を4本、整流管は5Y3です。

・大型チューブアンプ

Triple Crown TC-50 (50w)

独立3チャンネル、6モード仕様です。
プリ管に12AX7を6本、12AT7を1本、パワー管がEL34を2本使用しています。

パワー管セレクトスイッチにより、6L6,6V6の使用も可能です。

 

Mark V (10w,45w,90w)

クリーン、クランチ、リードの3チャンネルで出力は10w、45w、90wに切り替え可能です。

プリ管に12AX7を7本、パワー管に6L6を4本、整流管は5U4Gです。

 

JP-2c (60w/100w)

ジョン・ペトルーシのシグネイチャー・アンプです。
プリ管に12AX7を5本、パワー管に6L6を4本使用しています。

 

EXPRESS 5:50+ (5w/25w/50w)

2チャンネル、4モードです。
プリ管に12AX7を5本、パワー管に6L6を2本使用しています。

 

Road King (50w/100w/120w)

パワー管にEL34と6L6を搭載し選択可能になっています。
2チャンネル12モードで、プリ管に12AX7を5本、パワー管にEL34を2本、6L6を4本使用しています、整流管は5U4を2本使用しています。

 

Roadster (50w/100w)

バイアスセレクトスイッチで、パワー管の選択が可能になっています。
12AX7を6本、6L6を4本使用しています。

 

Lone Star (10w/50w/100w)

プリ管に12AX7を5本、パワー管に6L6を4本使用しています。

メサブギーの関連記事

メサブギーのエフェクター全般の評価はこちら!

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■

 

音楽好きのあなたへ! 元ガチなバンドマンの私「スネイク」からメッセージがあります!

「スネイクとアウトローリベンジ!」しませんか?(アウトローリベンジ=熱く夢を追い続けたい人が「経済的自由」を得て、人生の大逆転をブチかます!)

「アウトロー(熱く夢を追い続けたい人)」募集中!

あなたの月収を10万円以上増やして、もっと自由に音楽や人生を楽しもう!

元「ガチ」なバンドマンの私が、1日たった2時間「音楽ブログに好きな音楽の事を書いただけ」で月収100万円前後稼げるように。

その方法をメルマガ登録者に期間限定公開中!

「月収10万円増やす為のプレゼント」をただ黙って見過ごすかどうかはあなた次第です。

私の無料メルマガを読めば、こんな未来を手に入れる事が出来ます。

  • たった3ヶ月で、家にいながら月収10万円以上増やせる様になる!
  • 努力し続ければ、毎月安定的に50万円以上もの大金をネットで稼ぎ、脱サラして自由なライフスタイルを得る事も出来る!

そのお手伝いに、私が3ヶ月毎日8時間かけて制作した教材

「アフィリエイトリベンジ」をメルマガ登録者に無料でプレゼントしています!!

しかしサポートの質を保つ為に、申し訳ありませんが人数は限定しています。

現状や将来に疑問や不安を感じている人や、本気のアウトロー(夢を熱く追い続けたい人)以外は・・・

絶対にメルマガに登録しないでください!!

人数限定!メルマガと無料教材のプレゼントを今すぐに受け取ってください!

※登録後の解除はワンクリックで簡単に出来ます。







※登録ボタンを押した瞬間に、私からのメールが届きます。

たまに迷惑メールフォルダに振り分けられてしまうケースがあるようです。

登録後にメールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダをチェックしてください。