ブラックスターは、イギリス・ノーサンプトンに拠点を置くギターアンプ・エフェクターを製造するブランドです。HT-5などのアンプがヒットによりアンプメーカーのイメージが強くなりました。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

ブラックスターについて

開発陣が、真空管アンプの特性を知り尽くしているというのが強みであり、2つの特許と1つの特許出願中のものがあるのが特徴となっています。

特許出願中のものはTVPというものです。

これはパワー管のシミュレートをするもので、EL84,6V6,EL34,KT66,6L6,KT88の6つのパワー管のレスポンスを再現できるものです。

いま流行りのモデリング技術と同じで、パワー管をシミュレートしています。

これはID SERIES プログラミングアンプに使用されています。

ID SERIESは真空管アンプの評価が高いブラックスターだからこそ可能な、リアルな真空管シミュレートが出来るアンプです。

プリ部もボイスコントロールとなっており、クリーン、ウォーム、クリーンブライト、クランチ、スーパークランチ、オーバードライブ1、オーバードライブ2の6つとなっています。

エフェクトもスタジオクオリティの品質をもたせたモジュレーション、ディレイ・リバーブから構成されています。

ブラックスター・インサイダーというコンピューター用のソフトを使えば、アンプに搭載されたUSB端子経由で、パッチが保存できるようになっています。

また、ガレージバンドなどDAWソフトウェアに繋いでギターを録音可能になっています。

使い方

・ISF(特許)

ブラックスターのギターアンプには、ISFコントロールでアメリカンサウンドかブリティッシュサウンドか選べるようになっていますが、これが結構使う人を悩ませるようです。

メーカーの意図としては、従来のヴォイシングからその先の未知の領域のトーンまでを生み出しますとのことでしたが、なかなか難しいようです。

右に回してブリティッシュサウンドになると書いてありますが、箱鳴りサウンドというよりはこもっていくだけという感じです。

結局、センターから付近から大きく動かすことはないようです。

 

・DPR(特許)

ブラックスターの大型アンプのための特許として、DPRというものがあります。

ダイナミック・パワー・リダクションのコントロールの略です。

これは、アンプの出力をフルパワーから10%ダウンまで落とすことが可能となっています。

大きな音で鳴っている時の音圧感、パワー感をそのままキープした状態で落としてくれます。

DPRは、SERIES ONEアンプに使用されています。

SERIES ONEシリーズは、EL34使用した50wと100wモデル、KT88を使用した200wモデル、6L6を使用した100wモデルがあるのですが、いずれもパワー管がフルの時のサウンドそのままに10%まで落とすことが可能となっています。

これなら、バンドの他のメンバーに苦情を言われたときに、音圧感やパワー感がそのままですので、気軽に音量を下げる事が可能になっています。

代表的なアンプ

ID:100TVP HEAD


最初に記事に挙げたID SERIESのアンプ、ID:100TVP HEADです。

100Wで6チャンネル、ユーザパッチが128通り保存可能で12種類のエフェクト、USB端子装備、MIDI IN装備、チューナー内蔵でフットコントラー付という至れり&尽くせりな内容でありながら、価格は7万円(2019年3月現在)を切るというもので、出音に関してはかなり評判が良いです。

しかし、いくつか不親切な点もあるようで、例えば出荷状態ではDEMOモードがONになってて音がセーブされないとか、PC用のソフトウェア(付属しています)が無いと操作できないところがあるとかで、もし購入された場合は「ID:100TVP HEAD 操作方法」「ID:100TVP HEAD レビュー」等でよく調べてから使用して下さい。

Blackstar FLY3


ID:100TVP HEADとは正反対、3Wのミニアンプです。

大きさは幅17cm、縦12.6cm、奥行き10.2cmという奥行以外はタブレットより小さいです。

クリーン/オーバードライブの切り替えにディレイまでついているのは中々面白いです。

Bluetooth機能を搭載し、携帯電話またはMP3プレイヤーを接続することもできます。またバッテリー駆動にも対応していますのでアウトドアでのプレイも可能です。

歪みは小さいながらもチューブアンプっぽくさすがブラックスターと感じます。

ブラックスターのアンプヘッドの評価・評判

ブラックスターは、2004年にイギリスでスタートした会社です。

当初の社員は5名でしたが、それぞれが某有名真空管のアンプメーカーの出身で、「真空管のエキスパート集団」でした。

ブラックスターは、特許を取得している技術があります。

ISFというのですが、これはイコライザーコントロールに関連して働き、様々なサウンドキャラクターを設定することが可能となっています。

例えば、コントロールを左に回していくとタイトな低域、アグレッシブな中域の所謂アメリカンサウンド、右に回すと箱鳴りの強いブリティッシュサウンドと好みの設定が可能になっています。

アンプヘッド

HT−1R

プリ管に12AX7を1本、パワー管に12AU7を1本使用した出力1Wの2チャンネル、オールチューブアンプヘッドです。

小さいながらも本格的なチューブサウンドが得られます。クランチからオーバードライブサウンドまで幅広い音楽ジャンルに対応します。

スピーカーエミュレイト機能とヘッドフォン端子、MP3/ライン端子を装備しています。(アンプ自体はモノラルですが、ステレオ出力されます)

ISF機能も装備しており、デジタルリバーブも付いていますので広がりのあるリバーブ効果も得られます。

 

HT-5

5W出力の2チャンネルアンプヘッドです。

究極のスタジオ用、練習用アンプと言えます。最低の音量でも従来の100Wクラスのアンプ特性を表現することができます。
プリ管に12AX7を1本、パワー管に12BH7を1本使用しています。

12BH7を使用することで、小さな音量でも歪ませやすくなっています。

ISF機能、スピーカーエミュレイト機能、MP3/ラインインプットもついています。

このモデルからエフェクトループ(+4dB/-10dB)が搭載されます。

 

Artisan 15

ポイント・トゥ・ポイント、ハンドワイヤード、クラスA、15ワットアンプヘッドです。

チャンネルブレンド機能により2つのインプットを連結して接続することにより音色のバリエーションが広がります。

プリ管に12AX7を使用したチャンネル1とハイゲインでノイズの少ない5極管EF86を採用したチャンネル2を持つ2チャンネル仕様です。

HIインプットはダイナミックで済んだトーン、LOインプットではメローで暖かみのあるサウンドを得られます。

パワー管にはEL84を2本使用しています。

シングルエンドの5Wとプッシュプルの15Wに切り替えが可能になっています。

 

HT STUDIO 20

20W出力の2チャンネルアンプヘッドです。
プリ管に12AX7を2本、パワー管にEL34を2本使用しています。

Venue真空管アンプにより高品質なクリーンサウンドからシャープなクランチ、極限の歪みまで思い通りのサウンドメイキングが可能です。

ISF、デジタルリバーブ、スピーカーエミュレイトアウトプット、エフェクトループ搭載です。

 

SERIES ONE シリーズ

SIRIES ONEシリーズはバルブトーンに柔軟性をもたせ真空管アンプに新しい基準を作り上げました。

最新のプロ仕様真空管アンプで過酷なツアーにも対応できるよう設計されています。MIDIプログラム変更メッセージ経由のチャンネル選択コントロール機能、最先端のスピーカー・エミュレイテッド・アウト、エフェクトループなどを搭載しています。

パワー管にEL34,KT88,6L6が採用された各モデルがあります。

評判

某M社のエンジニアが立ち上げた会社と期待して音を聞くと期待しますが、
実際の音を聞くとM社のような音はしません。

最初に搭載されている真空管がよくないためという噂があり、真空管を交換したら良い音が出るようになったという報告があります。

関連記事

メサブギーのレクチファイアの使い方や評価はこちら!

メサブギーのエフェクター全般の評価はこちら!

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■