エリクサーといえば、定番のコーティング弦です。

GORE-TEXで有名なW. L. Gore & Associates, Inc. が開発したポリマー素材、ePTFE(延伸多孔質ポリテトラフルオロエチレン)を基材としたものをコーティングしています。この素材は化学的安定性に優れ、生体適合性、強靱性、耐熱性、低摩擦係数、耐候性などにも優れた特性を持っています。

1995年にアメリカで創業した弦メーカーで、エレキギター、ベース以外にもマンドリン、バンジョーなど様々な弦楽器の弦を販売しています。

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

エリクサーについて

エリクサー独自の弦全体をコーティングする弦は、巻き弦の表面だけではなく、巻線の隙間にもゴミが付着しにくくなっています。弦全体を薄い皮膜でコーティングすることにより、サウンドの原因となる油や水分などの付着するのを防いでいるためです。弦はコーティング素材に保護されているため、当然巻線の摩耗や変形も起こりにくく、金属の酸化も防いでいます。

そのおかげで、弦の汚れで弦の音色の劣化が少なくなるようになっています。

バラでの販売もしているため、通常のライトゲージにパックされた1~3弦をミディアムゲージにして使用したり、またその逆パターンも試してみる価値はあります。割高にはなりますが、普通の弦と比べると寿命が長く、毎日弾いても3ヶ月ぐらいは劣化を感じませんので、コストパフォーマンス的には悪くないと思います。面倒な弦交換の手間が少なくなるのは何よりのメリットがあると言えます。サビにくく、汗や脂に強いことから多くのプロギタリストからも支持されています。

このコーティング弦は世界中のギタリストから高評価を得て、エリクサー弦を使用しているプロギタリストは大勢います。

また、楽器メーカーの出荷時の弦として、アイバニーズ、トムアンダーソン、カーヴィン、ESPなどといったメーカーに採用されています。

エリクサーの弦の寿命は、通常の弦の3倍から5倍の弦の寿命の長さがあります。

エリクサー弦は、通常の弦に比べると値段が高めになっていますが、寿命が長くなっておりますので、自宅練習などの通常使用でしたらランニングコストが結果的に安くあがるかもしれません。

ギターが何本もあるような場合には、あまり弾かないギターにはエリクサー弦を張っておくことで、新品時の弦の状態で長く置いておくことが出来ます。

また、巻き弦はコーティングされていますが、プレーン弦は「Anti-Rust プレーン弦」を採用しています。

Anti-Rustは「サビ防止」という意味で、独自の耐腐食加工を施したプレーン弦になっていることで、コーティングされた巻き弦と同等の寿命を得ることに成功しています。

プレーン弦はコーティングされていませんので、音質や弾き心地は通常のプレーン弦と殆ど変わりません。

バラ弦

ギターの弦が切れるのは、ブリッジのところに何トンともいう大きい負担がかかっていますので、ブリッジで切れることが多いです。

または、ナットの溝に何らかの問題があるとそこで切れます。

フロイドローズなどのロック弦の場合には、弦を切って弦を押しつぶしてロックしているので、その部分が弱くなっています。

エリクサー弦の場合には、長時間張りっぱなしになっていることにより、これらのいずれかの場所で切れます。

弦が切れたら、6本全部交換しないといけませんが、エリクサーの場合には弦の値段が高いので、バラ弦を買うことになります。

エリクサーもちゃんとバラ弦が売り出されています。

Plain Steel Single String

0.009
0.010
0.011
0.012
0.013
0.014
0.015
0.016
0.017
0.018
0.022

Plain Steel String Anti Rust
0.009
0.010
0.011
0.012
0.013
0.026
0.028
0.032
0.042
0.046
0.049
0.068

Nanoweb Coating String

0.024
0.026
0.028
0.032
0.036
0.038
0.042
0.046
0.049
0.052
0.056

Polyweb Coating String

0.024
0.026
0.032
0.036
0.042
0.046

などが揃っているようです。

エリクサーは、1弦が切れやすいという噂があるので予備に買っておくと良いかもしれません。

また、7弦や8弦ギターの場合は低音弦に太いサイズのものを張ると良いでしょう。

バラ売りの場合には当然ですが、セットものよりお値段は上がりますのでご注意ください。

エリクサーの弦の種類(optiweb・nanoweb・polyweb)について

3種類のタイプがラインナップされています。巻き弦はコーティングされいます。プレーン弦には「Anti-Rust」が採用されており、いわゆるサビ止め加工が施されています。コーティングされた巻弦と同じぐらいの寿命があり、音質や触った感触は通常のプレーン弦と変わりありません。


ゴアテックスというアウトドアウェア用素材があるのですが、エリクサー弦はこのゴアテックスと同じく、GORE社によって開発された弦です。弦の開発を目指していたのではなく、細い金属線の摩擦を減らすという研究からの素材に弦を使ったのが始まりでした。

特殊なポリマーコーティングで弦を汗や空気中の水分から守り、錆びにくくすることで長寿命を実現しています。

巻き弦は、隙間に汚れが入りやすくなっていますので、コーティングすることにより寿命が長くなります。

歴史

最初のモデルはPOLYWEBで1997年のNAMM SHOWに発表されました。弦を約1ミクロン(1/1000ミリ)の厚みでコーティングした画期的なストリングスとして発売されると瞬く間に高現在は各社からさまざまなコーティング弦が発売されていますが、コーティングの方法や素材、厚さ、サウンド、手障りなどもさまざまで、エリクサーと同じ素材、方法のコーティングメーカーは存在していません。フッ素樹脂の専門メーカーとして開発してきた技術が生かされています。

コーティング弦は、寿命に関しては評判がよかったのですが、音のブライト感が失われ、ウォームになる点が指摘されました。

このときの評価が、コーティング弦のデメリット(音抜け、音の立ち上がりが鈍くなる)として捉えられます。

音がこもると言われるようになったのは、POLYWEBのイメージが大きいのです。

そこでGORE社は、改良版として新開発技術によりコーティングを約30%薄くし( ナノメートルの領域まで達しました)、弦の凹凸にピッタリと沿わせたNANOWEBを発売します。

耐久性とフィンガリングノイズへの耐性は、少しだけ損なわれましたが、POLYWEBより薄くなり弦の凹凸に沿うことになりましたので、非コーティング弦に近い自然なタッチのサウンドを実現しました。

なお、エリクサー弦においてコーティングの施されているのは、ワウンド弦のみでプレーン弦は非コーティング弦でした。

なので、ワウンド弦とプレーン弦との耐久性の差が開き、プレーン弦は先に張り替えといけないという事態が発生していました。

これを防ぐため、エリクサー弦ではプレーン弦は「Anti-Rust」と呼ばれる腐食防止の加工が行われており、錆びにくくなっています。

コーティングはされていないので、非コーティング弦と大きな違いはなく、感触もこれといったデメリットもありません。

そして、2017年3月にさらに進化させた、OPTIWEBを発売します。

コーティングの薄さが「1ミクロン未満」という薄さになりました。

1ミクロンは1マイクロメートルで、1000分の1ミリですので、驚異的な薄さになっています。

もちろん、プレーン弦はAnti Rust弦になっています。

音色の特徴など

この3製品について音や弦を左手で触れた時の感触をまとめてみました。

POLYWEB 音質 ウォーム
感触 とてもスムース

NANOWEB 音質 ブライト
感触 スムース

OPTIWEB  音質 クリスピー
感触 ナチュラル

OPTIWEBについて、エリクサー公式サイトでは次のように書いてあります。

「伝統的なエレキギター弦が持つ、クリスピーな音色と自然な感触を提供しながら、エリクサー弦に求められる長寿命も実現する、革新的なコーティングテクノロジー」

クリスピーな音色というのは、「バリバリとした」という意味ですので、ギター弦において非コーティング弦のサウンドを実現しているそうです。

NANOWEBでもなかなか評判はよかったのですが、興味のあるところです。

フィンガリング、ピッキングともに、他のコーティングされていないものと比べても違和感はありません。わずかに固さを感じますが、特には気にする必要のないレベルです。さらっとした感触でスライドプレイも無理なくこなせます。ポジション移動も楽です、音質の劣化が少ないことはツアー、スタジオワークには重要です。

日本には梅雨という湿気の強い時期があるので、その時期はエリクサー弦に交換してみるといいかもしれません。

関連記事

エリクサーの弦の寿命や交換時期は?

 

音楽好きのあなたへ!

何故私はこのブログを立ち上げようと思ったのか? 音楽好きなあなたに何か出来る事はないか? 考えた末に至った「7,087文字の熱い想い」はこちら!

 

■ギターの関連記事は下のボタンをタップしてご覧下さい!■